スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

福井/樺八幡神社『鳩!そして、悩ましい阿弥陀さま』

新宿から夜行バスに乗り、早朝の静かな福井駅に降り立ちました!

仏像ナイトvol.3にもご出演いただいた、Twitter菩薩こと朝日山福通寺のご住職である藤川みょうこうさんに案内していただきました。

福井市内から越前町を巡り、みうらじゅん・いとうせいこうの『見仏記・越前編』にも出ていた福通寺や八坂神社、日吉神社なども巡りました!

まず最初に訪問したのは、長閑な田舎風景の中に溶け込んだ樺八幡神社という小さな古社です。


IMG_8867_20121208221440.jpg

綺麗な藤模様の袴を着た宮司さんが、私たちの到着を表で待っていてくださいました。
ニコニコとした宮司さんの優しい笑顔がとても素敵で、今でもよく覚えています。

さっそく案内していただき、古拝殿に入ります。
須弥壇の戸をガラガラっと開けると、なんとビックリ!
平安時代の丈六の阿弥陀如来さまが静かに座っておられました!

IMG_8842_20121208221357.jpg

まさかこのスペースに、丈六の仏さまが祀られているとは思っていなかったので、かなり驚いてしまいました…!阿弥陀さまは頭部が大きく、ずっしりとしています。頭部から胴体までをカツラの一木で造られているそうです。

ここにいらしゃるのは 丈六の阿弥陀如来さまだけではありません。
その周りには、大日如来さまや多聞天さま、広目天さまなど、大勢の仏さまがいらっしゃいます。


IMG_8826.jpg

IMG_8827.jpg

IMG_8828.jpg

あれ?阿弥陀如来さまを少し遠目で見てみると、頭部が少し曲がっている事に気がつきました。

IMG_8837.jpg

如来さまなので悟りを開いておられるのですが…少し首を傾げて何か悩んでいるような、人間味のあるお姿に見えて、私たちの悩みも直接聞いてくれそうな親近感を感じました。

それから、古い趣の拝殿をお参りして辺りを散策!


IMG_8853.jpg

この八幡宮の扁額の「八」の字が「鳩」なのを見て、鎌倉土産NO.1の鳩サブレを思い出しました(笑)

IMG_8856_20121208221442.jpg

IMG_8859.jpg

その前に、鎌倉・鶴岡八幡宮の「八」の字も「鳩」ですよね!
遠い北陸の地で、地元の八幡さまと同じ鳩マークが見れるなんて・・・!
やはり、樺八幡神社に宿る神仏は私たちの身近にいてくださっているような気がします。





樺八幡神社アクセス

福井県福井市中手町20-27
0776-20-5367 (福井市教育委員会文化課)
北陸自動車道福井ICから国道158号を味見河内方面へ車で25km





大きな地図で見る



にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Tag:福井  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。