スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

佐渡島・本光寺 『佐渡の古仏・泉の正観音さま』

佐渡の旅もラストとなりました~!

最後を締めくくるのは、佐渡へ流罪となった日蓮聖人と共にやって来た、日性上人によって開かれたという本光寺です。

こちらには国指定重要文化財の聖観音さまがいらっしゃいました。

石段を上ると収蔵庫があります。
収蔵庫は木々に囲まれているわけでもなく、ごく普通の歩道に面しており、目と鼻の先には民家もありました。
こんなにも近くに仏さまがいらっしゃるなんて、そんな環境に違和感があります。

収蔵庫を開けていただくと、小柄で可愛らしい聖観音さまがいらっしゃいました。






像高1m、平安時代末期の寄木造りの像です。
彩色が施された跡が全体に残っており、とても美しいお姿です。

美魔女系の観音さまかと思いきや、お顔の表情はけっこう凛々しく、内に秘めた強さを感じました。




そんな観音さまの歴史を辿ってみると・・・
本光寺にいらっしゃる前は、佐渡に配流された順徳天皇と運命を共にした仏さまだったそうです。

それにしても、佐渡は色んな人が流されて来ていますね・・・(・_・;

元は、お寺のすぐ近くにあった黒木御所にいらっしゃったそうです。
その御所の四方には、観音・薬師・弥陀・天神の四体が天皇の持仏として祀られており、その中の観音がこの聖観音さまと言うことです。




それで、それで、その他のお像はどこにいっちゃったの!?
これ、かなり気になるポイントです。

順徳天皇は都に帰れるように毎日祈りを捧げていたかも知れませんね。。。

ちなみに、美魔女系とは人間界で言うとアンチエイジングの常識を超えた女性の事ですね。
美魔女系の観音さまってどんなだろ(笑)自分で言っておいて頭の中が「?」です。


【佐渡島 見仏コース】
長安寺→佐渡長谷寺→佐渡国分寺→本光寺



本光寺アクセス

新潟県佐渡市泉甲377 
佐渡汽船両津港から車で約30分

拝観料:志納(拝観予約)
問い合わせ: 0259-63-4151(町教育委員会)


スポンサーサイト
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:新潟  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。