岐阜/旅の終わり 『開元院・櫻堂薬師・威代寺』

岐阜合宿も残るはあと3ヶ寺!

ぐるぐると山路を越えて辿り着いたのは瑞浪市日吉町にある開元院です。

開元院の境内はとても綺麗に整備されていて、辺りの長閑な風景とマッチしない違和感を感じました。

本堂を尋ねると若い奥さまが対応してくださいました。
その後ろには元気いっぱいの男の子も!

IMG_3913.jpg

ご本尊さまは十一面観音坐像で垂れ幕の奥におられました。
1356年作、作者は不明のようですが、鎌倉期の作風を思わす端正なお顔立ちをしています。


IMG_3911.jpg

それから、庭園を眺めながら気さくな奥さまを囲んで開元院にまつわるお話…お茶を頂きながらゆったりとした時を過ごしました。日吉町のお話、そして甘えん坊のお子さんのお話しなど…

広々としたお堂の中を駆け巡る幼い姉弟の姿に癒されたひと時でした。
仏さまに間近で見守られながら成長して行くのでしょうね…

そして次に訪問したのは同じ瑞浪市内にある櫻堂薬師です。

IMG_3920.jpg

車を降りると、銅像のような仁王さまが睨みをきかせてこちらを観ていました(笑)

IMG_3917.jpg

堂内には薬師如来、日光菩薩、月光菩薩、そして十二神将など、室町~江戸にかけての仏さまがズラリと並んでいます。

櫻堂薬師

本尊の薬師如来さまは秘仏となっており、60年に1度のご開帳とのこと。
案内していただいた管理の方もまだお目にかかっていないそうですが、来年の創建1200年を期にご開帳されるそうです。日程は4月6・7・8日!!

そしてラストのお寺!恵那市にある威代寺へ!

威代寺はとてもひっそりとしたお寺でした。
人のいる気配がなく、インターフォンで訪ねてみると人がいる様子だったのでひと安心。。。

小さいお堂に十一面観音さまのお姿がありました。

IMG_3927.jpg

厨子の中をよく見てみると・・・そのお隣には、手足を失った破損仏のお姿が!!
どうやらこの破損仏がご本尊で、金箔の残る十一面観音さまが御前立のようです。

IMG_3930.jpg

ご本尊は御前立よりも大きい160cmほどの像で、この地方で唯一の平安時代の古仏。
破損してもなお守り祀れているそのお姿に、ただただ黙って手を合わせたくなる仏さまでした。


仏像部の岐阜合宿もこれでお終いです。
新たな仏さまとの出会い、そして温かい岐阜の人々との出会い、そして仲間との楽しいひと時。
思い出のいっぱい詰まった旅となりました。

IMG_3924.jpg



【見仏コース】

1日目:華厳寺→横蔵寺→円興寺→美濃国分寺→太平観音堂→長尾護国寺
2日目:岐阜大仏正法寺→美江寺→清水寺→願興寺→開元院→櫻堂薬師→威代寺





開元院アクセス

〒509-6251岐阜県瑞浪市日吉町8846/0752-69-2052

拝観料志納(拝観予約)



櫻堂薬師アクセス

〒509-6101岐阜県瑞浪市土岐町5728 /0572-68-7710

拝観料志納(拝観予約)



威代寺アクセス

〒509-7123 岐阜県恵那市三郷町野井1886/0573-26-3611

拝観料志納(拝観予約)




にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:岐阜  Trackback:0 comment:0 

岐阜/願興寺 『蟹薬師と仏像群』

旅も後半にさしかかって来ました。

山林に囲まれたお寺から、今度は駅近のお寺、願興寺です。

車から降り立つと、すぐそこに電車が走る立地とは思えないほどの広い境内に、立派な本堂が見えてきました。

IMG_3906.jpg

願興寺は平安時代の古刹。
2度の兵火で焼失するも、民衆が材を持ち寄ってこのお堂を再興したと言う庶民の信仰が生きたお寺です。

本堂の広々とした回廊にで待っていると、日除けの大きな帽子を被った女性の住職が現れました。

仏さまは本堂ではなく、収蔵庫にいらっしゃる様です。

IMG_3909.jpg

いかにも重そうな収蔵庫の扉が開くと、その中は息を呑むほどの仏像空間!!

四天王、十二神将…それから脇にも、あっ、こっちにも!

うわっ!興奮…!

仏さまを拝観する前には必ずお参りを!と、説いて下さった女性の住職による般若心経が始まりました。。。

その声は美しく、旋律を奏でている様でした。
収蔵庫の隅々まで響き渡る美声にうっとり。。。こんなに美しい声で般若心経を唱えていただいたのは初めてでした。

須弥壇中央には蟹のエピソードを持つ薬師如来さまが厨子の中にいらっしゃる様です。
12年に一度しかお目にかかれない秘仏となっています。

2015年の開祖1200年祭にご開帳される事を期待!

厨子の両脇には日光菩薩と月光菩薩、そして可愛らしい十二神将も!

四方を取り囲む四天王はダイナミックで力強く、それぞれの作風の違いを楽しめます。

願興寺 四天王

その他、運慶作(?)と伝わる阿弥陀如来や端正な釈迦三尊!

釈迦如来は珍しい転法輪印を結んでおられます!
春にお会いした鎌倉極楽寺にいらっしゃる釈迦如来坐像と同じ!

願興寺 釈迦

願興寺には重要文化財にしていされた仏さまが24体も祀られています。

次回は蟹薬師さまのお姿と合わせて、この贅沢な空間をもう一度堪能したいものです。

IMG_3908.jpg







願興寺アクセス

〒505-0116 岐阜県可児郡御嵩町御嵩1377-1/0574(67)0386

名鉄広見線御嵩駅下車徒歩すぐ


拝観料500円(拝観予約)




にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村



テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:岐阜  Trackback:0 comment:2 

岐阜/清水寺 『藤原期生まれの十一面観音坐像』

白樺山清水寺

清水寺「きよみずでら」という名前のお寺は全国に沢山あるそうです。

先日、長野でお参りした松代・保科の清水寺は「せいすいじ」と読みますが、全国の清水寺の代表が集う「清水寺サミット(?)」の様な会合があると言うお話を聞きました。どうやら岐阜の清水寺もサミットのメンバーのようです。

車を降りるといきなり古びた趣の山門が見えてきました。とても良い雰囲気ですよね…

IMG_3905.jpg

『ちなみに、軽く登山だから』

と言う、友人の一言で『え!蛭いないよね…』と、昨日の登山の一件を思い出してしまいました(汗)

その先には小川が流れ、木々に囲まれた石段をゆっくり上がって行きます。


IMG_3895.jpg

IMG_3868.jpg

上りきると細くて長い滝が流れており、その滝の音が本堂まで響き渡っていました。

まずは本堂で一同正座をし、管理のおじいちゃんによる般若心経が始まります…

IMG_3891.jpg

その最中にコウモリが羽ばたくというアクシデントがあったのを、たった今記事を書いていて思い出しました(笑)

清水寺のご本尊さまは十一面観音坐像。
十一面観音さまの坐像のお姿は珍しく、中でも文化財指定されているものは全国に数少ないそうです。十一面観音坐像というと、滋賀県檪野寺の大きな大きな秘仏を拝観したのが記憶に新しいところ…

本堂の真後ろに白くて綺麗な収蔵庫があり、その中にご本尊さまがいらっしゃいました。

IMG_3888.jpg

像高は約90cm、ヒノキの一木造りで平安後期の作。作者はあの定朝(?)もしくはその関係者と言われているそうです。

金箔が剥落し、下地の黒や朱色が混ざり出たお姿をしているので、一見近寄り難い印象を受けましたが、しばらくお顔を見つめていると親しみ深い丸顔の十一面観音さまへと変わっていきました。

IMG_3883.jpg

キュッと引き締まったウエストも横から見ればたくましいほどの重量感があり、非常にバランスの良い体つきをしています。その気品に溢れた優美なお姿に皆釘付け状態でした!

十一面観音さまの右隣には、日切地蔵と呼ばれている煌びやかなお地蔵さまがいらっしゃいました。

IMG_3879.jpg

切金模様が施されたこの衣のは、思わず目を細めてしまうほどの細やかさ。

そして、左隣には毘沙門天さまがいらして、踏みつけている邪鬼が・・・えっ、オジサン!?

IMG_3882.jpg

IMG_3881.jpg

毘沙門天自身のお顔にそっくりな邪鬼を踏みつけている様にも見えます。

清水寺は自然に囲まれたとても美しいお寺でした。
本堂までの道のりも木々にすっぽりと包まれた様な心地良さを感じる事ができます。
これほどの敷地を管理するのはおそらく大変かと思いますが、案内してくださったおじいちゃんの優しい雰囲気にも癒される時間を過ごしたのでした。。。






清水寺アクセス

〒501-3301
岐阜県加茂郡富加町加治田985/0574-54-3134

長良川鉄道富加駅からタクシーで10分

拝観料志納




にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:岐阜  Trackback:0 comment:0 

岐阜/美江寺 『悲しげで美しい十一面観音さま』

次に目指すは美江寺です。
岐阜大仏の正法寺から車で30分ほど、国道から一本入った大きな通り沿いにありました。

奈良時代の古刹がこんな所にあるなんて…勝手に山奥を想像していたので拍子抜けした気分でした。


IMG_3861.jpg

さっそく本堂の中へ!

ご住職の説明を受け、秘仏の十一面観音さまがいる奥の収蔵庫へ案内していただきます。

美江寺の十一面観音さまは、以前わたしがよく読んでいた『日本の秘仏』と言う本で取り上げられていました。


IMG_3424.jpg

本の写真からもその独特な雰囲気が伝わって来る魅力的な仏さまです。
いつかお会いしたいなぁ…なんて、ぼんやり思っていたら今回の旅で現実に!!

暗い収蔵庫の中には、オレンジの光で照らされた十一面観音さまがいらっしゃいました。

その幻想的なお姿に、思わず『うわっ…』と、声が出てしまいます。


IMG_3855.jpg

そして、近づいてお顔を観た瞬間
『この観音さまは生きてる。生きてるし、なんだか悲しそう。。。』


IMG_3422.jpg

直感的にそう感じました。

体つきは全体的に丸みを帯びていて、お顔やウエストのポッチャリとした柔らかい質感は子供のような優しさを感じさせます。

口元が少しへの字になっているせいか、子供が悲しい顔をしてわたし達に何か訴えているかの様に観えて仕方がありませんでした。。。

IMG_3423.jpg

奈良時代後期の作、地方では大変珍しい脱活乾漆造の観音さまで、あの奈良興福寺の阿修羅像と同じ造と言うことです。乾漆仏ならではの、細やかで繊細に表現された美しい装飾や、毛流れに釘付けになってしまいます。

美江寺の拝観を終え、車に戻り次のお寺へ移動する時にも、ふと観音さまの事を思い出しました。

本堂で購入した上の二枚のお写真を眺めては『何であんなに悲しそうなんだろう…そんなに悲しまないで…』と言う想いが、ずっとわたしの心から離れませんでした。

次にお会いする時はニッコリ微笑んでいるといいな!今頃はまた厨子の中で悲しんでないかな…なんて今でも想ってしまうのでした。




美江寺アクセス

〒500-8812 岐阜県岐阜市美江寺町2-3/058-262-6793

JR岐阜駅よりバス約15分
8番のりば 行先番号 K
10番のりば 行先番号 K
「市民会館・裁判所前」バス停下車すぐ、又は「県総合庁舎前」バス停下車5分

拝観料志納




にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村




テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:岐阜  Trackback:0 comment:2 

岐阜/正法寺 『癒しの岐阜大仏』

岐阜合宿2日目スタート!

まず最初に訪れたのは、ホテルから程近い正法寺です。

正法寺には大きな岐阜大仏さまがいらっしゃいます!

Twitterやブログで何度か写真がアップされていたのを観て、一度お会いしてみたいなぁ…と、ずっと想いを寄せていた仏さまのひとりです。

正法寺は黄檗宗のお寺。
高さのあるこの中国風の立派なお堂を観て、中には大きな仏さまがいらっしゃるんだな…と想像。。。

IMG_3830.jpg

さぁ中へ!

実際に観たお姿は想像よりも大きな大きな岐阜大仏さまでした!

そうそう、この「OK」の印!!!


IMG_3837.jpg

この大仏さまの大きさは
像高13.7m、顔の長さ3.63m、目の長さ0.66m、耳の長さ2.12m、口幅1.31m、鼻の高さ0.36m。

奈良の大仏さまより小さくて、鎌倉の大仏さまより大きいんだとか…

それにしても大きい…しかもちょっと窮屈そうで、横から観ると首をグッと前に傾けてやや前屈みに鎮座されています。

IMG_3831.jpg

なので、ちょうど目の前に立つと見下ろされてる感満載の大迫力!!!

IMG_3838.jpg

しかし、とっても優しく穏やかな表情をされています。そして「OK」の指先のしなやかさは女性的な雰囲気を醸し出していました。

岐阜大仏さまは別名「かご大仏」と呼ばれており、竹、粘土、漆、金箔などで籠のように作られているそうです。

そう、こんなに大きな乾漆仏なんですね~!日本最大の乾漆仏です!

IMG_3833.jpg

『あぁ~癒される~!』まだ2日目が始まったばかりだと言うのに、ここでのんびりしたくなってしまう癒しの大仏さま。

IMG_3852.jpg

『OK!あなたは大丈夫!』と、優しい岐阜大仏さまがそう言ってくれている様な気がしました。。。




正法寺アクセス

岐阜市大仏町8/058-264-2760

JR岐阜駅または名鉄岐阜駅からバス15分「岐阜公園歴史博物館前」下車、徒歩5分
岐阜バス「長良・さぎ山まわり」「高富」行 ほか長良橋経由路線

拝観料大人200円 小人100円





にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村








テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:岐阜  Trackback:0 comment:1 

プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR