茨城/弥勒教会『笠間六体仏と再会を果たす!』

仏像リンクの茨城ツアーで、笠間六体仏のメンバーである、弥勒教会の弥勒仏さまと再会する事ができました!
前回訪問したのは4/8の花祭りです。

前回の記事

笠間六体仏とは、鎌倉時代に笠間一帯を治めていた笠間時朝が笠間のお寺に寄進した六体の仏像の事で、そのうちの三体の仏像が現存しています。

石寺弥勒堂(弥勒教会): 弥勒如来


楞厳寺: 千手観音

岩間寺: 薬師如来観音

その他、京都の三十三間堂にいらっしゃる1001体の千手観音立像のうちの二体や、日光輪王寺三仏堂の千手観音を寄進されたそうです。また、山形県慈恩寺には小山寺のために造ったと言われている大日如来さまがいらっしゃいます。

笠間時頼は長身で、弥勒教会の弥勒如来さまと同じ身長であったと言われています。ちなみに、弥勒如来さまの像高は180cm~2mくらい。布袋さんと同じくらいですね…(神様でなく、ギタリストの方です!笑)

IMG_5547.jpg

由来では運慶作と言われていますが、実際は運慶の世代より後に造られているとの事でした。やはり慶派の流れをくんだ仏師の作なのでしょうか…?

IMG_5525.jpg

IMG_5528.jpg

とても力強く逞しいお姿で、一見我々に厳しさを見せますが、時間が経つにつれて優しさが見え隠れするようなお顔の表情をしていらっしゃいます。。。

今回はすぐ近くで拝ませていただいて、弥勒さまの端正なお姿を存分に堪能する事ができました!


IMG_5548.jpg



弥勒教会アクセス

茨城県笠間市石寺529
4月8日ご開帳
拝観料:志納
問合せ:029-301-5449(茨城県教育庁 文化課)




スポンサーサイト

Tag:茨城  Trackback:1 comment:2 

Comment

大ドラ URL|
#- 2014.12.02 Tue21:13
この弥勒菩薩立像は、複雑な表情をされているように思えます。
厳しいお顔にも思える一方で、桃さんがおっしゃるように優しげなご様子もどことなく感じますし、何やら憂いを湛えておられるご様子にも見えますね。
離れたところからの写真を拝見すると、まさに力強く思えて、その場の空気が張り詰める感じを受けます。

『ホテイさん』のことだけじゃなくて、『エビスさん』でも神様の場合もあれば蛭子能収氏の場合もありますよね(笑)。

布袋様が中国仏教と日本でも黄檗宗では、弥勒菩薩の化身とされるという話は、最近になって知ったことです。ずっと前にシンガポールで、中国系のお寺に布袋像がおわすのを見ましたが、その布袋様が弥勒様そのものだとは、その当時は知らなかったです。
日本で一般的なイメージの弥勒菩薩像と布袋様とは、全然似ても似つかないんですけどね…。
momococks URL|Re:
#- 2014.12.28 Sun17:38
大ドラさん

いつもコメントいただきありがとうございます。

布袋さまが弥勒菩薩さまの化身とされるというお話を初めて知りました!確かに似ても似つかないですね。お地蔵さまが地獄の閻魔さまの化身というのを知ってからは、優しいはずのお地蔵さまが少しだけ恐ろしく感じる時があります(・_・;
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

ケノーベルからリンクのご案内(2014/11/30 08:46)

笠間市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 ケノーベル エージェント - 2014.11.30 08:47

プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR