兵庫/鶴林寺『あいたた観音さま』

今日が旅の最終日。。。奈良→大阪→兵庫。
この日のために残しておいた最後の青春18切符で奈良から大移動。

加古川の駅に着くと、奈良では会えなかった「せんとくん」がいました(笑)一瞬でしたが会えて嬉しかったです!鶴林寺へはかごバスに乗り10分で到着。

まずは国宝の本堂から拝観です。


IMG_7268.jpg

ご本尊は秘仏の薬師如来さまで、脇侍の日光菩薩さまと月光菩薩さまもいらっしゃるそうです。
持国天さまや多聞天さまも合わせ、秘仏のご開帳はなんと平成69年……いや、もう平成じゃないかも知れませんね。

(2012年に、国宝太子堂創建900年を記念して「本堂秘仏本尊薬師如来・太子堂」の特別開帳が行われました。※こちらは、2010年10月に更新した記事です。)

秘仏が収められてるお厨子の周りには、十二神将さまがいらっしゃいます。

堂内はとても良い雰囲気でした。
さらに、あのお厨子がご開帳された状態を想像してみると…それはそれは神々しいに決まっています!

あと47年。。。頑張れるかな。。。(笑)


917382154.jpg

国宝の太子堂。
平安時代の建立で、兵庫県最古の木造建築物だそうです。

IMG_0579.jpg

中を見ることはできませんが、九品来迎図や仏涅槃図を描いた壁画があり、釈迦如来さま、文殊菩薩さま、普賢菩薩さま、四天王さまがいらっしゃるとの事。

そして宝物館では、あの「あいたた観音さま」にお会いする事ができます。


img054aitatas.jpg

あいたた観音さまは白鳳時代の金銅聖観音で、83cmとやや小さめのスラリとしたお姿をしています。

その昔、盗人が観音さまを盗み出し、溶かして儲けようとしたら観音さまが「あいたた」と言ったので驚き、観音さまをお寺に帰し改心したという伝説があるそうです。

あいたた観音さまはニヤっとした顔つきで、そんなお顏をじっと見つめていたら、自然とわたしもニヤニヤしてしまいます。

とても幸せそうな表情で、お参りに来る人々に幸せを分けているような、そんな気がしました。


新薬師堂には江戸時代の大きな薬師如来さまと日光、月光菩薩さま、十二神将さまがいらっしゃいました。

IMG_0584.jpg

鶴林寺のあいたたさま本当に素敵でした。
わたしもあいたた観音さまの様に、周りの人も幸せな気分になるような笑顔の持ち主になりたい!そう思いました。。。また会いに来ます。





《鶴林寺アクセス》
住所:〒675-0031兵庫県加古川市加古川町北在家424
TEL:0794-54-7053
JR神戸線「加古川駅」下車、徒歩約25分、タクシー約8分。
JR加古川駅 から加古川市ゾーンバス・別府ルートで8分、「鶴林寺」下車すぐ

拝観料:500円






スポンサーサイト
テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

Tag:兵庫  Trackback:0 comment:6 

プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR