FC2ブログ

鎌倉/浄智寺 『ニコニコ布袋尊』

鎌倉ツアー2ヶ寺目は浄智寺です。
東慶寺から歩いて3分くらいで到着。

古い歴史のありそうな階段の先には中国風の鐘楼門が見えます。

s-IMG_2763.jpg

浄智寺は八代執権の北条時宗が弟の死を惜しんで弔うために建てたお寺です。

室町時代には七堂伽藍でいくつも塔頭を持つ大寺院だったそうですが、関東大震災で殆どの建物が倒壊してしまったそうです…今では大寺院の面影はなく、新しく建てられた本堂(曇華殿 どんげでん)には室町時代中期の三世仏がいらっしゃいます。

三世仏…鎌倉では浄光明寺にもいらっしゃいますね。

s-IMG_2766.jpg

阿弥陀如来が過去
釈迦如来が現在
弥勒如来が未来…をそれぞれ表した三世仏。

身体がやや赤茶色をしており、東慶寺のご本尊である釈迦如来さまと同じ雰囲気。衣の裙を台座まで垂らした表現は、鎌倉地方でよく見るスタイルです。

その他には、達磨大師像などの禅宗の僧の肖像が祀られていました。

浄智寺には他に韋駄天や運慶の影響を受けたとされる地蔵菩薩坐像などが寺宝としてありますが、その二体は鎌倉国宝館に展示されています。

そして、曇華殿の裏側には鎌倉三十三観音第31番札所本尊の聖観音さまもおり、鉄格子越しですが拝観できました。

s-IMG_2777.jpg

境内を一周グルっとまわると、裏庭のやぐらに鎌倉七福神の布袋さんがいらっしゃいました。
この布袋さんのお腹を撫でるとご利益があるとの事。多くの参拝者に撫でられたお腹は少し黒ずんでいました。それにしても何とも言えない笑い顔(笑)観ているわたしも何だかニヤニヤしちゃいます。。。


s-IMG_2784.jpg

写真を撮って欲しいと2人のおじいちゃんに頼まれました!
わたしは普段、めったに写真を頼まれないので嬉しくて率先して撮影。布袋さんと2人のおじいちゃん…とっても良い笑顔のトリオでしたよ(笑)

次はバスで北鎌倉から鎌倉エリアへ!



※こちらは、2011年2月に更新された記事です(^人^)


《浄智寺アクセス》
住所:神奈川県鎌倉市山ノ内1402
TEL:0467-22-3943
北鎌倉駅より徒歩6分
鎌倉駅から江ノ電バス[2番]大船駅(ルミネ下)行き 名月院 下車徒歩3分
拝観料:200円









にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ

にほんブログ村

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

Tag:鎌倉  Trackback:0 comment:1 

鎌倉/東慶寺 『ウルルン・水月観音さま』

1月25日
仏友さんと鎌倉ツアーをしてきました!

まずは北鎌倉にある東慶寺から。

s-IMG_2754.jpg

女性が離婚の申し立てをする事ができなかった時代に「駆込寺」として栄えた東慶寺。「縁切り」の寺法が確率されてから600年も続いたそうです。

その駆込寺も現在では結婚式をあげる事ができると言います。

もちろん、あの水月観音さまにお会いしましたよ!お会いするのは半年振り。中には今回が初めてのご対面になる友人もいて、ワクワク度が増す…

まだ時間が少し早かったので、宝物館から観る事にしました。

s-IMG_2359.jpg

入り口の直ぐ近くにいらっしゃる聖観音像。134cmで寄木作り、鎌倉時代末期から南北朝時代に作られた土紋装飾が施されており、はっきりとは見えませんが衣の下のあたりに残っているのがわかります。土紋装飾と言えば、浄光明寺の阿弥陀三尊像もそうですね。粘土や漆などを混ぜて型を抜き、模様を立体的にした装飾方法で、現在は七体しか存在しないそうです。

その他に半跏の聖観音や、地蔵菩薩、白鳳仏までいらっしゃいます。仏像の他に、縁切り寺法に基づいた離縁状などの資料も展示されています。

そしていよいよ水月観音さま!

優しい雰囲気の女性が案内してくださいました。

水月観音さまの事で頭がいっぱいになり素通りしがちですが、ご本尊の釈迦如来さまも堂内で拝観する事ができます。今回はしっかりお詣り!

水月観音さまは一番奥のお部屋にいらっしゃいます。

わぁ…お美しい…

s-IMG_2358.jpg

やはり何度お会いしてもこの言葉しか出て来ません(笑)

水辺で水面に映る月を眺めるお姿をしている事から“水月観音”と呼ばれています。

身にまとう衣が普通の観音さまよりもゴージャスで、まるでドレープが効いたドレスを着ている様です。
とってもエレガント!

向かって左下にしゃがんで水月観音さまを見上げると、ちょうど目が合うポイントがあり…目が合うとドキッとしてしまうほど。

お寺の方が電気を消してくださいました。すると…外から差し込む光とロウソクの光だけになります。そのお姿は、美しさが何層にも増して、玉眼のキラキラが引き立ち瞳が潤んで見えました。ウルルン…

この電気を消して…の拝観は今回が初めてだったので感動して思わず「おぉー!」と(笑)

この水月観音さまがいらっしゃるお部屋は、東慶寺で結婚式をする花嫁さんの控え室となるそうです。

昔は駆込寺だった東慶寺。
水月観音さまは離縁したくて駆け込んで来た女性から、今では幸せな花嫁の姿を見るようになって、さぞ安心していることでしょうね。



※こちらは、2011年2月に更新された記事です(^人^)


《東慶寺アクセス》
住所:〒247-0062鎌倉市山ノ内1367
TEL:0467-22-1663
北鎌倉駅より徒歩4分
鎌倉駅から江ノ電バス2番大船駅(ルミネ下)行き 北鎌倉 下車徒歩3分

拝観料:(入山)100円
松ヶ岡宝蔵(宝物館:月、木曜日休館)300円
※水月観音特別拝観(事前に要予約)300円
1日2回 9:30 ~、14:30 ~(12/31~1/3は拝観不可)
詳細は東慶寺HPをご確認ください。






にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ

にほんブログ村
テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

Tag:鎌倉  Trackback:0 comment:6 

鎌倉/成就院虚空蔵堂 『虚空蔵菩薩さまご開帳』

極楽寺切通しの坂ノ下側にある成就院虚空蔵堂を参拝しました。
現在は成就院が管理している虚空蔵堂ですが、昔は独立した寺院だったそうです。

成就院虚空蔵堂の正式名称は明鏡山星井寺(みょうきょうざんせんせいじ)と言い、奈良時代に行基が星の井(井戸• 鎌倉十井の一つ)から出て来た光る石を見てそれを虚空蔵菩薩の化身と思い、虚空蔵菩薩を自刻し、星井寺を創建したと伝えられています。

s-IMG_2679.jpg

1月13日
この日は虚空蔵菩薩さまのご開帳日。
11時と14時に護摩焚き供養があり、14時から見学させて頂きました。

鎌倉時代には源頼朝からの深い信仰を受け、35年に1度だけご開帳される秘仏でしたが、現在は年に3回ご開帳されています。

「南無虚空蔵菩薩」と書かれた白旗が立ち並ぶ階段を登ると小さなお堂があり、すでにお堂の中だけでなく外までも多くの人で溢れかえっていました!

s-IMG_2672.jpg

その参拝者のほとんどが檀家の方や地元の人と言った雰囲気。

虚空蔵菩薩さまは無限の知恵と慈悲を持つ菩薩さま。わたしたちに知恵と知識、記憶力の向上をもたらしてくれます。近頃の悩みがちょうど記憶力の低下(笑)だったので、お堂の中でメラメラと燃える炎と立ち込める煙を感じながらここぞとばかりに手を合わせてしまいました。

40分くらいで護摩供養が終わり本堂の中へ。
護摩壇を囲む様にしてできた列はご本尊の目の前まで繋がっています…!

本堂に入ってすぐ目に付いたのはご本尊の左前にいらっしゃるお前立像。
これは源頼朝が奉納したもので伝運慶作と言われている虚空蔵菩薩さまです。

そしてご本尊は…

s-IMG_2676.jpg

お前立像に比べると作年代の影響か衣文の彫りが浅く、お顔の表情がとても穏やか。装飾はシンプルですが、金箔がとても綺麗で、その美しいお姿にうっとり。。。

虚空蔵菩薩さまのあの穏やかなお顔は、今も昔も鎌倉の人々に大切に崇められているからなのか…
穏やかな仏さまにお会いすると、わたしの心も穏やかになります。

さて、わたしの記憶力はアップできたでしょうか…?



※こちらは、2011年1月にご開帳された記事です(^人^)


《成就院虚空蔵堂アクセス》
住所:〒248-0021 神奈川県鎌倉市坂ノ下18−28
TEL:0467(22)3401
江ノ電 極楽寺駅徒歩3分

拝観料:志納

1月、5月、9月の13日にご開帳 (護摩焚き供養:11時~、14時~)





にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ

にほんブログ村


テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

Tag:鎌倉  Trackback:0 comment:0 

鎌倉/別願寺 『穏やかな魚藍観音さま』

鎌倉三十三観音第十三番札所の別願寺へ行ってきました。

s-IMG_2659.jpg

お寺と言うよりは民家の様な佇まいをしていす。
現在ではひっそりとしたお寺ですが、昔は鎌倉の時宗の中心的な寺院として栄え、室町時代では足利氏の信仰を受け栄えたそうで、さらにその後は、徳川家康が寺領を寄進するなどしましたが、江戸時代に衰退していったと言います。

当時の栄えていた様子を想像……できないな…


s-IMG_2658.jpg


今回なぜ別願寺を訪問したのかと言うと、別願寺は鎌倉三十三観音の中で唯一、札所本尊が魚藍観音さまなのです!その観音さまに一目お会いしたくて特別に拝ませて頂く約束をしていました。

朝10時。
別願寺を訪ねるとご住職の奥さまらしき人が案内してくださいました。
目を凝らしてじーっと観音さまのお姿を見つめていると…奥さまの配慮で内陣まで入れて頂いて目の前で拝観する事に!!

別願寺のご本尊は阿弥陀如来さまで脇侍に観音菩薩さまと勢至菩薩さまを従えた阿弥陀三尊像。その右側にお厨子に収められた魚藍観音さまがおられます。

魚藍観音さまは、観音の三十三化身である三十三観音のひとりで、中国で生まれた観音さまです。
唐の時代、法華経信者に嫁いだ魚商の美女が実は観音の化身だった…と言う伝説から生まれた観音さまであるため女性の姿をしている像が多く、魚藍(魚を入れるカゴ)を持っている像や、大きな魚に乗っている像などがあります。

別願寺の魚藍観音さまもなかなかの美女。。。


s-IMG_2655.jpg

大きさはどれくらいしょう?
おそらく50cmくらい。右手を上げ左手に魚藍を持っています。
魚藍の中には魚が入っていました。

お姿を見てちょっと思ったのですが、マダムが買い物カゴを持ってお魚を選んでいる様にも見えるな…と。

マダムの様なセクシーさの上に、穏やかな優しさが滲み出たような雰囲気を持つ魚藍観音さまでした。


※こちらは、2011年1月に更新された記事です(^人^)


《別願寺アクセス》
住所:神奈川県鎌倉市大町1丁目11-4
TEL:0467-22-8501
鎌倉駅徒歩15分

拝観料:志納





にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ

にほんブログ村
テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

Tag:鎌倉  Trackback:0 comment:0 

鎌倉/杉本寺 報國寺 釈迦堂切り通 『鎌倉の旅 終。』

そして旅もいよいよ終盤にさしかかって来ました。
瑞泉寺のお庭も見たかったのですが、時間と体力を考えて杉本寺へ直行します。

到着すると…苔の美しい階段の前にはカメラ小僧が群がっていました。
なんだか今日は混んでる?

わたしが杉本寺を訪れる時はいつも人がおらず、貸し切り状態だったのですが、それは今まで幸運だったのでしょうか…。

藁葺き屋根の古めかしい本堂はいつ見ても和みます。本堂内部の良い意味でのごちゃごちゃした感じも好きです。杉本寺は鎌倉幕府が開かれる500年も前に創建されたとても古いお寺なんです。しかも、その古さは鎌倉最古!


IMG_4935.jpg

本堂へ入り一番最初に視線が行くのは、ご本尊の十一面観音さまのお前立ち像です。
そしてご本尊さまは、その奥にいらっしゃいます。
左にいらっしゃるのは行基作と伝わる天平時代の十一面観音さま。
中央と右側にいらっしゃる十一面観音さまは国指定の重要文化財で、慈覚大師作、恵心僧都作とされており、作者と昨年代の違うご本尊が三体並んでいます。

PAP_0285_convert_20100628205912.jpg

今日はご開帳日ではないため奥へは行けず、手前までで我慢です…。
柔らかいオレンジ色の光に照らされて、かすかに見えるお顔…。

杉本寺の演出はいつもズルイ。
観音さまがやたらとセクシーに見えるんですよ!

その他には運慶作と伝わる地蔵菩薩さまや十一面観音さま。
毘沙門天さまや弁財天さまなど、小さい本堂の中に大勢の仏さまがいらっしゃいます。

そうこうしているうちに、団体の参拝客が来て、お堂はさらに賑やかになっていました。
さて、わたし達はそろそろ退散です。

そして、次は報國寺へ…!

IMG_4958.jpg

なんとか受付時間ギリギリで到着。
みんなきっと竹のグリ-ンな空間を気に入ってくれるはず。
受付で、お茶が飲める時間はもう終わったと言われてしまいましたが、ダメもとでお茶屋さんに直接お願いして抹茶をいただきました。感謝です!

温かい抹茶を飲み干すと、今までの疲れが一気にとれたような気がしました。


PAP_0284.jpg

これでお寺巡りは終了。

あとひとつ…どうしてもみんなを連れて行きたい所がありました。

それは釈迦堂切り通

報國寺から切り通しまでは歩いて15分の所にあります。

おぉ!やはり迫力あるー!


IMG_4981.jpg

向こう側には最近落下したという大きな岩が道をふさいでいました。
もうすぐこの美しい切り通しも崩れてしまうのか…

それからタクシーへ乗り込み由比ヶ浜へ向かい、乾杯!


IMG_5004.jpg


次はまたみんなで秋に再訪したいですね。




【見仏コース】

円応寺→浄光明寺→鎌倉宮→覚園寺→杉本寺→報国寺→釈迦堂切通し




《杉本寺アクセス》
住所:神奈川県鎌倉市二階堂903
TEL:0467-22-3463
鎌倉駅から京急バス10分
[鎌23・5番]太刀洗行き、[鎌24・5番]金沢八景行き、[鎌36・5番]ハイランド行き 杉本観音 下車 徒歩1分

拝観料:200円(本尊ご開帳は毎月1日と18日)


《報国寺アクセス》
住所:神奈川県鎌倉市浄明寺2-7-4
TEL:0467-22-0762
鎌倉駅から京急バス10分
[鎌23・5番]太刀洗行き、[鎌24・5番]金沢八景行き、[鎌36・5番]ハイランド行き 浄明寺 下車 徒歩2分

拝観料:200円
竹庭の茶席:500円(お茶とお菓子付き)(12月29日~1月3日拝観不可)



















テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

Tag:鎌倉  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR