京都/禅定寺 『藤原の仏像群と気になる大威徳明王』

若干迷いながらも無事に禅定寺に到着!

禅定寺は、寺伝によると東大寺の別当であった平崇が、平安中期に建立した華厳宗の寺院で、藤原氏とのつながりも深く多くの堂塔が建てられました。しかし、戦国時代には衰退し、江戸時代前期に禅定寺中興の祖とされている月舟(げっしゅう)が再興。現在は曹洞宗の寺院として信仰されています。

仏像群は外の収納庫ですが、まずは本堂から拝観します。


IMG_1485.jpg

お寺の女性に案内されて本堂の外を見ると、そこには大規模に描かれた釈迦の涅槃図が!
涅槃図を中心に、煩悩の数と同じ108に区別され、12歳から85歳のお年寄りがそれぞれ描いた仏画が取り囲んでいます。

お寺の方の説明があまりにも熱心で、写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました(笑)

それから説明は住職にバトンタッチされ、表の収納庫へ。

収納庫には3メートル近くある大きくて美しい十一面観音をはじめ

日光菩薩
月光菩薩
四天王
延命地蔵菩薩半跏像
文殊菩薩
大威徳明王

どれも藤原時代初期のもので大威徳明王以外は国指定重要文化財。

しかし、わたしは大威徳明王が一番好きかも知れません。


禅定寺 大威徳

牛ではなく象に乗った大威徳明王。
ちょっと可愛らしくて拍子抜けしてしまうあたりが魅力的です。

本尊の十一面観音さまは禅定寺創建当時からの本尊で、京都随一のものになるそうです。


images.jpg

四天王は顔の表情が豊かで、丸みがあり下半身がどっしりしています。
夏に訪問した奈良の大安寺でも同じような事を感じましたが、一木造りの良さがにじみ出ている仏像がいる、、、禅定寺はそんなお寺という印象を受けました。


予定では1日目の見仏はこれで終了です、、、しかし、まだ時間があるので未訪の観音寺へ行くことにしました。
みんなもう疲れている事は承知の決行ですよ!






禅定寺アクセス

〒610-0201京都府綴喜郡宇治田原町大字禅定寺小字庄地100/0774-88-4450

京阪宇治駅から禅定寺前(京阪宇治交通バス)…約35分
JR山城青谷駅から国立病院バス停及び維中前乗換え禅定寺前(京阪宇治交通バス)…約30分
近鉄新田辺駅から維中前乗換え禅定寺前(京阪宇治交通バス)…約40分

拝観料400円




スポンサーサイト
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:京都  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR