静岡/桑原薬師堂 『不思議な薬師如来さま』

前回の伊豆見仏で断念した桑原薬師堂。どうしても参拝したくて、急遽伊豆のひとり旅を決行!

桑原薬師堂
函南駅から約2km、山の中にひっそりと佇む長源寺というお寺の敷地内にあります。


IMG_6043.jpg

IMG_6036.jpg

お堂の中へ入ると、ご住職の奥さまが
『こんな遠い所までようこそお越しくださいました』とお茶を出してくださいました。

『暑いから涼んでいって下さいね』『疲れただろうから、お昼寝でもしていってください』

なんと、いきなり有難いお言葉のオンパレ-ド。

桑原の地には、817年に建立された新光寺という七堂伽藍をもつ大寺院があったそうで、その新光寺や子院に関連する様々な仏像が祀られています。

阿弥陀如来及び両脇侍像(実慶作)
薬師如来坐像
十二神将立像
聖観音立像
地蔵菩薩立像
毘沙門天立像

これらの仏像群の中でひと際存在感を放っておられるのは薬師如来さまです。
平安中期の仏像の特徴がよく表現されており、堂々とした出で立ちと凛としたお顔がとても魅力的です。

薬師如来さまは大きな厨子に入っており、昔は60年に一度の秘仏でしたが、町人や文化庁の依頼で今では土日のみ開放するようになったそうです。それからというもの、『敏感な人』『感の良い人』がこの薬師さまに引き寄せられてやってくると言います。

わたしはその『感』が良い訳ではないのですが、薬師さまに引き付けられるかのようにしばらく観入ってしまいました。。。

そんな不思議な話を聞きながらゆっくりと時間が過ぎて行きました。。。
全て開放された薬師堂からは桑原の町の風景が見えて、風通しも良く気持ちが良い。。

最後に、オルガンで賛美歌を披露するから聴いて欲しいとの事で、住職の奥さまが1曲弾いてくださいました。
お堂の中で、仏像を眺めながら賛美歌を聴くというのはまさに不思議体験です!

桑原薬師堂は、わたしの中で不思議寺という位置づけに…

1年半後には、町に仏像を展示するための施設ができ、そこへ全ての仏像が移されるとのこと。
その前にまた来れるといいな






アクセス:住所 〒419-0101 函南町桑原592
     TEL 055-978-5675
     駐車場 あり
     JR函南駅から車で5分

拝観日:毎週土日 10:00~16:00
拝観料:志納










スポンサーサイト
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:静岡  Trackback:0 comment:1 

Comment

みっきぃ URL
#- 2010.08.02 Mon20:54
寺で賛美歌とは。儂はそういうの嫌いじゃないですねー。
バリバリの祈祷寺の住職の住まいに、クリスマスツリーが飾ってあるのを見て和んだ経験があります(笑)
まぁ無理でしょうが、儂の夢はサンピエトロ大聖堂で御加持をすることなんで(笑)
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR