飛騨の円空 最終日!

「飛騨の円空」本日最終日でした!
最終日になってしまいましたが、見に行けて良かったと思います。

普段はなかなかお会いする事のできない飛騨の円空仏が、所狭しと並んでいました。

円空は、日本各地を巡って、天災や病で苦しむ人々に仏像や神像を彫って渡すなど、生涯で約12万体の円空仏を残したと言われています。そう聞くと、私が今まで拝観した円空仏はまだまだ一部にも満たないくらいなんですよね…

円空仏は、一家の守り神であったり、時には子供の遊び相手だったりと、お寺や神社だけでなく個人のお家にも多く残されているそうです。

いつでも民衆の身近で見守ってくださるありがたい仏さまですね。

千光寺の三十三観音立像が31体しかないのは、村人が自由に借り出して、病の際に枕元に置いたりしているうちに失くなってしまったのだそうです。



仏さまが行方不明なのは残念ですが、とても素敵なエピソードに感動します。この地方の方々が寄せる円空仏への深い信仰が伝わって来ました。

そして、仏の宿る木を少しでも無駄にしたくないという気持ちから、一つの丸太で複数の仏像を彫ったという、こちらの不動三尊さまは、三尊を向かい合わせると丸太の形になるそうです。



仏のこころを木に表し、魂を吹き込む円空はどんなお坊さんだったのでしょう?きっと人が好きな優しいお坊さんだったのではないかと想像します。


《私が特に気になった円空仏》

千光寺 金剛力士立像


会場の中央に、大木のように立つ金剛力士さまの後ろ姿を見てハッとしました。



木なんです!やっぱり大木なんです!
大木にハシゴをかけて彫り出したというこの金剛力士さまは、大木から仏の姿が浮き出たように見えました。


東山神明神社 柿本人麻呂像



これは、ちょっと怖いです。
百人一首の世界から飛び出して、木に柿本人麻呂の魂が宿った様を想像してしまいます(笑)


板殿薬師堂 薬師如来立像



この円空仏スマイルに出会うと、こちらも自然に笑みがこぼれます。平たくて大きな手は、多くの人々を救ってくださる仏さまの手を表しているのでしょうか。



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Tag:博物館・美術館などいろいろ  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR