スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

奈良/當麻寺 『愛しの四天王』

當麻寺
私の父が大好きなお寺です。
白鳳時代に創建され、奈良時代の三重塔を東西二基とも残す全国唯一の寺院となっています。
そして、仏像を愛する者なら誰しもが好きと言えるほど、當麻寺は素晴らしい仏像の宝庫なのです!

真っ先に金堂へ入りたい気持ちを抑えつつ、まずは本堂へ。


IMG_6691.jpg

創建時の本尊は金堂の弥勒仏ですが、現在は西方極楽浄土を表した当麻曼荼羅です。
もとは、今の金堂が本堂として信仰されていたそうで、東西の三重塔の位置を考えると納得ができます。金堂を中心に考えると、両脇に三重塔がすっぽりハマリまるんですね…

本尊の當麻曼荼羅の前に座り、説明テープを聴きます。
この曼荼羅は国宝の根本曼荼羅を転写したもの。
それが重文に指定されているのだから、原本の方はどれだけ素晴らしいのか見てみたいものです!

その他には十一面観音、阿弥陀如来、中将姫二十九才像、役行者・前鬼後鬼像なども祀られています。

そしていよいよ魅惑の金堂へ。


koumoku.jpg

国宝の弥勒菩薩を中心に四天王が四隅を囲み、不動明王が本尊の御前立として祀られています。

実は、私はこの當麻寺の四天王が大好きでお会いするのは実に久しぶり!!
本日最後のお寺ですが、さらにテンションが上がります!!

あぁ、素敵過ぎる…かっこいい…失礼な表現ですがお顔が私の好み…

日本最古の乾漆像で、多聞天のみ鎌倉時代作ですが、他3体は白鳳時代。
こんなに古い時代のものなのに、現代風のお顔をしたかっこいい四天王さまなのです。
あぁ、素敵!!金堂は素敵空間です!!

そして講堂へ。


IMG_6686.jpg

講堂には7体ほど安置されています。
本尊の阿弥陀如来
妙童菩薩
地蔵菩薩
千手観音
不動明王
毘沙門天
阿弥陀如来

中でも妙童菩薩の少し傾げた、子供っぽいポーズが愛らしくしばらく見入ってしまいました。子供っぽい、お地蔵さまのようなほっこりする像なのです。見ていて本当に癒される菩薩さまですね。


IMG_6681.jpg

それから、當麻寺のシンボルである東塔と西塔を見に行きちょうど17時になりました。
當麻寺は奈良へ訪れるたび何度も通いたくなるお寺のひとつでもあります。

これで1日目の見仏は終了です!初日から歩き疲れて足が痛い!!


そして夜の興福寺は満月が綺麗でした。IMG_6740.jpg





當麻寺アクセス

〒639-0276 葛城市當麻1263/0745-48-2001
近鉄当麻寺駅から徒歩15分

拝観料500円




スポンサーサイト
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:奈良  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。