FC2ブログ

記事一覧

地蔵愛が止まらない!その1 “マイ推し地蔵”のお話

先日、Twitterのフォロワーさんと“マイ推し地蔵”の話で盛り上がっていたのですが、わたしは仏像の中で地蔵菩薩さまがいちばん好きなのです。

今日は、そんなわたしの地蔵愛をここで語らせていただきます(笑)

お地蔵さまと言えば、近所の道端にいらっしゃって、いつも庶民に寄り添っていてくださる身近な仏さまというイメージが強いかも知れません。

しかし、わたしが好きなお地蔵さまはと言うと…どのお方も身近なイメージとは程遠く、どちらかと言うと高貴な雰囲気をお持ちの方ばかり。

そして、ある共通点があるのです。
①立像である
②錫杖を持っていない
③翻波式の衣紋(衣の波打つドレープ)
④一木でどっしりとした体つき

例えば…
こちらは、法隆寺・大宝蔵院にいらっしゃる地蔵菩薩さま。
元は奈良の幻の大寺院「大御輪寺」に祀られていたという地蔵界のレジェンド的存在です。しかも国宝☆

20161205185300cf8.jpg


■法隆寺・大宝蔵院 木造地蔵菩薩立像(国宝)
像高172cm・一木造り・平安時代

地蔵菩薩さまは、生まれた(造られた)時代によって、立っていたり、座っていたり、錫杖や宝珠を持っていたり、持ってなかったりと、若干お姿が変わります。

わたしが特に惹かれるお地蔵さまは、お地蔵さまのシンボルである錫杖を持っておらず、右手は与願印を結んでいらっしゃるお姿の方ばかり。

これらの特徴は、平安時代初期頃に生まれたお地蔵さまが持っているそうです。

平安初期は、地蔵菩薩像が造られるようになった頃なので、初期のお地蔵さまという事になります。

後に生まれた(造られた)地蔵菩薩像は錫杖を持っているのがスタンダードなので、初期のお地蔵さまに無理やり錫杖を持たせたようなお像を見かけることもあります。

それで結局、なんでお地蔵さまが好きなの!?ということですが…それは次回にとっておこうと思います!!(笑)

(つづく)



法隆寺へのアクセス方法はいくつかあります。
詳細はHPをご参照ください。

今人的にはJR法隆寺駅近辺からレンタサイクルがオススメ☆

法隆寺公式サイト
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
過去の記事を整理して更新しています!
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

★Twitterでは“仏像”ツイオフなるものを運営しています。
毎月18日 21時〜23時に開催中
@butsuzo_twioff または #仏像ツイオフ で検索!

よろしくお願いします(^人^)

Twitter 仏像ツイオフ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: