スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

京都/二尊院 『嵯峨野の二如来像』

実は…お正月の見仏旅行はまだ続きます。急遽、延泊した京都で最後に訪れたのは嵐山方面です。

5年振りに渡る渡月橋。
前回訪れたのが紅葉で賑わっている時期だったので、なんだか今日は寂しく感じます…

s-IMG_2482.jpg

以前巡ったルートは、天龍寺→瀧口寺→常寂光寺→二尊院→化野念仏寺→宝篋院→祇王寺→清涼寺…と嵯峨野たっぷりプランでしたが、今回は時間もあまりないので、とりあえず仏像がいるお寺!という事になりました(笑)

天龍寺の先を曲がり有名な竹林を抜け、さらに先へ進み二尊院を目指します!

s-_MG_1377.jpg

竹林の先にある野宮神社は多くの参拝者で賑わっている様子でした。女性ばかりだなぁ…と思ったら縁結びの神様だったんですね。最近流行りのパワースポットというやつでしょうか?そして、その先は何故か人がひとりも歩いておらず、二尊院も貸切状態でした。

山門をくぐり、階段を上がります。靴を抜いで上がる本堂は、床がとても冷んやりしていて指先がかじかんでしまいそうでした。京都は大晦日から元旦にかけて大雪だったそうで、境内にも少し雪が残っており冬の風情を感じることができました。

s-IMG_2604.jpg

二尊院のご本尊は字の如く、二尊いらっしゃいます。
阿弥陀如来さまと釈迦如来さまがピタッと仲良く寄り添って、まるで双子の様なんですよ。しかも一卵性双生児のように、そう簡単には見分けがつきません…

しかし、よく観てみると…手印や着ている衣が違いますよね。

s-二尊院

右が釈迦如来さま、左が阿弥陀如来さまです。共に13世紀の鎌倉時代に造られたご本尊で、78cmとそんなに大きな像ではありませんが、その端正なお顔立ちの美しいお姿は一度観たら忘れられません。。。

あの百人一首で有名な小倉山の麓にある二尊院の山号は「小倉山」と言います。
小倉あんこの発祥の地なんだそうですよ。

二尊院を出た頃には3時間半過ぎていました。もう帰り支度をしようかとも思いましたが、清涼寺のあの方がご開帳をしているとのことなのでかなり急ぎ足で向かいます。

そう、あの方とは嵯峨野のお釈迦さまと呼ばれている清涼寺式釈迦如来像です。

果たして間に合うかどうか…





二尊院アクセス

〒616-8425 京都府京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町27/075-861-0687
京都駅から京都市営バス28号系統「嵯峨釈迦堂前」下車
四条烏丸から京都市営バス91号系統「嵯峨釈迦堂前」下車

拝観料500円


にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ

にほんブログ村



スポンサーサイト
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:京都  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。