スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

浄光明寺×『鎌倉×密教 』

11月13日(日)
仏像部の仲間と鎌倉へ行って来ました~!

鎌倉の信仰といえば、禅宗や浄土宗、日蓮宗のような鎌倉新仏教のイメージが強く『鎌倉×密教』というタイトルの展覧会は私にとって大変興味をそそるものでした。

しかも、広告の不動明王さまがカッコイイんです!なんと、このお方は明王院の不動明王さま!ずっと前からお会いしたかった仏さまです~!

mikkyo-poster.jpg

なに?なに?修禅寺の大日如来さまにも会えるの!? これは絶対に行かなくては…

今秋の鎌倉はそれだけでは ありません!
なんと、通常非公開となっていた浄光明寺の愛染明王さまと不動明王さまが公開されているんですよ…!

am11:00
鎌倉駅へ到着すると、溢れんばかりの人混みに圧倒されながらまずは浄光明寺に向かいました。

浄光明寺は、阿弥陀堂(仏殿)に弥勒如来さま、釈迦如来さま、阿弥陀如来さまの三世仏が祀られています。

IMG_5959.jpg

IMG_5952.jpg

そして、お隣の収蔵庫にいらっしゃる本尊の阿弥陀三尊さまが、東博で開催されている『法然と親鸞 ゆかりの名宝』にお出になられていて、その留守の間に愛染明王さまと不動明王さまが収蔵庫でお参りできるのです!

中央に愛染明王さま、向かって右手に不動明王さま、そして左手にはいつも奥の方でお姿を拝観しにくかった矢拾い地蔵さまを、今回は近くで拝する事ができます。

不動明王さまは、京都八坂の五重塔が皇居の方へ傾いた時に、祈願して元に戻ったという伝説をもつ不動明王さまで、「八坂不動明王」と呼ばれているそうです。やや細身ですが等身大くらいの大きさで、小さな矜羯羅童子と制迦童子を従えています。

そして、中央の愛染明王さまは厨子の中に居られます。50cm~60cmくらいの大きさで均整の取れた大変美しい像でした。私達が注目したのは愛染明王さまの服!

膝元を見ると裙の上からシフォンスカートの様な腰布を巻いていて、その端の部分が波打つように裏返り、ヒラヒラと動きを見せています!!『これは鎌倉特有の表現らしいよ…』と、nihhiさんが教えてくれました。

なんたるお洒落さ…!!
鎌倉の仏さまは衣紋の表現が複雑だったり、裾が台座まで垂れ下がっていたりと、中国宋代の仏画を元に造られた法衣垂下式のお像を多く見かけますが、このヒラヒラした着こなしに気づいたのは初めてでした!




さて、鎌倉国宝館へ到着!!

IMG_5964.jpg

ここにも、あそこにもカッコイイ不動明王さま!ワクワクしながら館内へ入ります~

IMG_5965.jpg

すると、いきなり修禅寺の大日如来さまが登場!! いつも遠くから目をかすめてお姿を観ていた大日如来さまが目の前に…!

jihou-3.jpg

大日如来さまは実慶の作で、ほぼ等身大の仏さまです。お顔は少し大きめでハリがあり、腕や足なども逞しく、力強さを感じさせる像でした。まるで生きているかの様なあの独特の雰囲気はどこから出ているのでしょうか…遠くを見据える眼差しがとても印象深く、目を瞑ると今でも大日如来さまのお顔がふわっと浮かんで来るほどです。

続いて、明王院の不動明王さまー!カッコイイですね…本当に!

写真 (1)

優しくて、美しい忿怒相に均整の取れた身体つき… 胴の厚みも十分にあり、横から見たお姿からは、さらに力強さを感じることができます。

そして、この外はねヘア!!

写真

この不動明王さまは肥後定慶の作とされ、あちらこちらへ波打った衣紋がとっても素敵です!
鎌倉地方でよく見られる、台座まで垂れ下がった法衣垂下式の先駆けとなったのがこの不動明王さまだそうです。

写真 (2)

衣紋と言えば、先ほど浄光明寺の愛染明王さまのヒラヒラとした腰巻のような衣の話をしましたが、国宝館でも同じ表現の仏さまに会う事ができました!


五島美術館 愛染明王坐像のヒラヒラ
写真 (4)


青蓮寺 愛染明王坐像のヒラヒラ
写真 (3)


興福院 普賢菩薩坐像のヒラヒラは、お寺で拝観した時は気が付かず今回の展示で気が付きました。
写真 (5)

ヒラヒラ・・・って(笑)

最近は、仏さまがどんな服装をして、どんなヘアスタイルをしているのかが気になっています。
実際にヘアスタイルを作ってみたり、色々してみようかと・・・
まだまだ勉強が足りず、専門的な事は全く分らないのですが、徐々に知識を増やして追いかけて行きたいと思っています!!!


鎌倉国宝館
「鎌倉×密教」11月27日まで
http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kokuhoukan/


大きな地図で見る





浄光明寺 
鎌倉市扇ガ谷2-12-1 ・TEL 0467-22-1359

水、土、日、祝 (雨天、多湿拝観不可)
10:00~12:00 13:00~16:00
拝観料200円

※愛染明王・不動明王 特別公開 12月4日まで


大きな地図で見る







にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村







スポンサーサイト
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:鎌倉  Trackback:0 comment:2 

Comment

グルーシェニカ URL
#F4mscU5. Edit  2011.11.18 Fri01:31
ヒラヒラw
あたしも髪型真似してみたいです♡
前、金沢文庫でみた不動明王が前髪おろしててイケメンでした。
momococks URL|
#- 2011.11.18 Fri01:43
グルーシェニカさん

前髪下ろしたお不動さんですか!w

金沢文庫はまだ行ってないので楽しみにしてます!またヒラヒラ観れるかなww
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。