京都/安国寺 『釈迦三尊と子安地蔵』

安国寺は佛南寺から車で15分ほどの所にありました。

IMG_4706.jpg

車でなければ、景色を楽しみながら山門まで続く長い石段を登って行くのも良いかも知れません。

安国寺はなんと、入山無料で仏さまを拝する事ができます。
ただし、それはお堂の外から。もしかしたら当日でも申し出ればお堂の中で拝観させていただけるのかも知れませんが(?)わたしは前もってお電話をしておきました。


IMG_4717.jpg

堂々とした立派な禅宗様式の仏殿の中を覗くと、円派仏師・豪円作の釈迦三尊像が祀られていました。想像していた仏さまよりも大きくて、存在感たっぷりです!

お堂の中へ入ると「ガサッ」と大きな音がして、真っ黒いコウモリがパタパタと…!しかもビッグサイズ!!どうやらこのお堂はコウモリのお家になっているようです(汗)

ご本尊の釈迦如来さまは宝髻を結い上げて宝冠を被り、胸元にも豪華な装飾!フッと天から舞い降りた様なとても優雅な雰囲気を持つお釈迦さまです。創建当時の煌びやかな色彩が施されたお姿を想像してしまいます。

IMG_4714.jpg

IMG_4726.jpg

脇侍の普賢菩薩さまと文殊菩薩さまも気品に溢れ、大変美しいお姿をされていました。。。

そして、奥の方でひときわ存在感を放って居られたのは平安時代の大きなお地蔵さま!その存在に気づいた瞬間、思わず駆け寄ってしまったほどです。

厨子の中で片足を下ろし、ちょっと窮屈そうに坐って居られました。

IMG_4724.jpg

それにしても、大きなお地蔵さまが、道端のお地蔵さまのような帽子を被っているお姿を観たのは初めてです。失礼ながら、初めはちょっと違和感があったのでご住職に尋ねてみると…

このお地蔵さまは、足利尊氏の母である上杉清子が祈願したところ、尊氏を7日で授かり、無事に安産をしたと伝わる子安地蔵さまなんだそうです!

大河ドラマを放映していた当時は、全国から沢山の参拝者が訪れたそうですよ。そんな歴史的なエピソードのあるお地蔵さまだったんですね…




安国寺アクセス

〒623-0104京都府綾部市安国寺町寺ノ段1/L0773-44-1565
JR 舞鶴線「梅迫」より徒歩15分
京都縦貫自動車道「綾部安国寺IC」より車で3分

拝観料志納



大きな地図で見る



にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:京都  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR