スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

京都/戒光寺 『大きな身代り釈迦如来』

戒光寺は即成院のすぐお隣。
即成院に車を置かせていただいて、徒歩で向かいました。

戒光寺もまた、泉涌寺の塔頭寺院。
丈六の大きな釈迦如来さまがいらっしゃいます。

もう、本堂の数メートル手前から入り口の枠いっぱいに釈迦如来のお腹の部分だけが見えてきます。
外からお顔が見えないと言う事はかなり大きな像と分かりますね。

お釈迦さまは鎌倉時代の創建で、元は戒光律寺という大伽藍を持つ寺院に祀られていたのですが、応仁の乱の戦火から逃れこの地にやって来たそうです。


prec1.jpg

鎌倉時代の名仏師である運慶、湛慶親子の合作で寄木造り。
今では色が褪せていますが、見る限り煌びやかな極彩色であった事が想像できます。

身の丈は約5.5メートル、台座から光背までを入れると約10メートルにもなるそうです。目の前に正座し、見上げた時のお釈迦さまのお姿はとっても迫力があります。全てを見透かされている様な気がして、思わず背筋がピンと伸びてしまいます(笑)

「身代わり丈六釈迦如来」と言われておりその由来は、後水尾天皇が即位争いに巻き込まれ暗殺者に首を襲われた時に、このお釈迦さまが身代わりとなったそうで、よく首の部分を見てみると…赤い血のようなものが流れているんです。。。今でも血を流し続けているとは、、、

お寺に祀られている多くの仏像にはこの様なエピソードがあったりします。このお釈迦さまの血を見て、庶民の眼病を吸い取っているから、目が赤く充血している薬師さまの事を思い出しました!そう、奈良の久米寺の…

この様なエピソードも仏像巡りの楽しみのひとつですね!

境内にはもうひとつ有名なスポットがあります。。
元新撰組の御陵衛士のお墓。そこでビックリしたのは、本堂の拝観料よりも高いと言うこと!

新撰組人気恐るべし…
あの有名な伊東甲子太郎のイメージと言えばどうしても大河ドラマの某イケメン俳優のイメージになってしまいますが、その影響なのでしょうか…(笑)




次は旅のラスト泉涌寺へ!





戒光寺アクセス

京都府京都市東山区今熊野泉山町29/075-561-5209
JR奈良線 東福寺駅徒歩15分

拝観料なし



スポンサーサイト
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:京都  Trackback:0 comment:4 

Comment

テッカーマン URL|京都のお寺いいですね!
#- 2010.12.04 Sat17:11
どうもです!

京都のお寺は、わからないので勉強になります!

しかし仏像って神秘的ですよね~
momococks URL|ありがとうございます!
#- 2010.12.05 Sun09:52
あ!テッカーマンさんコメントありがとうございます。
仏像は、見る時の心の状態によって色々な表情に見えたりする所がとても神秘的に感じます。それと…お誕生日メッセージもありがとうございました。また見にきて下さいね☆
テッカーマン URL|また
#- 2010.12.09 Thu01:02
みにきまーす!!
momococks URL|是非!!
#- 2010.12.09 Thu01:07
きてくださーい!!
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。