観音の里の祈りとくらし展Ⅱ・黒田観音寺の伝千手観音立像

東京藝術大学大学美術館で開催中(8/7まで)の展覧会
「観音の里の祈りとくらし展Ⅱ-びわ湖・長浜のホトケたち-」

いよいよ今週末までとなりました!
日頃から親しくさてもらっている仏像ファンの中には、会期中に2回も3回も足を運んだ人がいるようです。
そのくらい貴重な展覧会という事ですね~!

これが最後の記事になりますが、今までいくつかのホトケさまを紹介させていただきました。
観音の里の祈りとくらし展Ⅱ・観音の里からホトケが大集合! 8月7日(日)まで
観音の里の祈りとくらし展Ⅱ・岡本神社の十一面観音坐像
観音の里の祈りとくらし展Ⅱ・来現寺の聖観音立像

最後に紹介したいのはやっぱりこのお方…!
展覧会の広告のモデルを務めている黒田観音寺の千手観音(伝)さまです!!

観音の里Ⅱ

パチパチパチパチ…♪

観音さま…こんなに大きかったの!?
お堂ではお厨子の中にいらっしゃるので、会場で見たお姿はとても大きく感じました。

21.jpg
◎伝千手観音立像  平安時代
像高2m  観音寺蔵

わたし達を待ち構えているかのように、奥のお部屋で脇手をいっぱいに広げ、堂々と立ち尽くす観音さま。
そのお姿はまさにラスボス…!

6_2016080420134124d.jpg

観音さまは、一木造りで平安時代初期の作。
頭上に化仏がない事と、合掌をしているのではなく説法印を結んでおられる事、手が18臂ある事から、千手観音さまではなく准胝(じゅんてい)観音さまではないか?と、言われているそうです。

観音さまの最大の魅力は、なんと言っても、この、しなやかな18臂の手だと思います。
ずっとずっと見つめていれば、もしかしたら動く瞬間が見れるんじゃないの?なんて、思ってしまうほど。

23.jpg

そして、けして親しみやすいとは言えない厳しいお顔の表情は、わたしと観音さまの距離を遠ざけて、より神聖な雰囲気を感じてしまいます。

22.jpg

こんなに素敵な観音さまを近くで見れるなんて…しかも360度!!もう二度とない機会かもしれません(?)

以前の記事でも書きましたが、地域の方々が仏さまを戦火から守るために、土に埋めたり川に沈めたりして隠した…というお話は、湖北・長浜を訪れるたびに耳します。

現在まで大切に守り継いできた信仰の歴史を思うと、仏さまを東京の展覧会に出すというのはそう簡単な事ではないはずなので、この機会を与えてくださった長浜の方々に、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

そして、無住のお寺が殆どなので、お堂の維持管理や参拝者の対応は数人の世話方さんだけで行っている、というお話を聞きました。このままでは過疎化が進み、仏さまをお守りする事が難しくなってしまうと…

わたしが何かをして直接お役に立てる事はないかも知れませんが、こうしてブログを書く事によって、湖北・長浜の仏さまの魅力を少しでも多くの人に伝えられたらいいなぁー…と、思っています。


(おしまい)



観音の里の祈りとくらし展Ⅱ-びわ湖・長浜のホトケたち-
2016年7月5日(火)- 8月7日(日)
東京藝術大学大学美術館 本館
一般 1,200円(1,000円)
高校・大学生 700円(600円)
※中学生以下は無料
※障害者手帳をお持ちの方とその介助者1名は無料
※( )は20名以上の団体料金

時間:午前10時~午後5時(入館は閉館午後4時30分まで)
休館日:月曜日(ただし、7月18日は開館)、7月19日
スポンサーサイト
テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:博物館・美術館などいろいろ  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR