静岡/摩訶耶寺 『湖北の平安仏』

更新が遅れてしまいましたが、再び静岡の続きです!
2012年は静岡市の鉄舟寺、西楽寺からはじまり、浜松市の摩訶耶寺までやってきました~!摩訶耶寺は浜名湖の北側にあり、横に長~い静岡県の端っこの三ケ日町にあります。

この辺りは奥浜名湖と呼ばれ、近くに古寺が密集しており、湖北五山として摩訶耶寺の他に宝林寺、龍潭寺、方広寺、大福寺などがあります。


IMG_7115.jpg

今回は時間の関係ですべて巡ることはできず残念ですが、また浜松を訪れる理由ができましたよ(笑)次回はうなぎや三ケ日みかんもね…!

本堂の入口でご住職に拝観料を手渡し中へ入ります。
仏さまは本堂から続くお隣の収蔵庫にいらっしゃいました。

中へ入ると説明のテープが流れます。
収蔵庫には三体の仏さまが祀られており、どの仏さまも平安生まれです。

まず始めに、入口近くにいらっしゃる不動明王さまを拝みます。
こちらの不動明王さまは平安末期の一木造り…なんと言っても木目が美しいんです。

不動

木目が筋肉の流れに合っていて、胸元だけでなく肘やスネまでピッタリです。
手足が細いので、正面から見ると細身のお姿に見えますが、横の厚みはダイナミックで力強さがありました。それもそのはず、こちらのお不動さまは浜名湖の波切り不動明王さまなんですって。

そして、中央に居られるのは阿弥陀如来さまです。お体の方は痛みが見られますが、お顔は綺麗に残っていて、耳の辺りに金箔が残っているのがわかります。鼻筋の通った美しい阿弥陀さまでした。

そのお隣には藤原時代の千手観音さまがいらっしゃいました。お顔が丸くふくよかな観音さまだなぁ…と思って見つめていると、頭上の化仏さまがいくつか取れてしまっている事に気がつきました。


sennjyu.jpg

元々の丸いお顔がさらに引き立って、観音さまの優しさがお顔から滲み出ているように感じました。

最後に、ご住職の案内でお庭へ移動・・・!
摩訶耶寺の庭園は鎌倉初期に造られた古いもので、この時代を代表する素晴らしい庭園と言われているそうです。

IMG_7112.jpg

IMG_7102.jpg

このお庭にいると、真冬の透き通った空気がいつもより美味しく感じました。春はしだれ桜がとっても綺麗に咲くという事でなので、今年の春も多くの参拝者で賑わったのでしょうね…

IMG_7108.jpg




摩訶耶寺アクセス

〒431-14 静岡県引佐郡三ヶ日町摩訶耶421/(053)525-0027

・東名三ヶ日インターから車で15分
・東名ハイウェイバス三ヶ日バス停から徒歩10分
・天竜浜名湖鉄道三ヶ日駅から徒歩35分
・浜松駅からバス三ヶ日行き、三ヶ日バス停から徒歩30分

拝観料 300円





大きな地図で見る



にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:静岡  Trackback:0 comment:2 

Comment

もぐじ URL|五山
#jLPUDwMM Edit  2012.04.20 Fri19:19
全く知らずに浜松に行って、宿泊先で五山のパンフレットを見つけました。

このお寺が近かったので寄りました。

静岡県も伊豆地方には素晴らしい仏像があることは知っていましたが、西にも見るべきお寺があるのかと再評価しました。

GWに愛知県の滝山寺で御開帳があるようなので、何箇所か行けたら行きたいなと思います。
momococks URL|こんばんわ
#- 2012.04.20 Fri23:41
もぐじさん

滝山寺!
行ってみたいです~!

金沢文庫の運慶展に来ていた、滝山寺の帝釈天さまをよく覚えています。

もぐじさんのレポ楽しみにしてますね^^
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR