鎌倉/円応寺『十王 笑い閻魔さま』

ある日友人が『仏像が見たい!』と言いだしたました。
急にどうした!?と、戸惑いましたが、わたしはすかさず鎌倉行きを提案したのです。

昭和50年代生まれのチーム(またはアラサー)
『おもしろ倶楽部』の活動第2弾が鎌倉見仏に決定!

5人での寺巡りは家族旅行以来です。
一体どうなることやら、、、。

当然、仕切りはわたしの役目になります!

前回の『横浜センチメンタルジャーニー』に習って『鎌倉見仏記』と題したしおりを作成。
ほぼ全員、見仏初心者、、、

みんなの体力とモチベーションを想定しながらタイムスケジュールを組みました。
疲れず、ゆっくり見仏を楽しめるプランにしたつもりだけど???

2010.6.5
10時北鎌倉集合


円覚寺も東慶寺も明月院も、さらに建長寺もとばして
こわーい閻魔さまがいらっしゃる円応寺を目指します。

駅から建長寺までは観光客でガヤガヤとしていましたが、円応寺に着く頃には静かになっていました。

SN3L0274_convert_20100628211611.jpg

私たちがあの世で出会い前生の行いを裁く十王がここにいらっしゃいます。静まり返った閻魔堂は、少し不気味で、ある意味良い雰囲気です。

さあ、中へ入ろう!

SN3L0275_convert_20100628210640.jpg

すると正面に、運慶作(?)と言われる力強い閻魔大王坐像が待っていました。大きく口を開け、何かを叫んでいるようなその形相は少しニヤけている様にも見えます。

円応寺

どうせなら初江王も本堂で拝観したいところですが、鎌倉国宝館にいらっしゃるようです。先日の長命寺の石仏十王とは打って変わってこちらはリアリズム。


わたしは、閻魔大王の化身とは思えない穏やかな半伽姿の地蔵菩薩さまと、真剣なまなざしで十王を見つめる友人の姿を見て、ホッと一安心したのでした。

どうやらつかみはOKのようです。

次のは浄光明寺へ向かいます!



円応寺

山号: 新居山
宗派 :臨済宗建長寺派
本尊: 閻魔王
創建年 :1250年(建長2年)
開基: 桑田道海(智覚禅師)
別称 :新居閻魔堂、十王堂

アクセス:JR北鎌倉駅徒歩17分
     9:00~15:00(12月~2月)
     9:00~16:00(3月~11月)
     拝観料200円







スポンサーサイト
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:鎌倉  Trackback:0 comment:1 

Comment

maco URL|
#- 2010.06.09 Wed20:47
くわっとしてました!
くわっと!!!
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR