スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

京都/清涼寺 『清涼寺式釈迦如来さま』

二尊院を出たのは15時40分。16時に門が閉まってしまう清涼寺へ駆け足で向かいます!!

今回は、欲張らずのんびり見仏がコンセプトだったはずなのですが、最後は結局ギリギリの駆け込み見仏…まぁ、いつもの事ですが(笑)

清涼寺に着いたのは15時50分。

するとお寺の方が『10分しかないけど、お釈迦さまがご開帳だからしっかりお参りしてってくださいな』と声をかけてくださいました。


s-_MG_1413.jpg

まるで嵯峨野のお釈迦さまがわたしの事を待っていて下さったかのように感じました。。。

このお釈迦さまは清涼寺のご本尊で国宝に指定されており、「清涼寺式釈迦如来」と呼ばれています。他にも「清水寺式十一面観音」「善光寺式阿弥陀三尊」など「~式」と呼ばれる仏像がいくつかありますが、この清涼寺式釈迦如来さまは日本に100体近くもあるんです。その昔、清涼寺式ブームがあったんですね…

s-清涼寺

見た感じ、普通の釈迦如来像とは雰囲気が違います。エキゾチックなお顔立ち、そして髪型が螺髪ではなく渦巻き、そして何と言っても身にまとう衣が個性的。とても薄いプリーツ生地をまとっている様に見えます。

個性的なのは見た目だけではありません。このお釈迦さまには、なんと内臓が入っていたんです!

生身のお釈迦さまとして古くから広く信仰されており、インドの釈迦が37歳の生き姿を刻んだものと言われています。この尊像を観た釈迦が「私が亡き後はこの像が私に替わって衆生を済度するであろう」と大喜びしたそうですよ。

後にインドから中国へ伝えられ、奈良東大寺のちょうねん上人が像を模刻して日本へ持ち帰ったと伝えられています。

その気になるお釈迦さまの内臓は像の中から取り出され、別に展示されています。布の様な物で裁縫して造られており、実際の五臓六腑とは違うカタチをしていますが、それにしてもそんな大昔にすでに人体の構造が解っていたとは驚きですね…その内臓をお釈迦さまの身体の中に返してあげたい気もしましたが…


清涼寺は大きなお寺で本堂の他にも色々見所はあるのですが、何しろ時間がないもので…急ぎ足で庭園を眺めて終了です。。。

s-IMG_2614.jpg

今回の旅は色々な人に出会い仏に出会い、感謝×2の3日間でした。
そして、この旅日記を読んで下さってありがとうございます!


【見仏コース】

1日目(三重)神宮寺→妙福寺→常福寺(五大明王ご開帳)
2日目(滋賀)檜尾寺(千手観音ご開帳)、檜尾神社→櫟野寺(十一面観音ご開帳)→阿弥陀寺→善水寺
3日目(京都)願徳寺→勝持寺→大原野神社→正法寺→二尊院→清涼寺(釈迦如来ご開帳)



清涼寺アクセス

京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46/075-861-0343
JR京都駅から市バス28系統「大覚寺」行きで45分、「嵯峨釈迦堂前」下車すぐ

拝観料400円(本堂)

釈迦如来像ご開帳 毎月8日、1月1日~1月7日、4月19日、12月6日~12月8日
宝物館特別拝観 4・5月、10・11月(美しい国宝の阿弥陀三尊など約20体の仏像を安置)





にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ

にほんブログ村






スポンサーサイト
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:京都  Trackback:0 comment:4 

Comment

bassneco URL|遊びに来ました。
#GYcfeG/U Edit  2011.02.20 Sun01:15
こんばんは、momococksさん。
先日は拙ブログにご訪問いただきましてありがとうございました。

momococksさんもいろいろなお寺を回られているのですね。
関東圏のお寺は全く訪ねたことが無いので、興味津々で拝読させていただきました。前々から鎌倉に行きたい! と思い続けているんですけど、なんとなく行きそびれてしまっている感じです。江ノ電とか楽しそうですもんね。

清凉寺、久しく訪ねていなかったのですが、この更新を拝見してまた行ってみたくなりました。すぐ隣に薬師寺というお寺があると思うんですけど、密かに気になっているので、併せて伺ってみようかなーなんて思います。お盆の頃に1日だけ公開されるみたいなんです、薬師寺さん(でも、その頃だと清凉寺のお釈迦さまは見せていただけませんね。。。)。
yumechigai URL|お疲れ様でした。
#- 2011.02.20 Sun10:31
こんにちわ。

随分と精力的に周られた見仏旅行ですね。
訪問したことのないお寺もいくつかあったので、大変参考になりました。

この清涼寺の釈迦如来さま、普段は厨子が閉じられているようですが、
自分が予約なしに二度行った時も偶然に拝観出来ました。
近くまで行けるので細部までよく分かりますよね。

霊宝館の阿弥陀三尊坐像もお薦めです。(開館時期が限られていますが・・・)
momococks URL|ありがとうございます!
#- 2011.02.20 Sun10:51
bassneco さん

訪問ありがとうございます^^

鎌倉は古都と湘南と二つの雰囲気が味わえるので好きです。
江ノ電のあのレトロな感じもいいですね。

そういえば、清涼時寺のすぐ近くに薬師寺ありますね!ご開帳があるとは知りませんでした。しかし年1回とはなかなかチャンスがないですね…

いつもbassneco さんのブログ熟読させて頂いてます。
まだ訪問したことのないお寺が沢山紹介されているので、とても参考になります♪
momococks URL|おはようございます。
#- 2011.02.20 Sun11:04
yumechigaiさん

いつも訪問ありがとうございます。

三重県のお寺は今回が初めての訪問だったのですが、もっと詳しく調べて新地開拓したくなってしまいました。三重だけでなく、色々な地方にいらっしゃる仏像にお会いしたいです^^

清涼寺の霊宝館の阿弥陀三尊も美しいですよね。数年前の紅葉の時期に嵯峨野を訪れた時に拝観しました。しかし、、、あの界隈は秋になると人気の観光スポットですごく賑わいますよね!

大覚寺の五大明王はまだ拝観した事がないのでいつかチャンスがあればと思っています♪
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。