三重/二見興玉神社 『二見浦の夫婦岩』

遠い遠い子供の頃の記憶で、奈良から車で那智勝浦へ入り、今にも海に投げ出されそうな絶景の(当時は恐怖)温泉宿にお泊まり。さらにぐるぐる山を越えて、ひどい車酔いの中やっとたどり着いた景色が夫婦岩でした。

IMG_1251a.jpg

何故か夫婦岩の景色だけよく覚えてて…またいつか行こうとずっと思っていました!

お伊勢参りブーム全盛期の江戸時代、伊勢神宮に参拝する前には二見浦で禊を行うのが慣わしだったそうです。
二見興玉神社→→外宮→→内宮がお伊勢参りの王道コース!

今回は時間の関係でお伊勢参りはできなかったのですが、子供の頃見た懐かしい景色と再会できて嬉しかったです。

IMG_1238a.jpg

5月から7月は、夫婦岩の間から昇る日の出を見ることができるそうです。

IMG_1258.jpg

しかも!!
夏至の前後の天気のいい日は、夫婦岩の間から富士山と日の出が一直線に見えるそうですよ!

想像しただけでも神々しい。。。
無条件で手を合わせて拝みたくなる光景ですね。



※こちらは、2014年2月に更新された記事です(^人^)


《二見興玉神社 アクセス》
住所:〒519-0602 伊勢市二見町江575
TEL:0596-43-2020
JR二見浦駅下車徒歩15分
JR伊勢市駅・近鉄宇治山田駅から「鳥羽」行きバス約20分「夫婦岩東口」下車徒歩5分




大きな地図で見る

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

Tag:三重  Trackback:0 comment:0 

三重/普賢寺『エキゾチックな賢者』

三重県多気郡多気町。
近長谷寺を参拝した後は、普賢寺に向かいます。

普賢寺には、読んで字のごとく普賢菩薩さまがいらっしゃいました。

普賢菩薩さまって、あまりお寺でお会いする機会がありませんよね?釈迦三尊の脇侍としてお釈迦さまや文殊菩薩さまと共に祀られているのは見た事がありますが、単独でいらっしゃるのはなかなか珍しいかも知れません。

そんな普賢菩薩さまの事が気になって、ちょこっとだけ調べてみることにしました。

普賢菩薩さまは、慈悲の心を持ってあまねく人々を救う賢者であると言われています。普賢菩薩の「普賢」には「ありがたいことが四方八方に広がる」という意味があり、普賢菩薩さまは、あらゆるところに現れて人々を救済する菩薩さまです。女性の救済を説く法華経に登場することから、極楽往生を願う女性の信仰を集めたそうです。また、辰年、巳年の人々を守る守護本尊でもあります。


有名な像は大倉集古館の普賢菩薩騎象像(平安時代後期 国宝)



通常は白い象に乗ったお姿で、宝剣を立てた蓮茎を持っていたり、如意や教典を持っていたり、宝冠を乗せていたりと様々なパターンがあるそうです。

普賢寺の普賢菩薩さまは、大倉集古館の普賢菩薩さまよりも古い平安前期の作です。像高は93cm。エキゾチックな雰囲気で、男性的な力強さを感じる普賢菩薩さまでした。


IMG_1299.jpg

如意を持ち、胸を張ったお姿で白象の上に鎮座されています。座っているお姿でありながら、今にも立ち上がりそうな躍動感を感じます…!

IMG_1298.jpg

引き締まったウエストも横から見れば体躯の良さに驚きです。実に堂々としたお姿!!かっこいい!

IMG_1300.jpg

客殿にも何体かの仏さまがいらっしゃいました。現在、普賢菩薩さまがいらっしゃる収蔵庫を建立する以前は、その場所に観音堂があったそうで、その観音堂のかつてのご本尊さまである清水式十一面観音さまを客殿で拝ませていただきました。

東京からは近いようでなかなか遠い三重県ですが、京都や奈良や滋賀に負けないくらい素敵な仏さまが多いですよね。この旅で三重仏の事がますます好きになりました。

次は、伊勢の太江寺へ向かいます!



※こちらは、2014年2月に更新された記事です(^人^)


《普賢寺アクセス》
住所:〒510-2177多気郡多気町神坂223
TEL:0598-51-2888
紀勢本線佐奈駅下車、徒歩約25分
松阪駅前から三瀬谷行き三重交通バスで「前村」下車
※バスは本数が少ないので、予め調べておく必要があります。

拝観料:志納
※拝観には問い合わせが必要です。



大きな地図で見る


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

Tag:三重  Trackback:1 comment:0 

三重/近長谷寺『力強い十一面観音』

三重県のほぼ中央に位置する多気町の仏に会いに行きました!多気町には、近長谷寺・普賢寺・金剛座寺などいくつかの古寺があります。

最初に向かったのは近長谷寺でした。
山道を登り登り辿り着いたのは人気のない駐車場。お寺はどこ??と、思ったら、さらに山の中へ入る参道がありました。



毎月18日の観音さまのご縁日と日曜祝日は集落の世話役の方がいらっしゃるので拝観することができます。その日はちょうど日曜日だったので、案内していただくことができました。



お堂に入ると大きな十一面漢音さまがそびえ立っていました!!



でっかい!!
像高はなんと6m60cm!

頭部から体つき、手なども全てが力強くダイナミックなお姿でした。まさかこんなにも大きな十一面観音さまが、この静かな山の中にいらしゃるというギャップにも驚きました!




仏像が好きなら庫裏に古い大日如来さまがいるので是非拝んでいってくださいと、世話役の方が案内してくださいました。古い大日如来さまなんてワクワクしますよね!

襖を開いた瞬間にゾクゾク…大日さんの艶かしい雰囲気にやられました…



こちらの大日如来さまは平安中期の作で、像高は94、5cm。この仏さまが辿って来た歴史など詳しいことは分らないのですが、お顔の表情を見ていると何故か生きているような感じがしてしまうのです。不思議ですね。。。



霊威を感じるというか、神々しいというか、相応しい表現がなかなか難しいのですが、仏さまにお会いした時のこの不思議な感覚がたまりません!


※こちらは、2014年2月に更新された記事です(^人^)


《近長谷寺アクセス》
住所:〒519-2176 三重県多気郡多気町長谷202
TEL:0598-49-3001
拝観料:200円
拝観日:毎月18日、日祝日(10:00ー15:00)

・JR紀勢本線「佐奈駅」から徒歩で約50分
・JR、近鉄「松阪駅」から「三瀬谷」行きバス26分「前村」下車・徒歩で約60分



大きな地図で見る



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

Tag:三重  Trackback:0 comment:0 

三重/朝田寺『朝田の地蔵さん』

三重県松阪市の朝田寺を参拝しました。
故人を極楽浄土へ導く仏として古くから地元の人たちの信仰を集め、「朝田の地蔵さん」と呼ばれるお地蔵さまがいらっしゃいます。


IMG_1271.jpg

IMG_1272.jpg

長年お会いしたかった憧れのお地蔵さまにやっとお会いすることができました!
ドキドキしながらお堂に上がると、天井が衣でぎっしり埋まっていました…!!


IMG_1262.jpg

この地方では宗派に関係なく、お葬式の後、亡くなられた方が着ていた衣類を奉納し本堂の天井に掛け、8月の地蔵盆に焼くのだそうです。この日もちょうど衣類を奉納しに来ていたご家族の法要をしていました。

お地蔵さまは、平安前期の作で170cm、一木造の立像。
伊勢地方では最も古い仏さまのようです。


IMG_1267.jpg

憧れのお地蔵さまをすぐ目の前で拝観させていただくことができたので、そのお姿をこの目に焼き付けようと、ここぞとばかりにじーっとお姿を見つめます。。。実際は、写真のような厳しい目つきではなくとても穏やかなお地蔵さまだったので安心しましたが、ちょうど地蔵盆の近い8月の中旬にお詣りしたせいか、お地蔵さまの持つパワーが限界にまで膨れ上がっているような不思議な空気に包まれていました。

彩色が剥げて下地の白がまだらに残っているお姿が、その不思議な空気を演出しているのかも知れません。

ご住職のお話によると、昔はこのようにお地蔵さまの前に故人の衣を掛けて奉納する信仰が他の地方でもあったようですが、今ではこの朝田寺だけのようです。

天井いっぱいに衣類が掛けられた光景は、正直、背筋がゾクゾクしました…


※こちらは、2014年2月に更新された記事です(^人^)


《朝田寺アクセス》
住所:〒515-0027 三重県松阪市朝田町427
TEL:0598-51-8661
近鉄山田線「東松阪駅」から徒歩で約30分/JR紀勢本線「徳和駅」から徒歩で約30分
拝観料:志納
※法要がある時間帯は拝観できないので確認が必要です。




大きな地図で見る



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

Tag:三重  Trackback:1 comment:2 

三重/潮音寺 『答志島の仏』

8月に三重県と和歌山県の那智へ行きました。
(もうすっかり真冬ですが、こちらは真夏の見仏レポートになります・・・笑)

最初に向かったのは鳥羽湾に浮かぶ離島!
答志島 (とうしじま) は、三重県鳥羽市にある離島で、鳥羽湾にある離島の中では1番大きく、答志(とうし)、答志和具(とうしわぐ)、桃取(ももとり)の3つの集落があります。

佐田浜港から定期船に揺られて約20分…答志島の海水浴場と港の漁船が見えて来ました!!




答志和具港に到着です!

まずは腹ごしらえということで、「まるみつ」という小さなお鮨屋さんで握り鮨を食べました!これが本当に美味しかった!




動いてるエビを食べたのは久しぶりでした。身が締まっていてぷりっぷりです!

そして辺りを散策。。。






今回、この答志島に来るきっかけとなったのは潮音寺でした。

潮音寺の観音堂には7体の仏さまが祀られており、中には平安や鎌倉時代の仏さまもいらっしゃるんだとか!!

答志和具港からは歩いて15分くらいの所にありました。緩やかな坂道を上がるとその途中にお堂の屋根が見えて来ます。






誰もいない静かな境内。。。
山門をくぐってすぐ右手にある小さな観音堂に仏さまがいらっしゃいました!

なんと可愛らしい(?)
ピンク色の聖観音さま!!




こちらの観音さまは平安時代の作とのことです。
後の時代に塗られた色だとは思いますが、ピンク色の観音さまにお会いしたのは初めてです!




そして、その両脇にも観音さまが4体並び、不動明王さまやお地蔵さまもいらっしゃいました。



古くから答志の人々の信仰を集めてきた仏さまは、素朴さと漁師町の気さくな雰囲気がとても合っているように感じました。

停泊する漁船






IMG_1127.jpg


海の神様が祀られているという謎のマーク「八幡神社の八」






※こちらは、2014年2月に更新された記事です(^人^)


《潮音寺アクセス》
住所:〒5170002 三重県鳥羽市答志町985
TEL:0599-37-2127
拝観料:志納
鳥羽「佐田浜港」より鳥羽市営定期船で「答志島和具港」へ(20分)
定期船の時刻表、料金については鳥羽市のサイトをご確認ください。
答志島和具港から徒歩15分
拝観に胚移植問い合わせが必要です。



大きな地図で見る



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

Tag:三重  Trackback:1 comment:0 

プロフィール

こはた ももこ (桃)

Author:こはた ももこ (桃)
名前:桃

出身:横浜ベイベー

誕生日:11月30日

血液型:O型

所属:仏像部

仏像好が好きな旅人になりたい普通の人です。
大好きな仏像・寺社仏閣のことを素人目線であれこれ喋ります。

★ストイックに仏像 Facebookページ運営中
https://www.facebook.com/stoic.butsuzo/

Facebookページでは、過去の記事を整理して更新しています!
よろしくお願いします(^人^)

フォト

PHOTOHITOブログパーツ

ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
旅休.com
旅休ドットコム
検索フォーム
QRコード
QR