静岡/新光明寺別院 『ビルの上の阿弥陀如来さま』

新光明寺別院は、宝台院から歩いて10分、丸井などのデパートや百貨店が立ち並ぶ繁華街を通り、静岡駅からほど近い所にあります。

それがなんと・・・ビルの7階にあるお寺なんです!


s-ビル寺

エレベーターに乗って7階まで上がります。インターホンで拝観の約束をしていた事を告げ中へ入ると…
おっと!いきなりもの凄いオーラを放った阿弥陀如来さまのお姿が観えました。

s-しょうめん

他の皆もおそらくそのオーラを感じとったのか、近代的なお堂の中はザワザワとしています。

『この阿弥陀さまはいいねぇ…』

一目観てこの阿弥陀さまの魅力に惹きつけられてしまいました。


s-あおり

先ずは座ってご住職のお話しを聴きます。

阿弥陀さまは宝台院の白本尊と同じく、快慶の作と言われています。
その粒々とした若々しい雰囲気から、おそらく快慶が駆け出しの頃の作品ではないかと言われているそうです。

そしてとても興味深いのは、玉眼を固定する為にバネが使用されており、もしこのバネが創建当時の物であれば、日本最古のバネという事になるそうで、『日本バネ学会』も驚いたというお話しをして下さいました。

s-IMG_2842.jpg

そして、阿弥陀さまの印相を観てみると…右手の人差し指ではなく中指で結んでいるのが珍しいとの事。これは仏教において克服すべき三毒(3つの煩悩)貧(とん)・瞋(じん)・癡(ち)を示し、中指で結んでいるので瞋(じん)「怒りを抑える」と言う意味であると、先代のご住職がおっしゃっていたそうです。

s-あおり 

お話しの後、阿弥陀さまを間近で拝観させて頂きました。

『ドキドキ…』

この阿弥陀如来さまの最大の魅力は、切れ長の目だと思います。正面で見上げても、側面からでも、どこまでもこの切れ長の目がわたしの事を追いかけている様な気がしてなりません。

仏像は観る人の心情や、観る角度によっても様々な表情を感じる事ができます。

s-よこ

わたしは仏像が魅せるその様々な表情こそが、仏さまが発信するメッセージであると感じるのですが…この阿弥陀さまは、まさにその様な仏像の魅力を持ち合わせたとても素敵な仏さまでした!

次はラスト、木喰仏の泉秀寺へ向かいます。



新光明寺別院アクセス

静岡県静岡市葵区伝馬町11-3/054-253-6231
静岡駅徒歩3分

拝観料なし(事前連絡)


にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:静岡  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR