地蔵愛が止まらない!その4 推し地蔵をご紹介いたします。

このシリーズはいったいいつまで続くのでしょうか?お地蔵さまの事を書いて4回目になりました(笑)

今回は、わたしが好きなお地蔵さまをどんどん紹介しちゃいます!

ドキドキ…

■滋賀県甲賀市・永昌寺 地蔵菩薩立像
像高 154.9cm 平安時代

201701191742435c0.jpg

2011年に開催の「神仏います近江」展でお会いして以来、ずっとこのお地蔵さまのファンです。
お寺で拝観した時は、憧れのお地蔵さまのお宅訪問という事で、とても緊張したのを覚えています。彫りの深い衣紋がとても美しいお地蔵さまでした。

《永昌寺アクセス》
住所:滋賀県甲賀市水口町宇川1050
TEL:0748-63-1198(拝観予約)
JR草津線「貴生川駅」下車 車 10 分
JR草津線「貴生川駅」下車 バス 10 分 宇川東バス停から徒歩5分
拝観料:志納


■神奈川県鎌倉市・宝戒寺 地蔵菩薩坐像
像高

20170119174241c94.jpg

いつでも気軽に話しを聞いてくださるのが、この宝戒寺のお地蔵さまだと勝手に思っています。
鎌倉駅からアクセスもよく、ふらっと立ち寄っては長居してしまうお寺です。
若々しいお顔立ちで可愛らしさも感じられますが、北条氏の悲惨な歴史を背負った慈悲深いお地蔵さまなんですよね。

《宝戒寺アクセス》
住所:神奈川県鎌倉市小町3-5-22
TEL:0467-22-5512 
JR横須賀線「鎌倉駅」東口より徒歩13分
鎌倉駅発 京急バス 5番
「金沢八景駅」行き・「鎌倉霊園正門前(太刀洗)」行き・「ハイランド」行き →「大学前」下車 徒歩2分
拝観料:100円


■福岡県糸島市・浮嶽神社 地蔵菩薩立像
像高173.9cm 平安時代

20170119174244280.jpg

20170119174246761.jpg

浮嶽神社に到着すると、私の周りを取り巻く空気が一気にサーッと冷たくなりました。
お地蔵さまは両手を失い、彩色も剥げてお顔の表現がよくわかりません。元は廃寺となった久安寺に祀られていたそうなので、苦難を乗り越えて来たお姿なんですね…

《浮嶽神社アクセス》
住所:福岡県糸島市二丈吉井954
TEL:092-326-5641(拝観予約)
JR筑肥線深江駅下車徒歩40分
二丈浜玉道路吉井インターから車で5分
拝観料:志納


■奈良県磯城郡・白米寺 地蔵菩薩立像
像高161cm 平安時代

20170119174236671.jpg

白米寺のお地蔵さまは“イケメン”地蔵です!
鼻筋の通った横顔、逞しい体の厚み…そして何より、深く刻まれた美しい衣紋!とっても素敵です。

《白米寺アクセス》   
住所:奈良県磯城郡川西町下永 (八幡神社境内)
近鉄橿原線結崎駅から北へ徒歩10分
拝観料:志納
問合せ:川西町教育委員会 0745-44-2214(拝観予約)


■奈良県生駒郡・融念寺 地蔵菩薩立像
像高156.1cm 平安時代

20170119174240350.jpg

衣を掴んだ珍しいお姿。
元は、神様の像なのではないかとも言われているそうです。
このエキゾチックな雰囲気から、外国で作られたのかなぁ…なんて、ご住職がおっしゃっていました。

《融念寺アクセス》
住所:奈良県生駒郡斑鳩町神南3-5-8
TEL:0745-75-5031(拝観予約)
JR「王寺」駅下車 徒歩25分
拝観料:300円


■奈良県大和郡山市・矢田寺 地蔵菩薩立像
像高163cm 平安時代

20170119174249899.jpg

矢田寺のお地蔵さまは、地獄の激しい炎の中で身代わりとなり罪人を救っておられたのだとか。
そんな過酷なお仕事をしているとは思えない穏やかなお地蔵さまです。

《矢田寺アクセス》
住所:奈良県大和郡山市矢田町3549
TEL:0743-53-1445
近鉄郡山駅より、奈良交通バス「矢田寺」行き下車
あじさいのシーズンには、 近鉄郡山駅、JR法隆寺駅より奈良交通バス「矢田寺」行き臨時バスが運行(6.7月確認)
拝観料:500円


■奈良県生駒郡・法隆寺 地蔵菩薩立像
像高173cm 平安時代

20170119174248939.jpg

法隆寺・大宝蔵院にいらっしゃる国宝のお地蔵さまです。
元は奈良の幻の大寺院「大御輪寺」に祀られていたという地蔵界のレジェンド的存在です。

《法隆寺アクセス》
住所:奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1
TEL:0745-75-2555
JR法隆寺駅 徒歩20分
近鉄奈良駅 バス「JR王寺駅」行き・「法隆寺」行き、法隆寺前下車
拝観料:1000円 
西院伽藍内、大宝蔵院、東院伽藍内共通


■奈良県宇陀市・安産寺 地蔵菩薩立像
像高177.5cm 平安時代

201701191742387b9.jpg

2017011917423754a.jpg

安産寺のお地蔵さま大好きですーーー!!!またお会いしたい!早くお会いしたい!
次、奈良に行く機会があったら絶対に会いに行きます♡

収蔵庫の扉が開いた瞬間、お地蔵さまにすーっと吸い込まれそうになり、お顔を見上げると自然に涙が溢れました。

写真のお姿より遥かに素敵なお地蔵さまです。

《安産寺アクセス》
住所:奈良県宇陀市室生区三本松中村2932
近鉄三本松駅徒歩7分
拝観料:志納
問い合わせ:農林商工部商工観光課 
0745-82-2457(拝観予約)



スポンサーサイト
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:地蔵菩薩  Trackback:0 comment:2 

地蔵愛が止まらない!その3 わたしのファースト推し地蔵

「わたしはお地蔵さまが好き♡」

と、最近は色んな場面で口にする事が多いわたしですが、一体いつからお地蔵さまに惚れてしまったんだろう?と、地蔵好きのルーツを探ってみました。

すると、仏像を好きになって最初から“地蔵推し”ではなかった事に気がつきました。

仏像を好きになったきっかけは、子供の頃に家族で訪れた奈良・東大寺法華堂(三月堂)の不動センターである“不空羂索観音”さまでした。あの優美なお姿の虜になったのがはじまりで、それからは同じステージに立つ日光・月光菩薩さまや、大きな金剛力士さまのファンになっていきました。

その他、奈良・聖林寺の十一面観音さまや東大寺戒壇院の四天王さまなど、その頃は完全に天平仏の追っかけのようでした(笑)

どちらかと言うと、お地蔵さまや高僧の像などにはあまり関心がなかったのですが、たしか高校生の頃訪れた京都・浄瑠璃寺で出会ったお地蔵さまがわたしの“ファースト推し地蔵”です!

IMG_0614.jpg

■京都・浄瑠璃寺 地蔵菩薩立像(国指定重要文化財)
像高157.6cm・平安時代・一木造・彩色

九体仏の中尊のお隣にいらっしゃる子安地蔵さまです。
大きな阿弥陀さまが並ぶ荘厳な雰囲気の中、このお地蔵さまのお姿を見てハッとしたのです。

絶対何か宿ってる…

それは何だかはわかりませんが(笑)

とにかく背筋がゾクゾク…

それからというもの、地蔵さまの存在が気になってしまい…
どのお寺に行ってもお地蔵さまに手を合わせるようになったのです。

浄瑠璃寺のお地蔵さまと同じような「ゾクゾク」を感じたお地蔵さまが、もう1人京都にいらっしゃいます。
それは、浄瑠璃寺から約100km離れた宮津市・安国寺のお地蔵さまです。

20161219101223de9.jpg

■京都・安国寺 木造地蔵菩薩半跏像 (国指定重要文化財)
‪像高 約150cm・平安時代・彩色‬

‪創建当初のご本尊さまで、‬足利尊氏の母である上杉清子が祈願したところ、尊氏を7日で授かり無事に安産をしたと伝わる子安地蔵さまです。

お堂の奥からただならぬオーラを放っており、近づくのにちょっと腰が引けてしまいました。

ゾクゾク…

お地蔵さまシリーズはまだまだ続きます(笑)

前回の記事はこちらです。「地獄のお地蔵さま」




<浄瑠璃寺アクセス>
〒619-1135 京都府木津川市加茂町西小札場40
JR加茂駅から加茂山の家行きコミュニティバス「浄瑠璃寺前」下車徒歩3分(
JR・近鉄奈良駅から浄瑠璃寺行きバス終点下車徒歩3分

秘仏ご開帳情報
吉祥天:1/1-1/15・3/21-5/20・10/1-11/30
薬師如来:正月三ヶ日と毎月8日、お彼岸
大日如来:1/8-1/10


<安国寺アクセス>
〒623-0104京都府綾部市安国寺町寺ノ段1/L0773-44-1565
JR 舞鶴線「梅迫」より徒歩15分
京都縦貫自動車道「綾部安国寺IC」より車で3分


テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:地蔵菩薩  Trackback:0 comment:0 

地蔵愛が止まらない!その2 地獄のお地蔵さま

引き続き、こちらで地蔵愛について語らせていただきます。
その1では、奈良県法隆寺にいらっしゃる国宝の地蔵菩薩さまが登場しています!

前回の記事はこちらです☆

お地蔵さまって、他の仏さまと比べると、頭はツルツルですし、アクセサリーや持物も少ないので、造形的には如来さまのようにとてもシンプルですよね。

しかし、お地蔵さまのお顔を見つめていると、穏やかな表情の奥に秘められた強大なパワーのような何かを感じてしまいます。

それもそのはず!
お地蔵さまは、あのこわ〜い地獄の帝王“閻魔大王”と一心同体なんですから!!

こ、こ、こわいー (涙)

初めてその事を知った時、ゾゾゾゾ…と、身の毛が逆立ちました。

じゃ、じゃあ、道端にいらっしゃるあの素朴なお地蔵さまは、わたし達の日頃の行いをチェックしてるって事なんでしょうか?汗

奈良県・大和郡山市 矢田寺のお地蔵さまは、満慶上人が地獄で出会ったお地蔵さまとそっくりな像を彫り、矢田寺に祀ったそうですが、そのお地蔵さまは、地獄の激しい炎の中で身代わりとなり罪人を救っておられたのだとか。

20161207225801b73.jpg

■矢田寺・木造地蔵菩薩立像(国指定重要文化財)
像高163cm・平安時代

矢田寺のお地蔵さまは、左手に宝珠を持ち右手は親指と人差し指を丸めてOKサインをしています。このOKサインの印相が特徴で「矢田型地蔵」と呼ばれているそうです。

地蔵菩薩さまで秘仏とは珍しく、毎年6月にご開帳されます。

今までに一度だけお会いしたことがありますが、地獄でそんな偉業を成し遂げていたとは思えないくらい穏やかで、童子のような可愛さも感じられるお地蔵さまでした。

そのギャップにゾゾゾゾ…
また身の毛が逆立ちます…汗

それで結局、なんでお地蔵さまが好きなの!?
ということですが…

仏さまのお姿って、手がたくさんあったりお顔がたくさんあったり、日常ではあり得ないヘアスタイルをしていたりと、仏なので当たり前の事ですが…人間離れしているお姿です。しかし、お地蔵さまは剃髪で僧侶の格好をしてるせいか身近に感じられる反面、生々しく見えてしまいます。

だから本当はこわいのです…

お地蔵さまにお会いして、背筋がゾクゾクしちゃう感覚がたまらないのです(笑)

え?わたし変態!??

いや、仏像好きな方ならこの感覚をわかっていただけると思うのですが・・・

次回は、そんなわたしの背筋がゾクゾクしちゃうお地蔵さまをご紹介します!

(つづく)


こちら矢田寺を参拝した時の記事です☆


矢田寺アクセス
奈良県大和郡山市矢田町3549
0743-53-1445

近鉄郡山駅より、奈良交通バス「矢田寺」行き下車
あじさいのシーズンには、 近鉄郡山駅、JR法隆寺駅より奈良交通バス「矢田寺」行き臨時バスが運行(6,7月確認)

矢田寺公式サイト
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:地蔵菩薩  Trackback:0 comment:0 

地蔵愛が止まらない!その1 “マイ推し地蔵”のお話

先日、Twitterのフォロワーさんと“マイ推し地蔵”の話で盛り上がっていたのですが、わたしは仏像の中で地蔵菩薩さまがいちばん好きなのです。

今日は、そんなわたしの地蔵愛をここで語らせていただきます(笑)

お地蔵さまと言えば、近所の道端にいらっしゃって、いつも庶民に寄り添っていてくださる身近な仏さまというイメージが強いかも知れません。

しかし、わたしが好きなお地蔵さまはと言うと…どのお方も身近なイメージとは程遠く、どちらかと言うと高貴な雰囲気をお持ちの方ばかり。

そして、ある共通点があるのです。
①立像である
②錫杖を持っていない
③翻波式の衣紋(衣の波打つドレープ)
④一木でどっしりとした体つき

例えば…
こちらは、法隆寺・大宝蔵院にいらっしゃる地蔵菩薩さま。
元は奈良の幻の大寺院「大御輪寺」に祀られていたという地蔵界のレジェンド的存在です。しかも国宝☆

20161205185300cf8.jpg


■法隆寺・大宝蔵院 木造地蔵菩薩立像(国宝)
像高172cm・一木造り・平安時代

地蔵菩薩さまは、生まれた(造られた)時代によって、立っていたり、座っていたり、錫杖や宝珠を持っていたり、持ってなかったりと、若干お姿が変わります。

わたしが特に惹かれるお地蔵さまは、お地蔵さまのシンボルである錫杖を持っておらず、右手は与願印を結んでいらっしゃるお姿の方ばかり。

これらの特徴は、平安時代初期頃に生まれたお地蔵さまが持っているそうです。

平安初期は、地蔵菩薩像が造られるようになった頃なので、初期のお地蔵さまという事になります。

後に生まれた(造られた)地蔵菩薩像は錫杖を持っているのがスタンダードなので、初期のお地蔵さまに無理やり錫杖を持たせたようなお像を見かけることもあります。

それで結局、なんでお地蔵さまが好きなの!?ということですが…それは次回にとっておこうと思います!!(笑)

(つづく)



法隆寺へのアクセス方法はいくつかあります。
詳細はHPをご参照ください。

今人的にはJR法隆寺駅近辺からレンタサイクルがオススメ☆

法隆寺公式サイト
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:地蔵菩薩  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR