FC2ブログ

記事一覧

三重/常福寺 『平安期・五大明王ご開帳』

三重県最後のお寺常福寺へ。

妙福寺の方に近鉄白子駅まで送っていただき、伊賀神戸駅へ向かいます。
駅からは徒歩でも行ける距離ですが、ちょうどタクシーが止まっていたので乗り込みました。

3分ほどで到着。

常福寺は、わたしが今回の旅に三重を選ぶきっかけとなったお寺です。あるお寺を検索していたら、たまたま常福寺のHPを見つけ、大きな五大明王さまの画像を観て一目惚れをしてしまいました。これは絶対に会いに行かなければ・・・!

常福寺は元旦から三日間、ご本尊の五大明王さまのご開帳を行っています。
賑わっている境内を想像していたのですが、人の気配がありません。

事務所のインターホンを押すと女性の方が対応してくださいました。


s-_MG_1057.jpg

常福寺の始まりは奈良時代まで遡ります。
真言宗豊山派総本山の長谷寺の開基である徳道上人が、本尊の十一面観音の余材を用いて二人の仏師に本尊五大明王を造らせ、天平二年に聖武天皇に上奏して勅願寺に定められた…という古い歴史のあるお寺。

さて、ドキドキしながら本堂へ入ります。
すると、お堂の扉を開けた瞬間大きくて立派な不動明王さまのお姿がわたしの目に飛び込んで来ました。

中尊の不動明王さまが像高171.6cm、降三世明王さまが173.3cm、軍荼利明王さまが174.3cm、大威徳明王さまが174,4cm、金剛夜叉明王さまが181cm…と、京都東寺の五大明王さまと同じくらい大きな像です。

s-IMG_2640.jpg

五体ともカヤの一木造で平安期の作。弘仁期の五大明王が揃っているのは大変珍しいとのことです。

s-IMG_2639.jpg

不動明王さまを東南西北の明王が囲んでいるカタチでお祀りされていたのですが、像の大きさに対して少々厨子が小さく、奥の大威徳明王さまと金剛夜叉明王さまがちょっぴり見えにくかったのが残念です。
s-IMG_2638.jpg

しかし、厨子の目の前まで入って拝観することができるので覗き込んでよーくよーく目に焼きつけました!薄っすらと残る衣の模様なども確認できました。

明王さまと言えば逆立つ髪と怒りの形相…といったイメージですが、常福寺の五大明王さまは少し優しい表情で、ヘアスタイルも控えめです。手足が長く小顔で、モデルのような等身。手足の指先まで綺麗に表現された美しい明王さま…という印象でした。。。

京都の東寺や醍醐寺、そして大覚寺と同じくらい有名になってもおかしくはない素晴らしい五大明王さま!素敵な五大明王さまにお会いできて本当に嬉しいです!

神宮寺、妙福寺、常福寺と、今回初めて三重のお寺を巡りましたが、たった三ヶ寺を巡っただけでもかなり充実した旅となりました。そして、もっと深く三重の仏像について知りたくなってしまいました。。。



※こちらは、2011年1月に更新された記事です(^人^)


《常福寺アクセス》
住所:〒518-0113 三重県伊賀市古郡559
TEL:0595(38)1016
近鉄大阪線の伊賀神戸駅タクシー約3分・徒歩25分
拝観料:志納
元旦から3日、4月3日、8月18日にご開帳
その他の拝観は問い合わせが必要です。





スポンサーサイト

コメント

ツイッターで、かーつさんにこのブログを教えてもらいました。地元なのに、知らない寺ばかりで、驚きました。夏の御開帳の時に行って見たいと思いました。ありがとうございました。

はじめまして

kaerunaku さん

訪問ありがとうございます。
三重にお住まいなんですね…羨ましいです。
今回初めて三重のお寺を巡りましたが、どこも素晴らしいお寺で素敵な仏像と出会えました。
もっと三重の仏像を知りたいです!

宗教研究会 (名前検討中

五大明王 で検索中です。五大明王 強いですね。真言を 時折 唱えています。宗教研究会(名前検討中

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
過去の記事を整理して更新しています!
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

★Twitterでは“仏像”ツイオフなるものを運営しています。
毎月18日 21時〜23時に開催中
@butsuzo_twioff または #仏像ツイオフ で検索!

よろしくお願いします(^人^)