京都/松尾寺 『慶派な宝物殿』

西国札所である松尾寺に行ってきました。
舞鶴市は昨年、多祢寺と金剛院を参拝しましたが、松尾寺は今回が初めての訪問でした!

国道沿いに見える「松尾寺」の看板が前から気になっていたのにも関わらず、今までは何となく通り過ぎてしまっていた松尾寺へ車を走らせます。

この時期は宝物殿がちょうど公開されている時でした。修復を終えた金剛力士さまや、快慶作の阿弥陀如来さまにお会いできるチャンスです。

まずは本堂をお参りします。
山門をくぐると石段の美しい風景がありました。秋に訪れたら紅葉がとても綺麗そうです…!

IMG_9068.jpg

IMG_9067_20121224201148.jpg

松尾寺の御本尊は77年に1度ご開帳されるという秘仏の馬頭観音さまです。2009年に西国三十三所の秘仏が一斉にご開帳されましたが、私はそのチャンスを逃してしまったので、馬頭観音様にお会いした事がありません…(涙)

松尾寺は、西国三十三所の中で、馬頭観音さまを御本尊として祀る唯一のお寺です。

この辺りは、若狭の中山寺と馬居寺にも秘仏の馬頭観音さまがいらっしゃいますね。青葉山の麓には、古くから馬頭観音さまの信仰があったのでしょうか。

本堂の中へ入ると、閉ざされたお厨子の中に、お前立ちの馬頭観音さまがいらっしゃいました。

IMG_9064.jpg

ありがたい事に内陣で拝ませていただけます。
お前立ちは、金箔が残る美しいお姿で、お顔の表情は「激怒!」と言った感じの怒り心頭の表情でした・・・
秘仏の御本尊さまはどんなお姿なのでしょう!?気になります!


宝物殿は春期と夏期に公開されています。
入ってすぐの所に、力強さのみなぎる慶派の金剛力士さまがいらっしゃいました。

そして、奥には静かに佇む快慶作の阿弥陀如来さま。像高89.1cm、鎌倉時代の作です。




阿弥陀如来さまは、若々しくハリのあるお顔立ちで、お肌もスベスベ!快慶作の仏さまは、キリッとした鋭い目つきが印象的ですが、こちらの阿弥陀さまの目もかなり鋭く凛々しい目つきがたまりません…!

それから、彩色の美しい地蔵菩薩坐像さまがいらっしゃいました。像高は82.6cm。



鎌倉時代初期の慶派仏師の作と言われているそうです。穏やかで美しいお地蔵さまにうっとり。。。

その他、孔雀明王さまや愛染明王さまの迫力ある仏画などもあり、なかなか見応えのある宝物殿でした。




松尾寺アクセス

〒625-0010
京都府舞鶴市字松尾532
0773-62-2900
JR松尾寺駅より徒歩で約50分
松尾寺口バス停より徒歩で約40分

宝物殿 800円(公開日を確認してください)




大きな地図で見る


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Tag:福井  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR