『高野山の名宝』八大童子ファッショニスタ!

サントリー美術館で開催(2014年10月11日(土)~12月7日(日) )されている『高野山開創1200年記念 高野山の名宝』のレポート続きは、孔雀明王編に続いて『八大童子編!』

八大童子と言えば、不動明王のお弟子ちゃんですね。ポスターにもなっているこちらの制多迦(せいたか)童子が有名でしょうか?



我々、美容関係者にとっては、制多迦童子のヘアスタイルは美容師国家試験課題の基礎技術にもなっており、この像が作られた鎌倉時代からこのヘアスタイルがあったのか……!と、驚くばかりです(笑)



さて、八大童子ですが、東京では世田谷観音で拝観をした事があります。八大童子が勢ぞろいしているのは、高野山と世田谷だけでしょうか?

八大童子の中でよくお目にかかるのは、制多迦(せいたか)童子と矜羯羅(こんがら)童子です。伊豆韮山の願成就院にもこのお二人はいらっしゃいますね。

その他のメンバーはあまり馴染みがありませんが、今回のこの展覧会では時間をかけてゆーっくり拝観する事ができます。

八大童子メンバー紹介☆


左から、指徳(しとく)童子、恵光(えこう)童子、矜羯羅(こんがら)童子、制多伽(せいたか)童子、烏倶婆我(うぐばか)童子、清浄比丘(しようじようびく)童子、恵喜(えき)童子、阿耨達(あくた)童子

八大童子はなかなかオシャレさんだと思いませんか?ヘアスタイルだけでなく、ファッションスタイリングもなかなかです。

特にキュンと来たのが、腕と足首にリボン結びをしている事です。なんとも可愛らしい!来年の夏に取り入れたいアイテムですね!



わたしの推し童子は恵光童子です!
八大童子ファッショニスタ…!



ヒッピーバンドのようなヘッドアクセとランダムな毛先のカールがとってもお似合いです。また、衣の模様がとても綺麗です。衣文や腰ひもがなびく立体感も素晴らしい。

玉眼の瞳をキラキラ(ウルウル)させてそんな不機嫌そうな顔されたら、なんでも言うこと聞いてあげたくなりますね(笑)



Tag:博物館・美術館などいろいろ  Trackback:0 comment:0 

『高野山の名宝』快慶に次ぐ快慶、そして快慶!孔雀明王降臨!

『高野山開創1200年記念 高野山の名宝』展に行って来ました!

サントリー美術館
2014年10月11日(土)~12月7日(日)

まず、このポスター


かなりインパクトありました。
渋谷駅にも貼ってありましたが、渋谷の街にも違和感を感じないスタイリッシュ(?)なポスターであり、どこかレトロ感もあるデザインです。



金曜日は20:00まで見学ができるということで、少し遅めの到着でした。実はこの展覧会の前に、森アーツギャラリーで開催されている『ティムバートンの世界展』とハシゴだったのです。

ティムバートン…鬼才の脳内を堪能した後に、密教世界に足を踏み入れるという大変濃いぃ1日となりました。

入り口すぐにいらっしゃるのは弘法大師-空海さん!



マンガ『日本の歴史』などに登場する空海はキリッとしたイケメンなので、私の中では空海=イケメンのイメージが根付いておりますが、そのイメージに一番近いのが金剛峰寺の弘法大師坐像です。

この展覧会は次から次へと有名な方々が登場します!

天に向かって弓を構える天弓愛染さま!
全国的にもお像となっているのは珍しく、京都神童寺、 山梨放光寺、そして高野山金剛峯寺が有名です。

そして、快慶作の執金剛神さまからの、同じく快慶作の四天王へと続きます。四天王は非常に小顔…いや、小顔というより甲冑のボリュームが大きいのかも知れません。どちらにせよ、かっこいい事には間違いなし!



そして、次のお部屋には・・・

キタコレ!!!



快慶に次ぐ快慶、そしてまた快慶!
孔雀明王さま降臨!!

孔雀明王360度!

申し訳ないのですが、明王さまよりも孔雀さんに釘付けでした。

実際の孔雀


孔雀はこんなにもクールで美しい容姿を持ちながら、猛毒を持つサソリやコブラも食べちゃう恐ろしい鳥なんですよね。

キリッ!

ガシッ!

バサッ!

そんな孔雀さんに仏教界のパワーが加われば、煩悩を喰いつくす力強さと繊細さを兼ね備えたスーパー孔雀に大変身するんですねぇ…!



(八大童子編へ続く)

Tag:博物館・美術館などいろいろ  Trackback:0 comment:4 

『九州仏 ~1300年の祈りとかたち~』

この秋、行きたくて行きたくてウズウズしちゃう展覧会があります。

それは…

特別展 『九州仏 ~1300年の祈りとかたち~』

10月12日(日)より福岡市博物館で開催されます!

九州の仏像が一同を会するこの展覧会は、学芸員の方々がとても長い間温めていた企画なんだそうです。



『奈良や京都の仏像は素晴らしい。たが、九州の仏像はもっと素敵だ』

私はフライヤーを見たとき、この言葉に心惹かれました。

大陸文化の玄関口であった九州。
この展覧会は、独自の仏教文化から生まれた素敵な仏像、個性豊かな仏像に会える展覧会です!秘仏から新たに発見された仏像まで、約100体もの九州仏が集まるそうですよ!



今年の3月にお会いした『福岡・浮嶽神社 木造地蔵菩薩立像(平安前期)』も出展されます!

その他、奈良時代~江戸時代、朝鮮や中国から渡来した仏像まで盛りだくさん。

出展される仏像の詳細はこちら

また、もうひとつのお楽しみ企画
『みうらじゅん・いとうせいこうトークショー』

「見仏記♡九州仏」

MJ&ISが「九州仏」を語るトークイベントが開催されるそうです。※すでに定員に達し締め切りですが…

あー、九州に飛びたいですねぇ…
どこでもドアどこかにないですかねぁ…

行く予定の方々、羨ましいです。
どんな様子だったかレポートお待ちしております!!



福岡市博物館公式サイト



Tag:博物館・美術館などいろいろ  Trackback:0 comment:5 

展覧会まとめ(仏像だけじゃないよ)

展覧会まとめ
個人的に行きたいなぁーと思っているものをまとめてみました。

◾︎kawaii日本美術展(山種美術館 1/3-3/2)
サイト

◾︎ブライアン・ダフィー写真展(ブリッツギャラリー 1/24-3/29)
サイト

◾︎ラファエル前派展(森アーツセンターギャリー 1/25-4/6)
サイト

◾︎ザ・ビューティフル 英国の唯美主義展(三菱一号館美術館 1/30-5/6)
サイト

◾︎観音の里の祈りとくらし展(東京藝術大学大学美術館 3/21-4/13)
サイト

◾︎ジャック・カロ展(国立西洋美術館 4/8-6/15)
サイト

◾︎キトラ古墳壁画展(東京国立博物館 4/22-5/18
サイト

◾︎法隆寺-祈りとかたち展(東京藝術大学大学美術館 4/26-6/22)
サイト

◾︎オルセー美術館展(新国立美術館 7/9-10/20)
サイト

◾︎醍醐寺のすべて(奈良国立博物館 7/19-9/15)
サイト

◾︎夢見るフランス絵画展(Bunkamura 10/18-12/14)
サイト

◾︎ジョルジョ・デ・キリコ展(汐留ミュージアム 10/25-12/26)
サイト

◾︎ウィレム・デ・クーニング展(ブリヂストン美術館 10/8-1/12)
サイト

Tag:博物館・美術館などいろいろ  Trackback:0 comment:0 

2014年の気になる 『秘仏ご開帳・展覧会』

仏像ファンの方々による、ブログやTwitterやFacebookなどの情報によると、2014年は秘仏のご開帳やら、レアな展覧会が目白押しらしい…

全てではないですが、個人的に気になっているご開帳情報をまとめさせていただきます。

坂東三十三観音札所が総開帳…!



この中でも一目お会いしたいと思っているのは、24番楽法寺(雨引観音)の延命観音さまです!

とは言っても、私は坂東の札所を巡っているわけではなく、杉本寺、弘明寺、西明寺、大谷寺…くらいしか参拝した事がありません。この結縁開帳を機に発願!??


四国八十八カ所開創1200年の記念として、御本尊さまがご開帳されるそうです!
http://www.88shikokuhenro.jp/1200.html

四国かぁ~!憧れるなぁ・・・


湖東三山 特別開帳(4/4-6/1)
西明寺、金剛輪寺、百済寺
どこもまだ参拝した事がないので、興味津々です!特に、百済寺の十一面観音さまにお会いしたいです!
http://www.hyakusaiji.jp/pdf/2013spr.pdf


兵庫 神呪寺(毎年5/18)
今年の特別開帳という訳ではないのですが、今年の5/18は土曜日です!!如意輪観音さまにお会いしたいっ!
http://www.ne.jp/asahi/kabutoyama/kanno-ji/


川崎大師大開帳(5/1-5/31)
10年毎のお大師さまご開帳!子供のころから祖母とよく遊びに行っていたお大師さんですが、一度もご開帳に参拝したことがないので今年は行ってみようかと!
http://www.kawasakidaishi.com/daikaicho26/index.html


南山城の古寺巡礼(京都国立博物館 4/22-6/15)
http://www.kyohaku.go.jp/jp/tokubetsu/140422/index.html


法隆寺-祈りとかたち(東京藝術大学大学美術館 4/26-6/22)
http://horyuji2014.jp/


醍醐寺のすべて(奈良国立博物館 7/19-9/15)
うぉー!快慶作のあの弥勒菩薩さまがぁー!(パニック)近くでじっくり観れるんですかね?想像するだけで興奮…
http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2014toku/daigoji/daigoji.pdf


高野山の名宝(サントリー美術館 10/11-12/7)
運慶作の八大童子や、快慶作の孔雀明王が東京に来ちゃう!…らしいです!
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibit/future.html


東京での展覧会は絶対に逃してはいけません!!

坂東のご開帳も単発で行くとして・・・

滋賀の湖東三山と京博と奈良博を一緒に行きたいところですが、奈良博の日程がかぶらない(涙)

兵庫の神呪寺は遠いのかな・・・

やはり、何回も西へ行かなければなりませんかね(汗)


■その他
静岡 岩松寺 聖観音 (60年に1度 4/26-4/27)
三重 金剛證寺 虚空蔵菩薩(20年に1度 10/1-10/21)
秩父三十四カ所午歳総開帳(3/1-11/18)

福井県 馬居寺の馬頭観音さま!
今年は中開帳がありますね~!

※ご開帳情報募集中!!!
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:博物館・美術館などいろいろ  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR