高月観音の里ふるさとまつり(尾山釈迦堂・己高閣世代閣・石道寺・保延寺阿弥陀堂)

8月5日(日)

AM08:09 高月駅到着!

毎年8月の第一日曜日は『高月観音の里ふるさとまつり 』が開催され、普段はのんびりした高月駅もこの日は観光客で賑わいます。今年は友人と一緒に巡り、その他大勢の仲間が集まって打ち上げまで開催されました!

今年もまた巡回バスのチケットを購入(1000円)し、いざ出発!!
巡回バスは3つのコースで分けられ、30分ごとに運行します!

なんと全員乗り切れず、バスがもう1台追加されるほど朝一からバスが満員でしたー!

2012年 ご開帳された寺院はこちら

【Ⅰコース】

08:30 高月駅 発

08:45 尾山釈迦堂 着


尾山釈迦堂

今年も尾山釈迦堂からのスタートです!
釈迦堂の大きな2体の仏さま。

IMG_9455.jpg

穏やかなお顔の釈迦如来さまと、端正なお顔立ちの大日如来さまが並んでいます。

IMG_9467.jpg

お釈迦さまはお母さんみたいな優しさがあって、大日如来さまは「イケメンだ!イケメンだ!」と、世話役のおじいさんが話しかけてくれて和みました(笑)

IMG_9468.jpg

その他、堂内から発見されたという、大日如来さまの修復前の耳や手などもガラスケース越しに見学することができます。

09:15 尾山釈迦堂 発

09:21己高閣・世代閣 着

己高閣

己高閣の中央には、鶏足寺の御本尊である平安初期の十一面観音さまがいらっしゃいます。小浜・羽賀寺の十一面観音さまのようなエキゾチックな美しさを持つ観音さまです。

1_20120815201554.jpg

その脇には、胴周りの太い量感溢れる立像の不動明王さまと、動きが控えめの毘沙門天さまがいらっしゃいました。

そして、館内の端には七仏薬師さまが並んでいました。
七体薬師如来さまは、お顔だけでなく衣紋の表現や手足までもが違い、それぞれの個性が光っていました。

己高閣の仏さまで特に印象深いのは、兜跋毘沙門天さまです。

2.jpg

両腕がなく、目の彫刻もないのですが、不思議なことに表情がとても豊かで、私たちに何かメッセージを伝えているようなオーラを感じるのです。この様な仏さまに会うたび、なんだか不思議な感覚に陥るのです。

世代閣

世代閣は、一歩中へ足を踏み入れた瞬間、思いがけない仏ワールドに驚いた友人が、とっさに後ずさりしていた姿が忘れられません(笑)

IMG_9474.jpg

滋賀県で最も古いという奈良時代の薬師如来さまを中心に、日光・月光菩薩さま、そして平安後期の十二神将と奈良時代で木芯乾漆造りの十二神将(3体)、持国天と多門天、美しい魚藍観音さま、そして霊木で造られたお地蔵さまなど、いっぱい!!とにかくいっぱいです!!

奈良時代の薬師如来さまは、像高180cmで楠の一木造りとの事ですが、下半身の太さがもの凄い迫力です!

4_20120815201551.jpg

そして、こちらの魚藍観音さまはおっぱいがふっくらとしていて、見ていると何だか恥ずかしくなってしまいますね・・・(笑)
3.jpg


■ 09:51 己高閣・世代閣 発

09:56 石道寺 着


石道寺

やっぱり今年も石道寺は外せません!

時間が経つにつれてジワジワと気温も上がり、バス停から石道寺までの道のりが余計に遠く感じます。バスで一緒になったオバちゃんと楽しくお話をしながらてくてく歩いていきました。

IMG_9477.jpg

やはり石道寺は人気で、お堂の中には大勢の参拝者で賑わっていました。
厨子の前に懐中電灯が置いてあり、順番に観音さまを照らして拝観します。仏さまを照らすことに慣れていないのもあり、しかも、相手が石道寺の観音さまだったので、ちょっと緊張してしまいました・・・

石道寺


10:26 石道寺 発

10:35 保延寺阿弥陀堂


保延寺阿弥陀堂

先ほどの石道寺の賑わいとは打って変わって、阿弥陀堂に着いたら私たちの他に参拝者はおらず、とっても静かな境内でした。

IMG_9480.jpg

お厨子の中に、和やかな雰囲気の阿弥陀如来さまが3体並んでいます。
湖北の仏さまは皆優しいお顔をしているので、拝すると心が浄化されるような気がします。

IMG_9487.jpg

IMG_9485.jpg

優しい仏さまに囲まれて、静かなお堂で汗をぬぐい、次は渡岸寺へ向かいました。

(つづく)
スポンサーサイト
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:高月観音の里ふるさとまつり  Trackback:0 comment:2 

Comment

bonbonno URL
#- 2012.08.16 Thu18:45
こんばんは

兜跋毘沙門天さま、両腕がなく
だいぶ傷みが進んでいますが
すごい存在感ですね
写真で見ても惹きつけられます。

すばらしい仏さまとの出会い
いい見仏してますねw
momococks URL|
#- 2012.08.16 Thu23:29
bonbonnoさん

こんばんわ!

兜跋毘沙門天さまの存在感はすごかったです。
そうゆう雰囲気の仏さんとの出会いを求めて見仏に行くのかも知れません。。。

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR