スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

東京 閻魔巡礼

こんにちは。
年が明けて、1月も中旬になってしまいました。
こんな調子では、あっという間に1年が過ぎてしまいそうですね(汗)

東京メトロのポスターに3体の閻魔さまがいらっしゃいました。

20170113085947449.jpg

1月の閻魔さまのご縁日(1月16日 初閻魔)は、都内の閻魔さまに会えるんです!

仏像センサーが働いているのか、街中で見かける仏の姿にはとても敏感のようです(笑)


■1月15日(日)、1月16日(月)ご開帳の都内3ヶ寺
①太宗寺
住所:東京都新宿区新宿二丁目9番2号
TEL:03-3356-7731
丸ノ内線 新宿御苑前

太宗寺には、都内最大の閻魔さまと、その閻魔さまより恐ろしいビジュアルの奪衣婆がいらっしゃいます。

こちら 恐ろし過ぎる奪衣婆…
喰われてしまいそうです…

201701130842478f6.jpg

参拝した時の記事はこちらです。


その他
②源覚寺(こんにゃく閻魔)
住所:東京都文京区小石川2-23-14  
TEL:03-3811-4482
南北線 後楽園駅


③勝専寺
住所:東京都足立区千住2-11
TEL:03-3881-2358
日比谷線、千代田線 北千住駅



1月16日と7月16日の閻魔賽日は、地獄の釜が開いて鬼も亡者も休むとされる日で、閻魔堂にお詣りするご縁日となっています。





スポンサーサイト
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:東京  Trackback:0 comment:2 

東京都青梅市・安楽寺の軍荼利明王さま

軍荼利明王シリーズ第三弾!

今回ご紹介するのは・・・
東京都青梅市・安楽寺の軍荼利明王さまです!

埼玉県飯能市・常楽院(高山不動尊)、滋賀県栗東市・金勝寺の軍荼利明王さまに続き、こちらもまた巨像…!

安楽寺の軍荼利明王さまは、1年に1度しかお会いする事ができません。
夏の暑い時期、8/14にご開帳されます。

安楽寺を参拝したのは5年前。
同じ青梅市にある塩船観音寺のご開帳(夏は8月の第2日曜日)に行った帰りに、ちょうどその年は安楽寺のご開帳も重なっていたので寄ってみる事にしました。

安楽寺の事はぜんぜん知らなかったのですが、Twitterのフォロワーさんの呟きで「塩船観音寺の近くにインパクト大の軍荼利明王さまがいる」というのを知り、ワクワクしながらお参りしたのを覚えています。

その、インパクト大なお姿がこちら!

IMG_gundari3.jpg

■東京都青梅市・軍荼利明王立像
鎌倉時代、像高297cm
寄木造

おおおお…!
お堂の奥に、目をカッと見開いた軍荼利明王さまを発見!

年1回のご開帳にも関わらず賑わう様子のない静かな本堂で、その存在をアピールするかのようにメラメラと燃える大きな軍荼利明王さま。

IMG_gundari2.jpg

鎌倉時代と聞いたので、もっと怖いお顔でもっと動きのあるお姿を想像していたのですが、わたしの想像を遥かに超えた軍荼利明王さまのお姿に驚いてしまいました。「インパクト大」という表現がピッタリだな…と、感じました。

やはり気になってしまうのはヘアスタイル。
良く見かける軍荼利ヘアーは、おだんごでトップにまとめて、前髪やサイドの髪が逆立っているイメージですが、こちらの軍荼利明王さまは、生え際の髪がくるくるでその他の髪がストレートで逆立っています。

一般的なイメージの軍荼利ヘアー
↓↓↓
gundarihair.jpg

安楽寺の軍荼利明王さまのヘアスタイル
↓↓↓
gundaricurl.jpg

生え際のくるくるカールがポイント!
とっても個性の光るヘアスタイルです☆


過去に塩船観音寺と安楽寺を参拝した時の記事はこちらです。



安楽寺アクセス
東京都青梅市成木1-583
東青梅駅からバスで30分

毎年8月14日ご開帳
拝観料 志納



テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:東京  Trackback:0 comment:0 

九品仏浄真寺「おめんかぶり」に行って来ました!

本日8/16は、3年に1度行われる九品仏浄真寺の「おめんかぶり」の日でした!

「おめんかぶり」とは「二十五菩薩来迎会」のことで、臨終の時に阿弥陀如来さまが二十五菩薩さま引き連れて極楽浄土へ導いてくださる様子を再現し、菩薩さまのお面をかぶった人が練り歩く仏教行事です。関東では九品仏が唯一で、東京都の無形民俗文化財に指定されているそうですよ。

昨年は11:00と17:00の2回開催されていたそうですが、今年は11:00からのみとのことでした。



朝9時半ごろには九品仏に到着していましたが、すでに境内には人が集まっており、御朱印をいただく人の行列ができていました。10:30くらいから一気に人が増え始め、それと同時に二十五菩薩来迎会についての説明が始まります。



11:00少し前くらいから、お面をかぶる前の人々が本堂から上品堂へ歩いて行きました。本堂を現世、上品堂を浄土に見たてて橋を渡ります。



少し間をおいて、お面をかぶり菩薩の格好をした人々が、笙や笛を吹いた僧侶に導かれて上品堂からぞろぞろと橋を渡り始めます。二十五菩薩さまが次から次へと本堂へ吸い込まれていきました。



お面の無表情さが不気味な雰囲気を醸し出しており…人間ではない、現世ではない、仏の世界に舞い込んでしまったような不思議な感覚を味わいました。。。



次は、本堂から上品堂へ。。。





最後はお地蔵さまです!!



続いて、浄真寺を開いた珂碩上人の御神像がお厨子に乗せられて橋を渡ります。



そして、ご住職の登場です!



最後に、可愛いお稚児ちゃんたちの姿を見てホッと一安心、、、やっと現世に戻って来たような気分になりました。



九品仏浄真寺アクセス

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7-41-3
東急大井町線九品仏駅から徒歩5分
(駅出て左、踏切を渡ってすぐ)


Tag:東京  Trackback:1 comment:2 

九品仏浄真寺「おめんかぶり」に行きます!

8/16は、3年に1度に開催される九品仏浄真寺「おめんかぶり」の日です。

Facebookにイベントページがありました!

「おめんかぶり」とは、「二十五菩薩来迎会」のことで、臨終の時に阿弥陀如来さまが多勢の菩薩さま引き連れて極楽浄土へ導いてくださる様子を再現しています。

二十五菩薩来迎会は、中将姫が極楽浄土へ往生される様子を表す奈良の當麻寺などが有名ですが、関東では九品仏が唯一とのこと。

まだ、どのお寺の二十五菩薩来迎会を見学したことがないので、8/16のおめんかぶりは行ってみようと思います!

今年は、午前11時~のみの厳修となるそうです!

以前に見仏した時の記事です☆


九品仏浄真寺アクセス

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7-41-3
東急大井町線九品仏駅から徒歩5分
(駅出て左、踏切を渡ってすぐ)

Tag:東京  Trackback:0 comment:0 

Sexy仏 新年会

mixiコミュニティ「Sexy仏+仏List」の新年会に行って来ました!昼間は都内のレア仏を巡り、夜はオシャレなBARで飲み会という2部構成!

︎養玉院如来寺
西大井にいらっしゃる、大きな五智如来さまを参拝!どーんと、ダイナミックに並ぶ五智如来さまに圧巻です!





実は以前にも参拝した事がありました。その時は灯篭を担ぐ二体の天篭鬼が可愛くて印象的でしたが、今日は灯篭を担いでいませんでした…地震か何かで落ちてしまったのかも(涙)

前回訪問の記事

︎長遠寺
西大井から20分ほど歩き、馬込の長遠寺に到着。



一見普通のお寺ですが、「鎌作観音」と呼ばれる変わったお姿の十一面観音さまがいらっしゃいました。霊感を受けた行基菩薩が鎌で彫ったと伝わり、古くから農家の人々に厚い信仰を受けていたそうです。



写真ではわかりませんが、お像の表面がザラザラとして、まるで焼け跡のような不思議な質感をしておられます。元は千手観音さまであったとも言われており、現在残っている細い六つの手からただならぬパワーを感じます。。。

︎宝塔寺
浅草線で馬込から五反田へ。駅からさほど遠くない所に宝塔寺がありました。



今回、特別に拝観させていただいた仏さまは、どこか飛鳥や白鳳の金銅仏の雰囲気に似た聖観音さまでした。



ニッコリと穏やかなお顔をされて、動きが少なく平坦、そして華やかな装飾。みょうこう先生もうーん…と、頭を抱えるくらい、時代の推定が難しい聖観音さまのようです。

◼︎密蔵院
ランチタイムの後は電車移動で田園調布へ…!セレブな住宅街の中にある密蔵院を参拝しました。



こちらでは秘仏の青面金剛さまを特別拝観させていただきました。石仏の青面金剛さまはよく見かけますが、お堂に祀られる青面金剛さまはなかなか珍しく、その中でも大きめで、持物や脇侍がフル装備の像は大変貴重とのこと!



nihhiさんの解説に拍手が起こりました…!

その他、本堂には大日如来さまもいらっしゃいます。蓮が描かれた襖が素敵でした。。。まるで蓮池にいるみたい!



︎円融寺
最後は学芸大学の円融寺です!

当初は仁王さまだけ参拝させていただく予定でしたが、阿弥陀堂と釈迦堂も案内していただきました。

阿弥陀堂には大きくて金ピカの阿弥陀如来さまが穏やかに佇んでおられました。ちょうどJAZZのコンサートが行われている最中で、微かに聴こえるJAZZの音がなんとも不思議な感覚でした。

釈迦堂は都内最古の木造建築物で、中には釈迦三尊さまがいらっしゃいました。





そして最後は円融寺を警備する黒仁王さまです!







その昔から、不思議な出来事が起こるという黒仁王さま。そんな仁王さまにまつわるお話をたくさん聞く事ができました。

いやぁ…レア仏巡りましたぁ!
都内にも素敵な仏さまがまだまだいる!行ったことない所ばかりで目からウロコ状態でした!

主催者のyo_kkun・参加者の皆様ありがとうございました!楽しい時間を共有できて嬉しかったです。今後とも宜しくお願いします(^人^)


養玉院(西大井)→長遠寺(馬込)→宝塔寺(五反田)→密蔵院 (田園調布、沼部)→円融寺(学芸大学)
テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

Tag:東京  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。