スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

京都/法金剛院 『阿弥陀仏と珍しい仏さま』

10月2日・3日の2日間、京都に仏像好きが集まるオフ会がありました。

10時に広隆寺集合の前に時間があったので、近くの法金剛院へ行く事にしました。花園駅から大通りを渡ってすぐの所にあります。

法金剛院は「蓮の寺」と呼ばれているだけあって、境内は蓮の葉っぱで埋め尽くされていました。

s-IMG_1128.jpg

蓮の見頃は夏…訪れたのはもう10月だったので花の姿を観る事はできませんが、これだけの蓮のが花開いたらどれだけ美しいのでしょう!おそらくわたしが想像している以上の美しさに違いありません。

蓮だけでなく、紫陽花や桜なども有名らしいのです。と言う事は、ちょうど10月はオフシーズンだったのですね(笑)

さて、さっそく本堂へ向かいます。お堂は閉まっており自分で扉を開けると、大きな阿弥陀如来さまのお姿が目に飛び込んで来ました。


s-IMG_1129.jpg

全体的に丸みを帯びたお姿の阿弥陀如来さまは、平安後期の定朝様の阿弥陀像です。像高227cmのとても大きなお姿は、その場にずっしりと構え、静かに佇んでおられました。

s-法金剛院

法金剛院にはその他にも様々な仏像が祀られています。特に珍しいのは四臂の十一面観音さまと、お坊さんのお姿をした、僧形文殊菩薩さまです。

十一面観音さまは煌びやかな厨子の中に収められていました。煌びやかなのは厨子だけでなく、台座から光背までもが華やかで、観音さま自体も妖艶な雰囲気を放っておられました。

そして僧形文殊菩薩さま。文殊菩薩と言えば、獅子に乗り剣と巻物を持った菩薩像が多いのですが、こちらの文殊菩薩さまは尊者のようなお姿をしています。しかもお爺ちゃんです。

このような珍しい二体の仏さまにお会いしたは今回が初めてです。ドキドキしちゃいます。

その他にも、立像の阿弥陀如来さまや地蔵菩薩さまなども祀られていました。

次回は蓮の花が咲き乱れる頃に訪れたいものです。美しい浄土式庭園と阿弥陀如来さま。そして十一面観音さまと、僧形文殊菩薩さま。そんな贅沢な空間を味わいたいですね。



法金剛院アクセス

京都府京都市右京区花園扇野町49/075-461-9428
JR嵯峨野線「花園」駅徒歩約3分

拝観料400円


スポンサーサイト
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:京都  Trackback:0 comment:1 

Comment

 |管理人のみ閲覧できます
# 2014.02.17 Mon16:25
このコメントは管理人のみ閲覧できます
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。