スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

岐阜/華厳寺 『圧巻!満願堂の観音さま』

ずっと楽しみにしていた岐阜へ!ここからは仏像部との佛旅日記です!

名古屋駅から車で1時間半、まず最初に訪れたのは華厳寺でした。華厳寺は、1200年にも及ぶ歴史をもつ西国巡礼の三十三番札所…結願、満願霊場として有名なお寺です。

着いた頃には傘をさしても濡れてしまうほどの大雨。
長い長い門前町を進むとやがて大きな仁王門へ辿り着きます。

今まで見た事のない様なキングサイズの特大草鞋と、ボリューム満点の千羽鶴が印象的でした。

IMG_3690.jpg

もちろん中には力強い金剛力士が睨みを効かせています。

IMG_3692.jpg

山門をくぐると雰囲気は一転…

IMG_3689.jpg

強く降り注ぐ雨がこの参道を演出し、より厳粛な雰囲気にさせていたのかも知れません。

参道をしばらく歩いて石段を登りやっと本堂に到着!
堂内にモクモクと立ち込めるお線香の煙が少々目に滲みます。

IMG_3702.jpg

御朱印を頂いた後、若いお坊さんが本堂の西側にある満願堂へ案内してくれました。
普段は外からしか拝む事のできない十一面観音さまとのご対面です!この旅は朝一から濃い~!!

堂内は薄暗く一切飾り気のないシンプルな空間。その空間の中、外の光を微かに浴びた十一面観音さまのお姿が、目が慣れて来ると同時にジワジワと浮かび上がって来ました。

IMG_3719.jpg

平安初期~中期の一木造り、なんとも力強く、堂々たる体躯をしていらっしゃいます。

おお…これは圧巻!

像高2m以上はあると思われる十一面観音さまを目の前で拝観。お姿を見上げると、お顔は真ん丸で頬もパンパンです!手は赤子の様な肉付きでいながらも大きく、力みなぎるパワーを感じます。

IMG_3724.jpg

驚いた事に、この十一面観音さまは文化財指定を受けていないとの事…ちょっと!文化庁の人!見る目ないんじゃないの!?なんて思ったり(笑)

そして、再び本堂へ戻るその途中に「おいずる堂」と言うお堂があり、笈摺や菅笠、そして杖や納経帳などが山の様に奉納されていました。


IMG_3730.jpg

西国三十三ヶ所巡礼の旅の終わり、満願を迎えた人々の願いや想いまでもが奉納されているかの様で、心が引き締まるおごそかな雰囲気でした。

岐阜の佛旅…出だしから素晴らしい仏さまとの出会いで頭クラクラです(笑)

次は横蔵寺を目指します!




華厳寺アクセス

〒501-1311 岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲徳積23/0585-55-2033

樽見鉄道谷汲口駅から近鉄バス谷汲山行きで10分、終点下車、徒歩15分

拝観料なし(本堂戒壇巡り100円)





にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:岐阜  Trackback:0 comment:4 

プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。