鎌倉/覚園寺『圧巻 薬師三尊』

ビールの安さに釣られて鎌倉駅前の蕎麦屋で昼食を済ませ、次のお目当ては覚園寺です。
大塔宮で下車。14時の拝観まではまだ時間があるな、、、。
そうだ、鎌倉宮へ行こう!

覚園寺や瑞泉寺へ行く途中にありながら一度も訪れたことがありませんでした。
鎌倉宮は護良親王を祀った歴史ある神社です。
拝殿前には、大きな獅子頭があります。何だかとても可愛い(笑)


SN3L0276_convert_20100628210535.jpg

奥には身代わり地蔵ならぬ、身代わり武士。
こういう類のものがあると、とりあえず撫でておきたくなるのは何故でょうか。


PAP_0287_convert_20100628213825.jpg

そうこうしているうちに13時45分。
ちょうど良い時間になりました!鎌倉宮から覚園寺までの一本道は日陰がなく暑い…ビールを飲んだせいか、ややバテ気味に、、、。もみの木が見えた!もうすぐだよ!
山門をくぐり境内に入ると、マダムグループがスタンバしていました。
わたし達も加わり、5分前倒しで説明が始まります。

まずは愛染堂から。


PAP_0286_convert_20100628214307.jpg

欲を叶える愛染明王
武士好み、強さを表す鉄の不動明王
かつて薬師如来と伝えられた阿閦如来

眼を凝らしての拝観、、、やはり遠い、、、中に入りたいなぁ。

そして拝観料500円を払い、ここから先は鎌倉時代へタイムスリップ!

さっきまで暑さに苦しんでいたのが嘘のように汗が引いていきました。
マイナスイオンに包まれて、思わず深呼吸をしたくなる風景。
静寂な古刹の雰囲気に満ちた境内を歩きながら、説明を聞きます。

覚園寺は1218年、北条義時の薬師如来信仰により建てられた大倉薬師堂が始まりです。
のちに北条貞時が元寇の再来がないよう願い、真言宗、天台宗、禅宗、浄土宗を学ぶ道場を建て、それが今の覚園寺となりました。少しギャグの混ざった説明を聞きながら、いよいよ薬師堂へと近づいて行きます。

わたしは不可思議に下を向いたまま薬師堂の中へ。
仏像を拝観するとき、お堂の中に入る前に姿をチラ見したくないのです。
どうせなら、この先にいる薬師三尊を一気に視界に入れたい!

『あ~!すごい迫力だ~!』

そこには薬師三尊坐像がわたし達を見下ろすようにいらっしゃる。力に満ちたまなざし、、、。

今日の薬師如来さまは、いつもより凛々しい顔立ちに見えました。

頭部と体の作年代が違いますが、鎌倉時代後期の作品と言われています。。


そして両脇には女性的なお顔立ちの日光菩薩月光菩薩日光菩薩の像内銘から1422年、朝祐の作と伝えられています。蓮台の下まで垂れ下がる衣が、より美しさを演出しているように見ました。  

そして、ずらりと並ぶ十二神将も日光月光と同じく朝祐の作。

わたしにはお目当てがもうひとり、向かって右手の奥にいらっしゃいます。
体内仏を鞘のようにして収めていたことからその名がついた
鞘阿弥陀さまです。
しばらく見とれてしまうほど、、、この阿弥陀さまは実に美しいお姿なんですよ。

この薬師堂は鎌倉でいちばん贅沢な空間だと、訪れる度にそう感じます。堂内が土盛りしただけの土間になっており、古めかしい雰囲気がとても良い感じです。

そして地蔵堂には、火責めにあう罪人を救おうと番人の代わりに火焚きをし、自分まで黒くなってしまったという、とても優しい
黒地蔵そのすぐそばには、祈り続けるうちに一体が亡くなった人の姿になるという千体地蔵丸彫りの小さな地蔵がぎっしりと並んでいます。

薬師堂境内は写真撮影一切禁ですが、そうやって守るべきものというのも納得ができます。
わたしは覚園寺へ訪れるたび、鎌倉時代へタイムスリップしたような不思議な気分になるのです。
次は紅葉の時期に拝観したいなぁ。



次の目的地は杉本寺


山号: 鷲峰山
宗派 :真言宗泉涌寺派
本尊 :薬師三尊
創建年: 1218年(建保6年)
札所等: 鎌倉地蔵尊第三番

鎌倉十三仏第十一番(阿閦如来)


アクセス:JR鎌倉駅 4番バス乗り場 大塔宮行き下車徒歩10分
     JR鎌倉駅徒歩30分


拝観時間:10:00         
     11:00               
     12:00(土日祝のみ) 
     13:00          
     14:00
     15:00

拝観不可:8月1日~8月31日、12月20日~1月7日
        
黒地蔵縁日:8月10日
スポンサーサイト
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:鎌倉  Trackback:0 comment:2 

Comment

maco URL|No title
#- 2010.06.18 Fri21:07
秋もぜひ再訪したいね~

momococks URL|
#- 2010.06.25 Fri11:59
>macoちゃん

そだね!秋はライトアップとかもあるし必見だね!
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR