スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

京都・名庭巡りの旅

先日、会社からご褒美をいただきまして、急遽決まった京都ひとり旅。

行き先を新幹線の中で考えるという無計画な旅にもかかわらず、案外ビッシリのスケジュールで巡った自分に驚きです(笑)

今回は仏像というより、京都の庭園で癒されたい…という想いが強かったので、久しぶりにお庭巡りをすることにしました!



それでは出発!☆



10:15京都駅発~国際会館駅下車
(地下鉄烏丸線国際会館行き20分)



10:38 バス24 岩倉実相院行き
(平日・土日共に10:00~14:00まで1時間に2本 8分と38分)



11:00 実相院 到着







円通寺まで徒歩
(3.5km 50分)



12:30 円通寺 到着





木野駅まで徒歩
(1.5km 20分)



13:34 木野駅発~修学院駅下車



曼殊院まで徒歩
(1.5km 20分)



14:05 曼殊院 到着





詩仙堂まで徒歩
(0.8km 10分)



14:05詩仙堂 到着





一乗寺駅まで徒歩
(1.2km 15分)



15:31 一乗寺駅~出町柳駅乗り換え
~七条駅下車
(比叡山電鉄~京阪本線特急淀屋橋行き20分)



三十三間堂まで徒歩
(3分)



16:00 三十三間堂 到着

最後に三十三間堂で見仏三昧です。久しぶりにお会いした八部衆の方々…色々な仏像を巡り原点に帰って来た!そんな気持ちにさせられました。改めて三十三間堂の凄さに圧巻です!


①実相院

②円通寺

③曼殊院

④詩仙堂

⑤三十三間堂

スポンサーサイト

Tag:京都  Trackback:0 comment:2 

京都/岩船寺 『阿弥陀さま好きです』

奈良仏巡りの続きです!

浄瑠璃寺に行ったら、岩船寺にも行かないと…!
ということで、所在地は京都ですが、奈良の旅と合わせて行きやすい木津川エリア、このエリアを代表する素晴らしいお寺ですね。

岩船寺と言えば、国宝の三重塔が有名です。いつの間にか極彩色に大変身した三重塔ですが…

そして、何と言っても素晴らしいのは、本堂で優美にたたずむご本尊の阿弥陀如来さまです!
岩船寺の阿弥陀如来様は、平等院の阿弥陀如来さまよりも先輩なんですよね~。


岩船寺阿弥陀さま

以前の記事にも書きましたが、岩船寺のお堂で阿弥陀如来さまを見つめていると、慈悲深い大きな優しさで包み込んでくださるような包容力を感じます。私の中で、岩船寺の阿弥陀如来さまは阿弥陀ベスト5に入るくらい好きです。(とは言っても、阿弥陀如来専門家ではないので全てを知り尽くしてはいませんが…)


前回の記事はこちらです!

岩船寺は紫陽花のお寺としても有名ですが、6月の上旬ではまだ早かった…

IMG_0430.jpg

IMG_0429.jpg

今回は、駐車場の貼り紙が面白いことに気がつきました(笑)

自動ドア(!?)
IMG_0433.jpg

チョー近道(!?)
IMG_0431.jpg

こうゆうの、癒されますね(笑)

次は、円成寺へ向かいます!





岩船寺アクセス
〒619-1133京都府木津川市加茂町岩船上ノ門43番地/0774-76-3396
JR加茂駅からNCバス加茂山の家行(15分)「岩船寺」下車すぐ

拝観料300円



大きな地図で見る


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:京都  Trackback:0 comment:0 

京都/浄瑠璃寺 『オールスターズ!?』

ここからは、奈良へ行った時の記事をアップして行きます。

行ったのは6月です…半年近く前になりますね(汗)

前回奈良に行ったのは昨年のGWでした。安産寺や融念寺などをメインに巡って「地蔵ツアー」をしました!

今回もまたメインはお地蔵さま!
矢田寺のお地蔵さまのご開帳に合わせて奈良を旅しました!

先ず最初に訪れたのは浄瑠璃寺です。浄瑠璃寺や岩船寺の記事を書くとき、京都か奈良か、どちらのカテゴリーにしたらよいか迷います…所在地は京都なので、やっぱり京都のカテゴリーに入れておきます。

浄瑠璃寺に行ったのは2年半ぶりでした。実はこのブログを始めたばかりの時に記事をアップしています。

その記事でも書いていますが、浄瑠璃寺は昔から大好きで、今まで何度も訪れています。たぶん、今回で…14回目!?

仏さまはもちろんですが、お寺全体の雰囲気がとても好きです。

自然に囲まれた美しい浄土式庭園と九体阿弥陀堂に並ぶ高貴な阿弥陀如来さま。山門をくぐると、極楽浄土の世界に足を踏み入れたような神聖な気持ちに包まれます。

IMG_0378.jpg

IMG_0415.jpg

浄瑠璃寺と言えば、ダイナミックに並ぶ9体の阿弥陀如来さまが印象的ですが、実は他にも見どころは沢山あって、多くの仏さまが祀られていますね。




(以下、浄瑠璃寺の本から写真をピックアップ)

鎌倉美人の吉祥天さまはこの日ご開帳されていなかったのでとても残念でした。
吉祥天さまは、1/1-1/15・3/21-5/20・10/1-11/30のご開帳です。




もうひとりの秘仏は、三重塔の薬師如来さまです。
薬師如来はさまは、正月三ヶ日と毎月8日、お彼岸にご開帳されます。




そして、とても険しい表情の馬頭観音さま。恐ろしや…



こちらは四天王さま。
広目天さまは東京国立博物館でもお会いできますね!



不動明王さまもいらっしゃいます!!しかも三尊です!



そして、2体のお地蔵さま!!
素敵です~!






こちらは、まだお会いしたことのない秘仏の大日如来さま!!



この他、秘仏として、室町時代の役行者さまや鎌倉時代の弁財天さまなどもいらっしゃるようです。

浄瑠璃寺、本当に大好きです!
そろそろ紅葉の綺麗なお庭を堪能できますね!


浄瑠璃寺アクセス

〒619-1135 
京都府木津川市加茂町西小札場40

JR加茂駅から加茂山の家行きコミュニティバス「浄瑠璃寺前」下車徒歩3分(
JR・近鉄奈良駅から浄瑠璃寺行きバス終点下車徒歩3分

秘仏ご開帳情報
吉祥天:1/1-1/15・3/21-5/20・10/1-11/30
薬師如来:正月三ヶ日と毎月8日、お彼岸
大日如来:1/8-1/10



大きな地図で見る


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

Tag:京都  Trackback:0 comment:0 

京都/法性寺 『千手観音・特別開帳!』

法性寺の特別拝観に行って来ました。定期的に開催されている「京都春季非公開特別文化財公開」で、法性寺が公開される事になりました。

御本尊さまは国宝の千手観音さまです。非公開である、国宝の御本尊さまを拝めるチャンスと言うことで、仏像好きの間ではかなりの話題になっていました。


133507956738913107559.jpg

私もこのチャンスを逃すまいと、朝一から法性寺へ駆けつけます!到着したのは8:30でした。
拝観開始時間の30分前です。もうすでに6名の参拝者が並んでいました。


IMG_8301.jpg

門は出口専用になっており、脇から入山する仕組みになっていました。
お寺と言うよりは、古い家屋のような雰囲気です。

お昼くらいには長蛇の列ができるのでしょうか?ディズニーランド式の並び方で、我々は門が開くのを待ちわびていました…!

IMG_8298.jpg

受付で拝観料を支払い、お堂の中へ入ります。
り地元の学生さんが運営しているのか、応援したくなるような慣れない素振りで迎えてくれました。おそらく…かなり緊張しているのでしょう(笑)

入り口には、思わず「わっ!」と、声をあげて驚いてしまうほどの巨大な不動明王さまがいらっしゃいました!この大きな不動明王さまは、昭和40年頃に、同聚院の不動明王さまをを模して作られたそうです。どうりで見覚えのある雰囲気だと思ったら…

御本尊の千手観音さまの前に座り、学生さんによる説明が始まりました。私は前から3列目くらいにいましたが、後ろには何列にもなって座る列ができていました。1クール15分くらい、20〜30名くらいに区切って回しているようでした。

千手観音さまは珍しい二十七面の千手観音さまです。正面を向くお顔の脇に二面、頭の上に二十七面のお顔があります。

残念ながら、内陣には入れませんでした。遠くてお顔をじっくり拝観できませんでしたが、キュッと引き締まったウエストのくびれと、今にも動き出しそうな立体感のある脇手が印象的です。

img049senju.jpg

もっと近くで拝みたい…
きっと誰もがそう願っていたのではないかと思います。あの魅力的な千手観音さまを目の前で拝めたら…

そう簡単には近づけないという、参拝者と仏さまとのこの距離が、特別拝観をより貴重な体験にさせていました。

それにしても、一生お会いできないと思っていた法性寺の千手観音さまにお会いできて良かったです!




法性寺アクセス

京都府京都市東山区本町16丁目307
JR奈良線・京阪本線「東福寺駅」下車徒歩約3分

拝観料800円(京都非公開文化財特別公開)



大きな地図で見る



にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


Tag:京都  Trackback:0 comment:0 

京都/雨宝院 『優美な千手観音さま』

小浜から京都市内へ移動し、4日目(8/30)に訪れたのは京都西陣にある雨宝院です。

雨宝院には平安の千手観音さまがおり、参拝に訪れた人が瞳をキラキラ輝かせてオススメしてくれるので、私はいても立ってもいられず会いに行く事にしました!

雨宝院には白い提灯の総門と赤い提灯の小さな南門がありました。風情ある土塀につられて歩いた先にあったのは、赤い提灯の南門でした。


IMG_5267.jpg

IMG_5264.jpg

寺務所を訪ねようとすると、感じの良いおばちゃんが近づいてきて「お参りかい?ご住職、呼んで来てあげるからね」と、声をかけてくれました。お寺の人でもなく、地元の参拝者にこんなにも親切にしていただけて、朝から温かい気持ちになりますよね。

IMG_5243.jpg

千手観音さまは観音堂にいらっしゃいました。
お堂の鍵が開いた瞬間に千手観音さまの堂々たる存在感をキャッチ!

「おおお…!」

1.jpg ポストカードより

像高約2m、藤原時代の作で現在は10臂を残すのみとなっていますが、42臂の手を操りこの場に立ち尽くすお姿を想像すると、それはそれは荘厳な空気が漂っていたに違いありません。

しかし、観音さまのふっくらとしたお顔立ちや丸い指先見ると、とても優しいお姿をしている事に気付きます。乾漆技法の施された衣紋や天衣の表現も合わさって、柔らかく優美な千手観音さまです。


2 ポストカードより

ご住職は「京都にいながら奈良の仏さまのような雰囲気」とおっしゃっていました。
私には天平仏に似た作風…という美術的な難しい事はよくわからないのですが、奈良・法華堂の(現在は東大寺ミュージアム) ご本尊である不空羂索観音さまに雰囲気が似てるかも…と、第一印象でそう感じたのです。不空羂索観音さまといえば、私の大好きな仏さまのひとりです!

雨宝院の千手観音さまは女性のファンが多いのだそうです。お堂の中には仏像好きで知られるモデルさんや女優さんが雨宝院を訪れた時の記事や本などが置かれていました。言われてみれば、親切にしていただいたおばちゃんの他に、この日お会いした参拝者は確かに女性ばかりでした。

ふふふ・・・もちろん私も千手観音さまの虜になってしまいました!
購入したポストカードを見返してはニヤニヤしてしまいます(笑)


雨宝院を後にして最後に随心院を訪ねました。
これで2011年の夏の旅もお終いです・・・ホントにホントに楽しくて、もうこれ以上に充実した夏休みは経験できないのではないか!?と旅の最後に思うくらいでした!綺麗な海と、温かい人々と、かっこよくて優しくて素敵な仏さまに感謝します!!長々とお付き合いいただきありがとうございました^^



【見仏コース】
1日目:仏南寺→安国寺→正印寺→金剛心院→禅海寺→智恩寺
2日目:多祢寺→金剛院→中山寺→常禅寺→清雲寺→意足寺
3日目:長楽寺→円照寺→妙楽寺→多田寺→萬徳寺→若狭神宮寺→明通寺→羽賀寺
4日目:雨宝院→随心院


雨宝院アクセス

〒602-8481 京都府京都市上京区智恵光院通上立売上ル聖天町9-3/075-441-8678
京都市営地下鉄今出川より 市バス59系統山越行き 今出川浄福寺下車徒歩約5分
JR京都駅より 市バス206系統高野行き 千本中立売り下車徒歩約8分

拝観料志納(拝観予約)




大きな地図で見る








テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:京都  Trackback:0 comment:2 

プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。