スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

観音の里めぐり ダイジェスト

藝大美術館で開催されていた「観音の里の祈りとくらし展−びわ湖・長浜のホトケたち」に行くことができなかったので、観音の里にお帰りになった観音さまたちを追いかけて湖北に行って来ました!



『東京の展覧会で、2万人もの人が観音さまを見に来たと聞いて驚いた』

『今回の展覧会は、自分達が子供の頃から慣れ親しんで来た観音さまを全国の人々に知って貰えるキッカケになった』

世話方さん達からこんな声を聞きました。

これから、私のような仏像ファンの参拝者が増えて賑やかになる一方、対応する体制を整えるのも大変なのではないかと思います…観音さまと地域の方々に感謝して拝ませていただきます。

また後日、詳しくレポートさせていただきますが、またいつもの様に一旦まとめます!

【黒田観音寺】
ずっとずっとお会いしたかった観音さまです!黒田に千手観音と伝わる准てい観音(?)薄暗い中は穏やかで、明るくすると鋭い目つき…男性的かと思えば、セクシーな表情も見せる…18本の手に注目すると赤ちゃんのようにふっくらしていて、大きな母性でも包み込んでくれそうでした。



【安念寺】
通称: いも観音(菩薩、如来系立像など)

長い間、土に埋められていたために朽ちたお姿になっています。世話方さんのお爺さんは観音さまを川で洗ったというのはリアルな話。

最近、県外からも観音さまを拝みに来る人が増えたせいか、観音さまのお顔がだんだんハッキリして来たそうです。



そのうちの一体の観音さまが、現在「高月観音の里民族資料館」に展示されています。(戦火をくぐり抜けたホトケたち 12/28まで)



【田中神社】
湖北町の田中という小さな集落にある神仏習合の神社です。こちらにも戦火をくぐり抜けた2体の観音さまがいらっしゃいます。観音さまは少年のような可愛らしい平安仏。総代さんと自治会長さんの人柄も優しくてナイスガイ!



【腹帯観音堂】
子授や安産にご利益があるとして全国から参拝者が訪れるという腹帯観音さま。藝大の展覧会で見学した人が子を授かったという連絡が何件も来てるとか…!観音さまは、想像していたよりも凛々しくて逞しいお姿でした。



なんとなんと、観音さまにお供えしていたお米をお土産にいただきました!ありがとうございます!感謝☆


大音千手堂の千手観音さま・岡本神社の十一面観音さまなど、まだまだお会いしたい観音さまばかりの湖北。。。

またいつか、湖北の観音さまにお会いできる日を楽しみに、GW明けも頑張って行きます!
スポンサーサイト

Tag:滋賀  Trackback:0 comment:1 

Comment

サンセット URL|
#- 2014.05.06 Tue14:26
はじめまして。
momococksさんの優しいお人柄と仏さんのお話、いつも楽しく読ませていただいています。湖北はとても興味深くいつか行ってみたいと思っています。
行った時ははご報告いたします。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。