FC2ブログ

記事一覧

『高野山の名宝』快慶に次ぐ快慶、そして快慶!孔雀明王降臨!

『高野山開創1200年記念 高野山の名宝』展に行って来ました!

サントリー美術館
2014年10月11日(土)~12月7日(日)

まず、このポスター


かなりインパクトありました。
渋谷駅にも貼ってありましたが、渋谷の街にも違和感を感じないスタイリッシュ(?)なポスターであり、どこかレトロ感もあるデザインです。



金曜日は20:00まで見学ができるということで、少し遅めの到着でした。実はこの展覧会の前に、森アーツギャラリーで開催されている『ティムバートンの世界展』とハシゴだったのです。

ティムバートン…鬼才の脳内を堪能した後に、密教世界に足を踏み入れるという大変濃いぃ1日となりました。

入り口すぐにいらっしゃるのは弘法大師-空海さん!



マンガ『日本の歴史』などに登場する空海はキリッとしたイケメンなので、私の中では空海=イケメンのイメージが根付いておりますが、そのイメージに一番近いのが金剛峰寺の弘法大師坐像です。

この展覧会は次から次へと有名な方々が登場します!

天に向かって弓を構える天弓愛染さま!
全国的にもお像となっているのは珍しく、京都神童寺、 山梨放光寺、そして高野山金剛峯寺が有名です。

そして、快慶作の執金剛神さまからの、同じく快慶作の四天王へと続きます。四天王は非常に小顔…いや、小顔というより甲冑のボリュームが大きいのかも知れません。どちらにせよ、かっこいい事には間違いなし!



そして、次のお部屋には・・・

キタコレ!!!



快慶に次ぐ快慶、そしてまた快慶!
孔雀明王さま降臨!!

孔雀明王360度!

申し訳ないのですが、明王さまよりも孔雀さんに釘付けでした。

実際の孔雀


孔雀はこんなにもクールで美しい容姿を持ちながら、猛毒を持つサソリやコブラも食べちゃう恐ろしい鳥なんですよね。

キリッ!

ガシッ!

バサッ!

そんな孔雀さんに仏教界のパワーが加われば、煩悩を喰いつくす力強さと繊細さを兼ね備えたスーパー孔雀に大変身するんですねぇ…!



(八大童子編へ続く)

スポンサーサイト

コメント

素晴らしい仏像写真ですね。
私はあまり考えずにシャッターを押すので、なかなか良い写真が撮れません。
この楽しいブログと是非とも相互リンクしたいのですが、よろしいでしょうか?

Re:

sausalitoさん

はじめまして!
コメントありがとうございます。

是非リンクさせてください!

この記事の写真は、私が撮影したのではなく、会場で購入したポストカードの写真なんです。

首都圏と京阪神では、こういう特別展を見る機会が時々あるのに、中京圏では少ないので、うらやましいです。

高野山の霊宝館そのものへはいずれ行きたいですし、そこで孔雀明王様にお会いできるといいのですが、常設展示ではないようなので、奈良へ行く機会があれば、正暦寺で孔雀明王様にお会いできるといいとは思っています。

写真を見る限り、四天王も見事ですが、孔雀明王様も憤怒相ではないながら眼力を感じますね。

Re:

大ドラさん

そうですよね、展覧会は東京か関西で多く開催されているイメージです。今回は高野山でもなかなかお目にかかることのできない「オールスター勢揃い」でとても良かったです。

孔雀明王の明王さまはもちろん素晴らしいのですが、煌びやかな孔雀さんに釘付けになってしまいました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
過去の記事を整理して更新しています!
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

★Twitterでは“仏像”ツイオフなるものを運営しています。
毎月18日 21時〜23時に開催中
@butsuzo_twioff または #仏像ツイオフ で検索!

よろしくお願いします(^人^)

Twitter 仏像ツイオフ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: