奈良/安産寺 『憧れの地蔵菩薩』

安産寺は高台にあり、そのすぐ下を近鉄大阪線が走っていました。
「三本松駅」からは徒歩7分ほどの距離です。


IMG_8121.jpg

IMG_8122.jpg

到着すると、安産寺の管理をされている洞出さんが私たちの到着を待っていてくださいました。
お地蔵さまのお話をする洞出さんの優しい笑顔は、今でも頭の中に思い浮かびます。私たちにお地蔵さまの素晴らしさを伝えようとすると、お地蔵さまを好きで好きでたまらならない気持ちが溢れ出てくるのでしょうね。

IMG_8124.jpg

安産寺の地蔵さまは元々は室生寺にいらっしゃったんだそうです。

現在、室生寺金堂に祀られているお地蔵さまの光背は大きくてサイズが合わないのですが、安産寺のお地蔵さまとはピッタリ合うそうなのです。以前、東京国立博物館に安産寺のお地蔵さまがいらっしゃった時は、その光背を後ろに掲げて、それはそれは神々しいお姿であったと洞出さんは言います。いつも洞出さんの身近にいるお地蔵さまでも、その日ばかりは神々しいあまりに後ずさりしてしまったそうです。


IMG_8125.jpg

「子供の頃からずっと一緒にいるお地蔵さまなのに・・・」と、東博でのエピソードをお話してくださったのですが、洞出さんのようなご高齢の方がその様におっしゃると、そんな昔からこんなに素敵なお地蔵さまと共に過ごして来たのか・・・と、羨ましく思ってしまいます。

ついに私もお地蔵さまとご対面です!

IMG_8131.jpg

収蔵庫が開け放たれた瞬間、お地蔵が放つオーラに圧倒されてしまいました。
写真で見たお姿のイメージを遙かに超えた尊像がそこに立っておられるのです!若々しく端正なお顔立ちに、菩薩でありながらも全てを悟っておられるような眼差し。


安産寺地蔵

私は、お地蔵さまを見上げると自然と涙があふれ出してしまって、その涙を隠すのに必死でした。ひとりで訪れていたら絶対に号泣していたと思います(笑)

お地蔵さまは平安初期の一木造りで、像高177.5cm。
腕に巻き付いた衣と美しい漣波式衣文がとても魅力的です。それだけではなく、横からお姿を見た時の重量感も素晴らしい!見事な造形美に圧巻です・・・お地蔵さまの持つ美しさは実際に目の前で拝見しないと伝わらないと思います!!

このお地蔵さまは生きています、仏そのもの。。。
こんな出会いがあるから、いつまでも古仏巡りがやめられないのです。この日は、もうすでに旅が終わったかの様に心が満たされてしまったのでした。



安産寺アクセス

奈良県宇陀市室生区三本松中村2932
近鉄三本松駅徒歩7分

拝観予約
中村自治会管理
観光課に電話をして管理の方の連絡先を教えていただきました。

IMG_8123.jpg


大きな地図で見る





にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:奈良  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR