スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

福井/常禅寺『大島半島の波切不動』

青戸の大橋を渡り、大飯町の大島半島までやって来ました~!!

IMG_4969.jpg

大島半島はその昔、奈良大安寺の荘園だったそうです。そのため半島全体にも多くのお寺が点在しており、平安~鎌倉にかけての仏さまが大勢いらっしゃいます。中でも常禅寺清雲寺長楽寺には6体もの国の重要文化財に指定された仏さまが祀られています。

大島半島でまず最初に訪れたのは常禅寺です。常禅寺には藤原時代の不動明王さまが祀られています。私がこの大島半島の仏さまを知るきっけとなったのがこの不動明王さまなんです。

仏像ファンなら一度は目にした事があるかも知れません…学研ムック・神仏のかたち『不動明王』


4054034233.jpg

http://hon.gakken.jp/book/1860363400

この本の表紙を飾るこのお不動さん!とってもインパクトありますよね…!そう、このお方に会いたいと思い、常禅寺の事を調べたのがきっかけでした。

お寺は無住で、近くに住む漁師さんが管理されているとの事。その漁師さんと何度か直接やり取りをし、やっと都合をつけてお参りさせていただく事ができました。

5分くらいすると、管理の方が現れて、ついにお堂の鍵を開けていただきます!ドキドキ…

IMG_4954.jpg

そこに居られたのは、写真の通りのお不動さん!!!表面が剥落している様子ですが彩色がよく残っています。京都東寺の不動明王さまにならった様式で、よく似たお姿でした。

IMG_4957.jpg

IMG_4956_20111027225522.jpg


お不動さんの放つオーラがあまりにも凄過ぎて、しばらくボーッと見つめてしまいました。

近年まで、このお堂から見えるお向かいの山の中腹付近にあったお寺に祀られていたんだそうです。このお不動さんは、ずっと昔から現在も、漁師さんの安全を見守る波切り不動さまなんですね~!

IMG_4959.jpg

『最近は仏像の盗難が多いみたいだけど自分たちで守って行くしかない』そう語る漁師さんの熱い想いがお堂の中に漂っている感じがしました。

お堂の外へ出ると、何かが私の前を横切りました!!!

わっ! 鹿!! バンビ!!!

IMG_4963.jpg

動物園と奈良以外で鹿に会ったのは初めて!!
大はしゃぎの私を見て、ずっと眉間にシワを寄せていた漁師さんが、ついにクスクスと笑い出したのでした(笑)




常禅寺アクセス

〒9192101 福井県大飯郡おおい町大島114-1/0770-77-1483
舞鶴若狭自動車道小浜西ICより舞鶴方面に約4km
JR若狭本郷駅よりバスで約5分

拝観料500円(拝観要予約)

拝観の予約は、観光協会経由で管理人の携帯番号を教えていただきました
http://www.wakasa-ohi.jp/map/culture.html



大きな地図で見る


スポンサーサイト
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:福井  Trackback:0 comment:2 

Comment

まいこー URL|うわー
#- 2011.10.27 Thu23:54
学研の神仏のかたちシリーズ大好きです~
高校の時読んだなぁ!

あの迫力のあるお不動さまは、こちらにおられるのですね(ノ´∀`*)
福井も魅力的な仏像さまがたくさんおられますねっ!
momococks URL|
#- 2011.10.29 Sat21:05
まいこー

あのシリーズはとっても勉強になるよね~!
しかも写真多めでありがたい^^

このお不動さん、凄いオーラだったよ~!!!

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。