FC2ブログ

修禅寺・静岡県伊豆市 伊豆一人旅~修善寺散策 うっすら見えた?大日如来さまのお姿

日差しがジリジリ降り注ぐ、梅雨の合間の晴天。

三島から伊豆箱根鉄道駿豆線に乗り、終点の修善寺まで32分。
修善寺駅からはバスで10分の修善寺温泉へ向かいます。

まずは、修禅寺へ行く途中にある日枝神社に立寄りました。


SN3L0006_convert_20100706230701.jpg

昔は修禅寺の鎮守として栄えた日枝神社
今はひっそりとした神社ですが、古びた本殿は歴史を感じさせる佇まい。

夫婦杉の大木が印象的でしyた。


SN3L0009_convert_20100706231557.jpg

IMG_5874_convert_20100706233133.jpg

修禅寺は温泉街の中心地にあり、大勢の参拝者で賑わっていました。

SN3L0011_convert_20100706234637.jpg

平安初期に空海が開基。
創建当初は真言宗でしたが鎌倉時代以降は曹洞宗。


SN3L0017_convert_20100706235144.jpg

SN3L0012_convert_20100707010547.jpg

本堂には『なぞの黒髪』のミステリーをもつ、実慶作の大日如来さまがいらっしゃいます。
大日如来さまのお体の中からなぞの黒髪が見つかったとか・・・

遠めですが、うっすらお姿が見えて少々興奮気味。
毎年11月1日から10日のみ間近で拝観する事ができるそうです。
これは是非ともお目にかかりたいものです。

※このあと鎌倉国宝館でお会いすることができました!




そして指月殿へ。


IMG_5884_convert_20100707001037.jpg

指月殿は暗殺された源頼家の冥福を祈って、北条政子が建立。
伊豆最古の木造建築で、中には寄木造りの釈迦如来さまがいらっしゃいました。


SN3L0021_convert_20100707002554.jpg

右手に蓮花を持っているのが特徴で、大きさは約2メートル。
そして両脇にはかわいい仁王さまのお姿も。


IMG_5881_convert_20100707003759.jpg
SN3L0020_convert_20100707004029.jpg

その、後温泉街をフラフラしましたが、温泉には入らず韮山へ向かいました。


※こちらは、2010年7月に更新された記事です。


《修善寺アクセス》
住所:静岡県伊豆市修善寺964番地
伊豆箱根鉄道 終点修善寺駅下車。
修善寺駅からバス「修善寺温泉行き」約10分、終点修善寺温泉駅下車。
※ご本尊 大日如来像特別拝観 11/1~11/10
拝観料:300円
修禅寺公式サイト





スポンサーサイト
テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

Tag:静岡  Trackback:0 comment:0 

静岡県にもカッコイイ不動明王さまがいらっしゃいます!

前回、鎌倉・明王院の不動明王さまの事を書いてから、わたしが今までに拝観した不動明王さまが頭の中に浮かんできました。

他のお寺にもイケメンお不動さまがいらっしゃることを思い出したのです!

それは…神奈川県のお隣、静岡県!
特に、伊豆周辺の地域では東国の“慶派”の仏さまを拝むことができますね。

その中でも、願成就院の不動明王さまはおさえておきたい仏です!!
静岡県教育委員会出版の「文化財ガイドブック ー彫刻編ー」表紙を飾っていらっしゃいます!



■静岡県伊豆の国市 願成就院 不動明王立像 (国宝)
鎌倉時代・運慶作・寄木造り・玉眼・像高136.5cm

もう、これは無条件で「ごめんさない」と言いたくなるような恐ろしい表情をされていますが、こんなに恐ろしいお顔にもかかわらずカッコイイという…

元のお顔が整っている人(仏さま)はどんな表情をしてもカッコイイんですね!

そして、伊豆の国市から約82kg離れた静岡市にもカッコイイ不動明王さまがいらっしゃいます!

それは…
建穂寺(たきょうじ)にいらっしゃる不動明王さまです。
建穂寺のお堂には61体もの仏さまがいらっしゃるので、「え?不動明王さま?いらっしゃったかな???」と、うっかり見落としている人がいるかも知れません。

須弥壇の中央に弘法大師さまの大きなお厨子があり、その左隣に千手観音さまのお厨子があるのですが、その斜め前方に不動明王さまがいらっしゃいます。





■静岡県静岡市・建穂寺 不動明王立像(県指定重要文化財)
鎌倉時代・像高約80cm・玉眼

お顔は少し西洋風(!?)
憤怒相と言うよりは、キメ顔の不動明王さま。キラキラ光る瞳と、美しい木目がとっても素敵です。

…………………

...ストイックに仏像...では、全国のカッコイイ不動明王さま情報を募集しています(笑)


過去に参拝した時の記事はこちらです。
↓↓↓

願成就院「運慶仏と韮山散策」


建穂寺「仏の宝庫!素敵な不動明王さま」


◻︎願成就院アクセス
静岡県伊豆の国市寺家83-1
055-949-7676
伊豆箱根鉄道駿豆線韮山駅徒歩15分
拝観料400円 (火曜、水曜休み)
拝観時期や時間についてはこちらをご参照ください。


◻︎建穂寺アクセス
静岡県静岡市葵区建穂502
問合せ先:建穂寺の歴史と文化を知る会 こちらに連絡先が掲載されています。
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:静岡  Trackback:0 comment:0 

静岡・智満寺 『秘仏・千手観音さまご開帳 ②』

9/23まで特別開帳している千葉山 智満寺の続きです。
前回の記事はこちら☆

今回の特別開帳の見どころは秘仏の千手観音さまだけではありません。
こちら、頼朝杉で作られた弥勒菩薩さまにも注目!

弥勒菩薩さまはできたてホヤホヤの仏像!
古典を守りつつ現代の最新技術を駆使した仏像であるに違いない!と言うことで、細部までジーっと目を凝らします(笑)




それはそれは、截金(きりかね)の装飾模様が光り輝くとても美しい仏さまでした。
これがまた100年、200年、あるいは千年後も受け継がれて行くのかと思うと、絶対に知る事のできない遠い未来で手を合わせる人々を想像してみたり…

そして、ついに!
秘仏のご本尊さまとご対面~!!

お厨子の中にいらっしゃるので足元まで拝観できませんが、181.5cmもある堂々たる千手観音さまです。
少し離れたところからでも、その妖艶なオーラをヒシヒシと感じる事ができます。




平安期の作といわれ、桜材の一木造り。
限界まで近づいて見てみると…下半身にかけては綺麗な翻波式の衣文が見られます。

脇手の動きはしなやかで、今にもワサワサと動き出しそうな気がして目が離せません!
お厨子の前で正座してみると、その高さからちょうど目が合い、立って拝観する時のお顔とはまた違ったとても優しい表情を見せてくださいました。

千手観音さまの貴重なお姿を拝む事ができて、とても素敵な1日になりました^^





智満寺アクセス

〒427-0001 静岡県島田市千葉254
TEL:0547-35-6819
http://www.geocities.jp/chibasanchimanji/

※特別開帳は9/23まで


テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:静岡  Trackback:0 comment:0 

静岡・智満寺 『秘仏・千手観音さまご開帳 ①』

秘仏公開中の智満寺(静岡県島田市)に行ってきました~!

智満寺と言えば、秘仏の千手観音さま!
本来なら60年に一度の秘仏ですが、なんと、20年ぶりに特別開帳されているんです!

平成24年に自然倒木した樹齢800年の「頼朝杉」で造られた弥勒菩薩さまが完成し、また、本堂を再建した徳川家康の400回忌と千手観音さまのご開帳からちょうど20年というスペシャルなこの年に、特別開帳が実現したそうです。

東名高速道路野田ICから山道を登り約15分。

到着すると、見上げるほどの石段が待ち構えていました。








この日は雨上がりのモヤっとした空気。。。足元が滑りそうで怖かったです(汗)

久々に石段を上がったもので、酷い息切れ状態(笑)
逞しい仁王さまに迎えられやっと辿り着きました。




ハァハァ…と、息を切らして本堂に入ります。



内陣に入るとすぐ、元三大師さまがいらっしゃいます。
元三大師さまと言えば、天台宗の高僧・良源さん。

以前、滋賀県の金剛定寺でもお会いしましたが、角大師以外にも豆大師・降魔大師・魔除大師など、変幻自在のキャラ設定で不思議な伝説がいくつも残っているお坊さんですね。




よく来てくれたね~なんて言っているかの様に、とっても優しい表情で、わたしに安心感を与えてくれました。

そのお隣…秘仏本尊の両脇には、二十八部衆のお姿がありました!
それがとてもユニークで、懸仏というべきなのか…?スペースの問題なのか?お像が光背に貼り付いているんです。

智満寺はまだまだ見どころ満載です!

(つづく)





智満寺アクセス

〒427-0001 静岡県島田市千葉254
TEL:0547-35-6819
http://www.geocities.jp/chibasanchimanji/

※特別開帳は9/23まで


テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:静岡  Trackback:0 comment:1 

静岡・建穂寺 『仏の宝庫!素敵な不動明王さま』

静岡県静岡市葵区の建穂寺を訪ねました。

建穂寺は、その昔『駿河の高野山』と呼ばれる名高いお寺だったそうです。しかし、明治の廃仏毀釈で破壊され、さらに火災にまであい廃寺になってしまいました。現在では、この地区の『建穂寺の歴史と文化を知る会』の人々によって守られています。

到着すると、静かな公民館の横に仁王像の姿がありました。

ガラス越しなので、お姿を拝むのに一苦労ですが、かつて栄えていた建穂寺がなんとなく想像できるくらい力強さのある仁王さまでした。(仁王像が創建当時のものかどうかは分かりませんが…)




その仁王門の奥に観音堂があり、他の仏さまはそちらにいらっしゃるようです。

中に入ると仏さまがぎっしり~!

その数なんと61体!

すごーい!

千手観音さま、不動明王さま、弘法大師さま、閻魔さま…




二十八部衆…

風神、雷神…などなど、たくさん!








こちらは大日如来さまでしょうか?
静かに佇むお姿がとても素敵です。






御本尊さまは秘仏の千手観音さまです。
閉ざされた厨子の中にいらっしゃったので、お前立ちの観音さまを拝みました。





そ、その、斜め手前にいらっしゃる不動明王さま!素敵じゃないですか!?




かっこいい、美しい、いやぁ…素敵です!

大きさは60~80cmくらいでしょうか?木目が美しく、優しい憤怒相が印象的でした。
見る角度によっては玉眼がキラリと光り、目力を倍増させます。




同じ静岡県では、摩訶耶寺に木目が美しい平安の不動明王さまがいらっしゃるのを思い出しました。

最後に、仁王さまと指切りをすると願いが叶うという事なので、しっかりと指切りをさせていただきました。
何をお願いしたかは、私と仁王さまだけの秘密ですけどね(笑)





建穂寺アクセス
静岡県静岡市葵区建穂502
問合せ先:建穂寺の歴史と文化を知る会 こちらに連絡先が掲載されています。


テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:静岡  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR