山形/大日坊 『真如海上人』

湯殿山の宿坊「大日坊」で宿坊体験をしました!

大日坊に到着したのは夜の8:00頃でした。
辺りは真っ暗で、街灯もない山の中を車のライトひとつで登って行きます。すると、暗闇の中に山門を発見!どーんとそびえ立つ夜の山門は、少し不気味な雰囲気でした。。。

荷物を2階の部屋に置いて大広間に行くと、予想もしなかった豪華な精進料理が待っていたのです…!

DPP_0138.jpg

天ぷら、お豆腐、種類豊富な山菜の和え物、そして日本酒も!ボリューム満点でお腹も満腹!山菜の香りを楽しみながら自然の恵みを美味しくいただきました。ごちそうさまでした!

翌日は、早朝6:00からお務めが始まりました。


DPP_0140.jpg

ご住職がお経を唱え、参列者の名前を読み上げます。その後は護摩の祈祷が始まり、外陣に立つお坊さんが大きな錫杖をシャンシャンと鳴らします。

DPP_0144.jpg

そして、最後はご住職が参列者の頭上で大きな玉串を振るい、その後は法話もあり湯殿山の信仰や神仏習合の歴史などを知る事ができました。

法話が終わると、ついに即身仏さまとご対面です。真如海上人は日本でただ一人の即身仏として全国的にも有名なお方です。

上人は、229年前の8月14日96歳の年に入定されました。ミイラになるための化学薬品は一切使っておらず、近くでお姿を見れば毛細血管まで綺麗に残っているのが分かるそうです。それほどまで見事な即身仏になるためには、五穀断ち、十穀断ちの様な厳しい修行を成し遂げ、腐敗しない身体を作り、生きながらにして土中に入定して即身成仏されるそうです。弟子達によって3年3ヶ月後に掘り出された時には、究極の悟りを開いた即身仏となられ祀られるそうです。そして、眼病に苦しむ民衆を救おうと、自ら右眼をくり抜いて湯殿山に奉納したというお話も聞けました。

DPP_0149.jpg

DPP_0151.jpg

そんな懐の深い、慈悲深い真如海上人を目の前にして、自分自身を見つめ直したのでした。




《瀧水寺 大日坊アクセス》
住所:〒997-0531 山形県鶴岡市大網字入道11
TEL:0235-54-6301
JR羽越本線鶴岡駅から庄内交通湯殿山行きバスで45分、大網下車、徒歩10分
公式HP

拝観料:大人500円
宿泊料:8500円(祈祷料込み、お札付)
宿泊予約は1週間前まで、5名以上から可能(最大100名)


※こちらは、2013年2月に更新された生地です(^人^)


大きな地図で見る




にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

Tag:山形  Trackback:0 comment:4 

Comment

みっきぃLuciano URL
#LxeGJlGg Edit  2013.02.02 Sat01:07
湯殿山は凄く興味があるのでさっき調べたら

>宿泊料 8,500円(祈祷料込み、お札付)

護摩焚いてもらってお札もついてこの値段は魅力的(・∀・)

真如海上人は一度はお会いしたい仏さんです。
bonbonno URL
#- 2013.02.04 Mon16:00
宿坊、一度体験したいと思ってるんですよね
精進料理にもすごく興味があります。
また、朝のお務めを通して身も心も清らかに
なりたいです。。。
いやいや その欲こそ煩悩の塊。(反省w
momococks URL|
#- 2013.02.12 Tue21:03
みっきぃルチアーノ さん

お部屋もきれいだし、ご飯も美味しいし良かったですよ!
山の景色に囲まれて清々しかった!
momococks URL|
#- 2013.02.12 Tue21:05
bonbonno さん

夕食に日本酒が出て、ほろ酔いでしたw
精進料理がすごく美味しかったですよ!!ヘルシーで健康によさそうです。。。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR