『川崎大師 大開帳奉修』



『川崎大師 大開帳奉修』(5/31まで)に行って来ました!

私にとって、川崎大師は子供の頃お婆ちゃんとよく一緒に遊んでいた公園のような場所です。

子供の頃から名物のとんとこ飴が大好物で、今でも定期的にお婆ちゃんが送って来てくれます。

とんとこ飴屋さんの人形
真剣な眼差しで包丁をとんとこ…



特に、この『つるの池』が好きでした。
子供の頃と変わったような気がするなぁ…



奥にある薬師堂には、薬師如来さまと色とりどりの十二神将さまがいらっしゃいました。欲張って、十二神将さまのスタンプをコンプリート!しかし、1人だけ逆さまになっちゃった(汗)



本堂へ行くと、ものすごい人、人人人…!

テントに並ぶ人、人人人…!


『川崎大師 大開帳奉修』は江戸時代から続いており、10年に1度、川崎大師のご本尊である弘法大師さまがご開帳される祭事です。

この時にしか授与されない『赤札』とご本尊さまを求めて、長ーい長蛇の列ができていました。

赤札とは、弘法大師直筆と伝わる「南無阿弥陀仏」の六号名号を版にして祈願を込めて一枚一枚手刷りされた護符です。

この赤札をゲットすると『無量の功徳を授かることができる』と、言われています。

赤札は、護摩の後にいただけるようなのですが、それが何時からの護摩なのかは『謎』のようです。

護摩修行期間
午前6:00  9:30 11:00
午後1:00  2:30  4:00
※5/31日は2:30まで


3時間並ぶと聞いていたので、最初から赤札は諦めていたのですが…タイミング良く1 : 00の回に並ぶ列の最後尾にスルッと入ることができ、しかも、1時間も並ばずに赤札をいただく事ができました!!

本堂の裏側が最後尾



少しずつ本堂に接近!



うぉー!もうすぐ!!
(高まり)



本堂内陣は、中央のお厨子に弘法大師さま、そして、脇には不動明王さまと愛染明王さまのお姿もありました。

立ち止まってお参りする事ができず、人の流れに身を任せます。

長い廊下を歩いて、階段を降りるとお経を唱える僧侶の列がお見送り。

靴を履くと、もうすぐ建物の外に出てしまうような気配です…ここまで来て赤札を貰えなかったらショック…!!と、嫌な予感が頭をよぎりましたが、大丈夫でした。

無事に、赤札をいただきました!
やったーー!!
(感動)



赤札をいただく所



最後に、御本尊さまと繋がるお手綱をしっかりと握り、境内を後にしました。



川崎大師Webサイト


追記 : 赤札は風で飛んでしまいそうなくらいペラペラ…参道には様々な種類の赤札ケースが売っていました!

壁掛けタイプは入荷待ち



私は、窓開きタイプの布製ケースと、御守りタイプの透明ケースを別のお店で揃えてカスタマイズしました!

赤札を入れて完成☆



同行していただいた、みるきぃさん、タイガースカフェさんありがとうございました!
スポンサーサイト

Tag:神奈川  Trackback:0 comment:0 

神奈川/宝蓮寺大日堂『五智如来さまなど古仏が!』

旦の特別開帳の巻~!

神奈川県海老名市の龍峰寺で珍しい清水式千手観音さまにお会いした後は、友人からのオススメで、秦野市の宝蓮寺大日堂へ行きました!

普段は11月の秦野市文化財特別公開の日以外は未公開ですが、今回は元旦に特別開帳されるとのことだったので、このチャンスを逃すわけには行きません!

宝蓮寺大日堂は、大山の麓エリアにあります。この辺りは、大山を中心として仏教文化が栄え、伊勢原の日向薬師や鉄不動の大山寺、厚木の飯山観音など、神奈川を代表する古刹があります。



味のある字体の看板が立っていました。いやぁ、楽しみだなぁー。

山門をくぐると、美味しそうな甘酒の匂いがしました。地元の方々が参拝者に振舞っていました。



ちょっと写真が曲がってしまいましたが、これが大日堂です!さっそく中へ入ります…!

五智如来さま!




お堂の真ん中に大日如来がいらっしゃいました。平安時代の作でヒノキの一木造り、像高199.5cm。全体的に丸みを感じさせる穏やかな大日如来さまです。その脇に2体ずつ東西南北を司る如来さまがいらっしゃいました。

そして、右手に客仏として祀られている聖観音さまを発見!何やらすごいオーラを感じます・・・



こちらも平安から伝わる仏さまで、像高228cm。けっこう朽ちていて、元はどのようなお顔の表情をしていたのか良くわかりません。両腕と足先は後に補修されているようですが、どっしりとした一木造りの古仏です。

大日堂の裏にある小さなお堂を覗くと、奥の方に不動明王さま~!近くで拝観したい~!




さらに奥へ進むと、茶湯殿という古びたお堂がありました。ご開帳はされていませんが、いちおう雰囲気だけ(笑)



表の看板の写真なので、反射してしまい少々見にくいですが、お堂の中には丈六のお地蔵さまがいらっしゃって、しかも、地獄の閻魔さま…そして十王も祀られているのだとか!

じょ、丈六のお地蔵さまか…恐ろしい冥界だ…でも中を覗いてみたい!

こちらの大日堂の五智如来さま、聖観音さま、そして、恐ろしい冥界を覗けるのは、秦野市の文化財が特別公開される11月だそうです。(昨年は11/1~11/4)この期間は宝蓮寺の他、いつくかのお寺で仏さまを拝観する事ができます。※市のアナウンスで要確認

またチャンスがあったら絶対に来たい!


仏さまのお姿はこちらの市のサイトに掲載されています。



宝蓮寺大日堂アクセス

神奈川県秦野市蓑毛674
小田急線秦野駅から蓑毛行きバス終点下車徒歩1分



大きな地図で見る


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:神奈川  Trackback:0 comment:0 

神奈川/龍峰寺『神奈川の古仏 清水式』

けましておめでとうございます!
今年も宜しくお願いします!

今年は元旦から見仏スタート!元旦の特別開帳に行って来ましたぁー!数年前からタイミングを狙っていた神奈川県海老名市の龍峰寺と、友人からのオススメで、秦野市の宝蓮寺大日堂へ…!

この2つのお寺は、個人的に神奈川県で行きたいお寺リストに入っていたお寺です!

リストアップした記事

まずは海老名市の龍峰寺から…

本当はこの仁王門をくぐり、本堂をお詣りしてから収蔵庫の千手観音さまの元へと行く順路になっていたのですが、入り口を間違えてしまったので、いきなり収蔵庫に辿りついてしまいました。




なんと、観音さまをお詣りする行列ができている…!



おじいちゃん、おばあちゃん、子供、若いカップル…などなど、おそらく地元の方が多いのでしょうか?順番が来るまでさほど時間はかかりませんでしたが、予想以上の混雑に驚きました。

さてさて、どんなお姿の仏さまがいらっしゃるのかと言うと、珍しい清水式千手観音さまでした!鎌倉時代の作で一木造り、像高は195cmとけっこう大きめです。

千手観音さまのお姿はこちらのサイトに掲載されています。

42本の手のうち、2本を頭上に上げて化仏を乗せているお姿が特徴で、全国各地のお寺でも清水式千手観音さまをお祀りするお寺は少ないのではないでしょうか?

しかも!
西国三十三箇所結縁開帳があった2008年に、東の清水式千手観音さま代表として、奈良国立博物館へ出展された事もあるそうです!

すごーい!
私の地元、神奈川県にも歴史あるお寺がたくさんあって、素敵な仏さまがいる!まだまだ知らない事だらけですね。

次は、秦野市の宝蓮寺大日堂へ向かいます!



龍峰寺アクセス

〒243-0406 
神奈川県 海老名市国分北2丁目13-40/046-231-5074
小田急海老名駅徒歩20分

ご開帳日:1/1、3/17



大きな地図で見る


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

Tag:神奈川  Trackback:1 comment:0 

故郷の仏!(神奈川県の仏像)

私は神奈川県出身です。
仏像ファンの間では鉈彫りの観音さまで知られる「弘明寺」が、実家からバスで10分くらいのところにあります。

○弘明寺 『同郷・弘明寺観音①』
○弘明寺 『同郷・弘明寺観音②』

神奈川県の仏像といえば「鎌倉のお寺」の印象が強いんですかね?どうなのでしょう?
実は鎌倉以外にもお寺がたーくさんあって、平安や鎌倉の仏さまも多いんですよね。
以前、神奈川の西や南の方の仏さまを訪ねて旅をしたことがありました。

○保福寺『癒しの十一面観音さま』
○朝日観音堂『兜跋毘沙門天トリオ』
○日影公民館『日影の阿弥陀』
○茶屋薬師堂『江戸の大きな薬師如来』
○慶覚院『大きな地蔵菩薩さま』
○善福寺『大磯の安阿弥様!』


鎌倉以外の神奈川仏を本格的に巡ったのは、この日が初めてでした!
どのお寺も素敵な仏さまがいらっしゃって、ただただ驚くばかりでした!

こちらも鉈彫りの仏さま!そしてお堂の中は仏像ワールド!
○日向薬師宝城坊 『薬師三尊さまご開帳』

箱根もいい感じ、まだまだ開拓したいところです!
○元箱根石仏群 『地獄の六道地蔵さま』
○興福院・箱根神社 『元箱根の仏像たち』

横須賀三浦半島エリアもいいですよね~
○天養院 『三浦のスマイル薬師さま』
○浄楽寺 『運慶・阿弥陀三尊ご開帳』
○東昌寺『三浦の丈六阿弥陀さま』
○満願寺 『三浦の力強い仏像たち』
○清雲寺 『三浦の滝見観音さま』

しかし、まだまだ行ってみたいけどなかなか行けないところがたくさんあります><
例えば・・・

■龍峰寺(海老名市)
千手観音
1月1日、3月17日 ご開扉
http://www.hibutsu.com/butsu.php?in_butsucd=1190

■宝金剛寺(小田原市)
大日如来、不動三尊 など
http://www.hohkongohji.jp/index.html

■宝蓮寺(秦野市)
五智如来、聖観音、十王 など
秦野市指定文化財公開weekに一般公開される(毎年11月初旬)

■金剛寺(厚木市)
阿弥陀如来など
あつぎ飯山桜祭り期間中の日曜日(年1日)ご開帳
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/kawag/atsugi/koayu/kanon_kongoji.htm

■影向寺(川崎市)
薬師三尊、十二神将 など
1月1日~1月3日、11月3日 ご開帳
http://yougouji.org/

影向寺は川崎にあるというのに、なかなかチャンスがなかったりします。
今年も11月3日はお仕事・・・(涙)

近くの秘仏は意外にも遠かった・・・

神奈川県でおすすめの仏像がいらっしゃったら教えてください♪

Tag:神奈川  Trackback:0 comment:4 

神奈川/保福寺『癒しの十一面観音さま』

ついにラストの保福寺です!
16:00になると、少しは日差しが弱まって来たかな…?という感じでした。
しかし、朝早くからの見仏で疲れはピークに達していました。

保福寺は1363年の創建。本尊は薬師如来さま、そして観音堂には十一面観音さまが祀られています。いずれも創建より前の平安仏です。

IMG_4169.jpg

元々は保福寺の近くにある御堂(みどう)という集落にあったお堂に祀られていたそうです。

先ずは観音堂を開けていただきます!

『うわぁ・・・』

IMG_4143.jpg

扉が開け放たれた瞬間、スーッと体の疲れが抜けてゆく感覚に陥りました。。。

観音さまは平安末期の作、像高161、5cm、腕から垂れている天衣と左肘から先の部分以外は一木のヒノキから彫り出されているそうです。

IMG_4154.jpg

全体的に丸みを帯びた体つきに、面長で丸いお頬。
目は少々たれ目の優しい眼差しをしています。キュッと締まった小さなお口がとっても可愛らしい!


IMG_4134.jpg

あどけなさの残る少女の様な雰囲気を持つ観音さまです。もう、わたし達はこの柔らかい観音さまの優しさの虜です。。。今晩はこのお堂に泊まりたい!なんて思ったり(笑)

滋賀県は湖北の石道寺十一面観音さまの妹なんじゃないの!?なんて、皆で妄想を膨らませながら、観音さまの優しさによって旅の疲れが癒えて行くのでした。。。

IMG_4159.jpg

本堂には薬師如来さまが祀られていますが、須弥壇の高い所におり、遠目での拝観でした。ちょっと残念。

IMG_4166.jpg

旅の最後の最後でも、また素敵な仏さまに出会う事ができました。1日を振り返ると、どのお寺にも個性豊かで魅力ある仏さまばかり!故郷である神奈川の仏さまをもっともっと深く知りたくなる旅でした・・・

【見仏コース】
善福寺→慶覚院→王福寺→茶屋薬師堂→日影公民館→朝日観音堂→保福寺



保福寺アクセス

〒 250-0131 神奈川県 南足柄市内1959/0465-72-1008
御殿場線山北駅徒歩40~45分
伊豆箱根鉄道大雄山線の終点大雄山駅近くの「関本」バス停から箱根登山バス「山内」下車徒歩5分

拝観料志納(事前予約)




にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村



テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:神奈川  Trackback:0 comment:2 

プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR