スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

奈良/大安寺 『天平仏 楊柳観音さま』

奈良見仏ノープラン2日目の続きです。

ノープランだったのですが、リニューアル後初の唐招提寺には絶対行こうと決めていたので、なんとなく西ノ京方面へ向かいます!

その前に大安寺へ寄り道をしました。


大安寺の歴史は古く、聖徳太子が創建したと伝えられています。
南都七大寺、かつては東大寺や興福寺と並ぶ大寺院だったそうです。南都七大寺のなかでも、七重塔が建っていたのは東大寺と大安寺のみであったとのこと。平安時代以降から衰退の道をたどり、火災などで主要な建物が焼失してしまったそうです…

IMG_0421.jpg

さて、さっそく本堂へ入ります。
すると、リラックスした雰囲気でお坊さんがPCをカチカチしていました。
お坊さんがPCを使っているのは少々違和感があります(笑)

大安寺のご本尊は天平時代の十一面観音で、毎年10月1日~11月30日までご開帳される秘仏なのですが、、、少し身を乗り出すと横からお姿がばっちり見えてしまいます。少々の罪悪感を抱きながらも、しっかり目に焼き付けて本堂を出ました(笑)

そしていよいよ宝物館へ。

宝物館はまさに天平仏の宝庫。。。あの有名な楊柳観音さまがいらっしゃいます。

優しいお顔立ちの不空羂索観音を中心に四天王(広目天は出張中)、聖観音そして楊柳観音。

0105-ph-fuku.jpg

どのお方も良い雰囲気で一木のウッド感を出しています。
どっしりとした重量感を持ちつつも、衣文が細かく表現された天平仏らしい仏さま。
こんなに近くで天平の素晴らしい仏像群にお会いできるのは、まさに贅沢空間!!


IMG_0640.jpg

楊柳観音は口を開けていて何かを叫んでいるように見えてしかたありません。皆さんは何て叫んでいるように見えますか!?シンプルに「コラーッ!」とかでしょうか(笑)
わたしは他のお方にもセリフをつけてひとり妄想を楽しんでいました。

それにしても、夏の宝物館は暑いですね!
仏像たちも熱くないか心配です。
  

次は唐招提寺へ向かいます。




大安寺アクセス

奈良市大安寺2-18-1/0742-61-6312
JR・近鉄奈良駅より
大安寺行・シャープ前行・白土町行
大安寺バス停下車徒歩8分

拝観料400円






スポンサーサイト
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:奈良  Trackback:0 comment:4 

Comment

みっきぃ URL|No title
#- 2010.09.12 Sun03:13
儂も締め出し何回食らったことかw
しかしmomoさんはあれですな、アクティブですな!(・∀・)
momococks URL|No title
#- 2010.09.16 Thu03:19
>みっきぃさん

お寺の締め出しちょっと寂しいですよね。

早く帰れモード全開だと。。。

関西はなかなか行けないので、いつもガッツいてしまうのですよw
愛宕 URL|No title
#- 2010.09.23 Thu11:23
私が行った時の大安寺の住職は、自分のところよりも向源寺の十一面観音のほうを熱心に説明してくれました。
momococks URL|No title
#- 2010.09.23 Thu22:07
>愛宕さん

コメントありがとうございます。住職は向源寺の十一面好きなんでしょうね。さすが日本一の十一面観音!
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。