FC2ブログ

瑞林寺 静岡県富士市 /  慶派の大師匠“康慶”により、命を吹き込まれた地蔵菩薩さま

Twitterで知り合った仏像好き仲間が集まって、静岡のお寺巡りをしてきました。

この日は青春18切符の旅。
朝早く東京駅に集まり、東海道線を乗り継いで2時間半…先ずは富士市の瑞林寺へ向かいます。

富士駅からグループこどに分かれてタクシーで向かいました。車内で話が盛り上がり、あっという間に到着です。

s-瑞林寺 山門

瑞林寺には、慶派の凛々しいお地蔵さまがいらっしゃいます。以前からずっとお参りしたいと思っていたのですがなかなかタイミングがなく、念願叶っての拝観となりました。

瑞林寺は17世紀の1674年に創建された黄檗宗のお寺です。山門をくぐり山道を抜けると正面に本堂があり、右手に鐘楼、左手に毘沙門堂があります。

境内の桜は東京の桜よりも開花しており、瑞林寺の境内を色鮮やかにしていました。

s-瑞林寺 桜

ご本尊の地蔵菩薩さまは本堂の裏側、池の向こうにある大願王殿にいらっしゃるようです。

s-zui.jpg

ひと足遅れて到着。
すると、小さなお堂の真ん中に堂々たるお地蔵さまのお姿が!!
鎌倉時代の名仏師・運慶のお父さんにあたる“康慶”の作で、平安時代末期の地蔵菩薩さまです。

s-地蔵

像高は84.4cmとほぼ等身大。丸みを感じさせながらも引き締まったお身体は、重量感と共に男性的な力強さを感じさせます。

地蔵菩薩のつるっとしたシンプルなシルエットと、変化して流れる衣文のコントラストがとても美しく、しばらく魅入ってしまいました。

康慶は実際にお地蔵さまに会った事があるのでしょうか?まるで生きたお地蔵さまがそこにいるようでした。

s-地蔵

さほど人間離れしていない顔つきのせいか、この仏像と同じ顔かたちの生きたお地蔵さまが実在するのではないか、康慶は実際にお地蔵さまに会ってモデルにしたのではないか、そんな事をひとり妄想しながらお地蔵さまを見つめていたのでした。

お地蔵さまはとっても男らしくて頼りがいのあるハンサムなのですが、母性本能をくすぐるポイントをひとつだけ見つけてしまいました…それはこの足!ぷっくりした赤ちゃんみたいなこの足がたまらなく可愛いんです〜(笑)

s-足

康慶という人物は、運慶の父であり快慶の師匠でもあります。この2人のスターを育てた偉大な仏師の手によって、魂が吹き込まれた生身のお地蔵さまに会えた様な気がしました。

次は静岡駅近くの宝台院へ向かいます。


※こちらは、2011年4月に更新された記事です。


《瑞林寺アクセス》
住所: 静岡県富士市松岡489
TEL:0545-61-1449
JR富士駅から徒歩で30分
東名高速道路富士I.Cから車で15分
拝観料:志納
※拝観には問い合わせが必要です。



にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村










スポンサーサイト
テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

Tag:静岡  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
過去の記事を整理して更新しています!
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

★Twitterでは“仏像”ツイオフなるものを運営しています。
毎月18日 21時〜23時に開催中
@butsuzo_twioff または #仏像ツイオフ で検索!

よろしくお願いします(^人^)

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR