MuséeGuimet 東南アジアの神仏①

フランス国立ギメ 東洋美術館の続きです!
フランス語も英語も得意ではないので詳しいレポートはできませんが…と、とりあえず、写真を!!




まずは、入ってすぐのエントランスホール!
ここにはカンボジアの神々がぎっしり~

f2522112.jpg


入って右手にいらっしゃった仏陀像は薄ーい法衣を纏っています!ピタッと!

f2512448.jpg


こちらはビンドゥ-教の3大神であるシヴァ・ヴィシュヌ・ブラフマーの頭部が展示されていました。帽子を被っているのか、帽子のような形の垂髻なのか…?

f2529152.jpg


馬っ!
馬の神様でしょうか・・・馬頭神!?

File0683.jpg


象っ!
…ではなくガネーシャですね!ずっしりと佇んでいる様子です。

File0685.jpg


そして、こちらはヒョロリとした菩薩さまのようです。
掌にある丸いものは一体なんでしょう!?

f2563392.jpg

f2571904.jpg


お隣の部屋はタイの神仏!
衣服の装飾が細かく煌びやかです・・・

f2594752.jpg

シヴァ神登場!!

f2580608.jpg


こちらはミャンマーの仏陀像です!
弾むような衣紋の流れが素敵♪

f2589696.jpg


そしてインドネシアビルマの神仏!
美しい十臂の菩薩像は少し日本の仏さまに近い雰囲気です!

f2640960.jpg


この像はどなたでしょう・・・?
親指出してGood!!

f2612992.jpg

f2635520.jpg


こちらの2体はベトナムですが、中国にいそうな観音像です。

f2650176.jpg

カルラが肩車!

f2657856.jpg


アフガニスタンの仏陀像は、またさらに違った雰囲気ですね!
日本のお釈迦様とは顔つきがだいぶ違います・・・

f2844864.jpg

f2840256.jpg




それぞれの国の違いを見比べると面白いですね・・・
しかし、私はヒンドゥー教の神々や海外の仏教美術の知識が乏しいので、謎だらけの美術館鑑賞になってしまいました(汗))これから復習を兼ねて勉強していきます!!
そして皆様に教えていただきたいです^^



次はインド、ネパール・チベット、中国!




にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:フランス国立ギメ東洋美術館  Trackback:0 comment:2 

Comment

bonbonno URL
#- 2011.12.03 Sat09:56
おはようございます。

仏教・仏像がインド発で東南アジアに広がっていった
歴史を見ることができますね。
それにしても国によって仏像の雰囲気が全然違うんですよね。
それもアジアの仏像を見る楽しみでもありますがw
momococks URL|
#- 2011.12.05 Mon15:18
bonbonnoさん

東南アジアの仏像はそこまで興味がなかったのですが、これを機に興味が湧きました!!
ヒンドゥーの神々の事ももっと勉強しなければ…!なんて思ってます♪
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR