三重/神宮寺 『初めまして 深沙大将』

2011年最初の見仏は三重県からスタートしました。
名古屋から電車を乗り継いで約1時間、伊勢鉄道鈴鹿サーキット稲生駅から歩いて10分弱。

三重県鈴鹿市の神宮寺に到着です。
すると、山門近くで何やら穴掘り作業をしている老人がおり、、、もしかしたらご住職かも知れないので挨拶をすると、まさにその人がご住職でした。

まずは本堂から案内していただきました。


s-_MG_1016.jpg

神宮寺は、天平時代に行基が伊奈冨神社の境内に五重塔や仏堂を創建したことが始まりと伝えられています。その後、神仏習合が続き七堂伽藍が建てられていましたが、後に織田信長の兵火に遭い焼失。現在の地へ移されたそうです。そして1979年本堂などが火災で焼失してしまい、現在の鉄筋コンクリートの本堂が再建されたとのこと。

本堂には本尊の薬師如来さまと深沙大将さまがいらっしゃいました!

深沙大将さまにお会いしたのは今回が初めてです。。。
砂漠で玄奘三蔵を救ったという神さまで、口に蛇をくわえて髑髏を六つ首にかけています。像高は1メートルほどの比較的小さめな像。ケヤキの一木造りで、鉈、もしくは鑿(ノミ)の彫りあとが残されています。住職のお話によると、平安以降の作とされているとのこと。

s-IMG_2487.jpg

蛇を加えて恐ろしい形相をしているにもかかわらず、ちょっぴり寸胴なために可愛く見えてしまう深沙大将さまでした(笑)

収蔵庫には持国天さまと多聞天さま、薬師如来さまがいらっしゃいます。そして、淳和天皇坐像のお姿もありました。

収蔵庫の中央にいらっしゃる薬師如来さまは81cmの小さなめな立像で、厨子の中に収められています。その脇には約160cmで等身大の持国天さまと多聞天さまが険しい表情で佇んでおられました。いずれも平安時代、弘法大師作と伝わる像で、楠の一木造りです。


s-IMG_2495.jpg

しっかりとした身体つきで、目を大きく見開いた堂々たる持国天さまと多聞天さま。
二天とも邪鬼を2匹ずつ踏みつけ、その邪気の表情もなかなかユニークなんです。

s-IMG_2494.jpg

s-IMG_2500.jpg

それから、向かって右前に淳和天皇像と伝えられる男神坐像が安置されていました。

神宮寺のご住職はとても気さくな方で色々なお話しをしてくださいました。
何よりも感謝しなければならないのは、次に訪問する予定の妙福寺へ行くためにタクシーを呼ぼうとしたら、タクシーはお金がかかるから…といって、自ら妙福寺まで車で送ってくださったことです!

今まで色々なお寺を巡ってきましたが、こんなに親切にしてもらったのは初めてだったので、感謝の前にまずびっくりしてしまいました。車内でも絶えず会話は弾み、アッという間に妙福寺へ到着!

神宮寺のご住職さま、温かいおもてなし本当にありがとうございました!!




《神宮寺アクセス》
住所:三重県鈴鹿市稲生西2-8-16
TEL:059-386-3918
近畿日本鉄道白子駅→鈴鹿市コミュニティバス白子・平田線(10分)稲生郵便局前下車、徒歩3分
伊勢鉄道鈴鹿サーキット稲生駅徒歩7分。
伊勢鉄道名阪道鈴鹿ICから30分

拝観料:300円
※拝観には問い合わせが必要です。
(収蔵庫は雨天拝観不可)




スポンサーサイト
テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

Tag:三重  Trackback:1 comment:6 

Comment

慧 URL|はじめまして
#- 2011.01.06 Thu10:24
はじめまして。
仏像のブログ、みていてホッとするようで、それでいて刺激的ですね。仏像にはまってしまいそうです。
雑誌で脚色されたものではない、ある意味リアルな仏像。人間味があるものもあって面白いです。
また来ます!
momococks URL|はじめまして!
#- 2011.01.06 Thu14:02
慧さん
訪問ありがとうございます。
もう、このままハマっちゃってください(笑)
仏像いいですよ…その時の気分によって観え方が変わったり。。。

是非またいらして下さいねー(´∀`)
椿三四郎 URL|いいですね!
#I0Ix8fAA Edit  2011.02.13 Sun12:42
仏像もさまざまですね。
仏像は日本の宝なので、多くの人が気付かぬうちにファンになっているように思います。
これからも、アップを楽しみにしています!
momococks URL|ありがとうございます。
#- 2011.02.13 Sun14:36
椿三四郎 さん

訪問ありがとうございます!
わたしもいつの間にかファンになってましたよ。
優しく見えたり、厳しく見えたり…仏像は心を写す鏡と言いますが、ホントにそんな気がします^^
是非またいらしてくださいね♪
椿三四郎 URL|No title
#I0Ix8fAA Edit  2011.02.18 Fri02:43
優しく見えたり、厳しく見えたり…仏像は心を写す鏡と言いますが、ホントにそんな気がします^^

この気持ち、良くわかります。
気持ちがぐらつくとお経をあげさせていただくのですが、
佛さまが語りかけてくれているように思っていました。
最近は、奉仕活動のせいか、
佛さのご守護のおかげか判断できませんが、
あまり気持ちが揺れ動くことがありません。
経営上の判断で考えることはありますけどね…。
多くの人にこの感覚を味わっていただきたいと願っています。

いつかお寺でお会いできることを楽しみにしております。

合掌
momococks URL|こんばんわ
#- 2011.02.20 Sun01:34
椿三四郎 さん

ありがとうございます^^
奉仕活動をなさっているのですね。
わたしも大好きなお寺、仏像に何か恩返しができないかと考える事があります。考えるだけで今はまだ行動にできていませんが…

わたしもいつかお寺でお会いできる日を楽しみにしております。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

三重県鈴鹿市に行く。・・・・の巻3   福満山神宮寺・下

2012年8月12日  福満山神宮寺 =三重県鈴鹿市稲生西2-8-16 仏像1万2千体 - 2012.10.13 09:01

プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR